オスカー・ワイルドの名言・格言




オスカー・ワイルドの名言・格言


オスカー・ワイルド(1854年~1900年)

アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。代表作は『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』など。

オスカー・ワイルドの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1854年10月16日、アイルランドのダブリンで医師の家庭に生まれる。

両親ともに文才に富み、母は詩人でサロンの主でもあった。母は女の子を欲していたため、オスカー・ワイルドの幼少期には母によって女子の格好をさせられる。

1864年に王立学校に入学。1871年に古典語の最高賞を受けて卒業し、ダブリン大学に進学。

1874年、20歳でオックスフォード大学に進学。ジョン・ラスキンの講義を聴き、評論家ウォルター・ペイターのサロンの常連となる。

1878年、長詩『ラヴェンナ』を刊行し、オックスフォード大学を首席で卒業。

1879年、25歳のオスカー・ワイルドはロンドンに出て、舞台女優のサラ・ベルナールや男優ヘンリー・アーヴィングらと付き合う。

1881年から翌年までアメリカ各地で講演。帰途の1883年、パリに滞在して文学的知友を得ようとしたが、奇抜な服装のため好かれなかった。

1884年、30歳のときに女王付弁護士の娘と結婚。後に2男をもうける。

1887年から雑誌『婦人世界』の編集者となって部数を伸ばし、派手な言動で社交界の人気者になる。

1891年、16歳年下の文筆家アルフレッド・ダグラス卿と親しくなる。同年パリで戯曲『サロメ』を執筆。

1895年、息子のアルフレッド・ダグラス卿を気遣う侯爵ジョン・ダグラスと告訴を応酬して敗れ、卑猥行為を咎められて投獄。破産を宣告される。

1897年に服役を終えた後、ダグラスとフランス、イタリアの各地を転々とする。世間からは既に見捨てられてしまっていた。

1900年11月30日、オスカー・ワイルドは梅毒による脳髄膜炎で死去。46年の生涯を閉じた。

オスカー・ワイルドの文業と生きざまは世界中に影響を及ぼす。日本でも森鴎外、夏目漱石芥川龍之介、谷崎潤一郎らがワイルドを意識したといわれる。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


オスカー・ワイルドの名言・格言集




オスカー・ワイルドの名言(1)


名言・格言

 

老人はあらゆる事を信じる。

中年はあらゆる事を疑う。

青年はあらゆる事を知っている。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

大衆とはすばらしく寛容だ。

天才以外のすべてを許す。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

生きるとは、

この世でいちばん稀なことだ。

たいていの人は、

ただ存在しているだけである。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

楽観主義者はドーナツを見、

悲観主義者はドーナツの穴を見る。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

人生は複雑じゃない。

私たちの方が複雑だ。

人生はシンプルで、

シンプルなことが正しいことなんだ。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

女は男に欠点があるからこそ愛するのだ。

男に欠点が多ければ多いほど、

女は何もかも許してくれる。

我々の知性さえもだ。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

人生には選ばなければならない瞬間がある。

自分自身の人生を充分に、

完全に、徹底的に生きるか、

社会が偽善から要求する偽の、

浅薄な、堕落した人生を

だらだらと続けるかの、

どちらかを。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

善人はこの世で多くの害をなす。

彼らがなす最大の害は、

人びとを善人と悪人に分けてしまうことだ。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

定義するということは

限定することだ。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

一貫性というのは、

想像力を欠いた人間の

最後のよりどころである。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

私たちは、不必要なものだけが

必需品である時代に生きている。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

彼女は、弱さという

何ともいえない魅力を欠いている。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

皮肉屋とは、

あらゆるものの値段を知っているが、

何ものの値打ちも知らない

人間のことである。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

教育は結構なものである。

しかしいつも忘れてはならない。

知る価値のあるものは、

すべて教えられないものだということを。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

社会は個人に対して

極刑を加える権利を持つかのように揮うが、

社会は浅薄きわまりない悪徳をもっていて、

己の行う事を自覚する力がない。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

ほとんどの人々は他の人々である。

彼らの思考は誰かの意見、

彼らの人生は模倣、

そして彼らの情熱は引用である。

 

- オスカー・ワイルド -


名言・格言

 

男の人って、

一度女を愛したとなると、

その女のためなら何だってしてくださるでしょ。

たった一つ、してくださらないもの、

それはいつまでも愛し続けるってことよ。

 

- オスカー・ワイルド -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.