松下幸之助の名言・格言




松下幸之助の名言・格言


松下幸之助(1894年~1989年)

パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者。

松下幸之助 おすすめ書籍


父が米相場で失敗したのち、小学校を中退し、9歳で丁稚奉公に出たが、くじけることなく、多くの経験を糧として商売人としての心得を学んだ。明治43年、開通した大阪の市電が「電気で走る」のをみて、電気事業の将来性を感じとり「電気の世界」へ第一歩を踏み出す。

大正6年、手元資金わずか95円で独立。生活していた狭い借家に工場スペースをつくり、妻と妻の実弟などと改良ソケットづくりをはじめた。厳しい試練をのりこえ、大正7年、本格的に電気器具製造・販売に着手するため「松下電気器具製作所」を創業した。

松下幸之助は、「経営の神様」として国内外でその功績が語りつがれている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

おすすめ偉人の一覧 (全100名)


松下幸之助の名言・格言集



松下幸之助の名言・格言は、全10ページございます。

P. 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 

page 1


名言・格言

 

人と比較をして劣っているといっても、

決して恥ずることではない。

けれども、

去年の自分と今年の自分とを比較して、

もしも今年が劣っているとしたら、

それこそ恥ずべきことである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

どんなに悔いても過去は変わらない。

どれほど心配したところで

未来もどうなるものでもない。

いま、現在に最善を尽くすことである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

楽観よし悲観よし。

悲観の中にも道があり、

楽観の中にも道がある。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

志を立てるのに、

老いも若きもない。

そして志あるところ、

老いも若きも道は必ず開けるのである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

人がこの世に生きていく限り、

やはり何かの理想を持ちたい。

希望を持ちたい。

それも出来るだけ大きく、

出来るだけ高く。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

アイデアを生むと言っても、

口先だけでは生まれない。

これもやはり熱心であること。

寝てもさめても一事に没頭するほどの熱心さから、

思いもかけぬ、よき知恵が授かる。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

商売とは、

感動を与えることである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

人には燃えることが重要だ。

燃えるためには薪が必要である。

薪は悩みである。

悩みが人を成長させる。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

誰でもそうやけど、

反省する人は、きっと成功するな。

本当に正しく反省する。

そうすると次に何をすべきか、

何をしたらいかんかということが

きちんとわかるからな。

それで成長していくわけや、

人間として。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

いくら熱心でも

ムダなことやったらいけませんで。

それがムダかどうかは、

あなた自身で考えなさい。

これはムダなことかどうか、

一つひとつ検討しなさい。

必ずムダなことをやっているに違いない。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

迷う、ということは、

一種の欲望からきているように思う。

ああもなりたい、こうもなりたい、

こういうふうに出世したい、

という欲望から迷いがでてくる。

それを捨て去れば問題はなくなる。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

万策尽きたと思うな。

自ら断崖絶壁の淵にたて。

その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

「それは私の責任です」

ということが言い切れてこそ、

責任者たりうる。

 

- 松下幸之助 -



次ページへ続きます。
 

spacer_3