夏目漱石の名言・格言




夏目漱石の名言・格言


夏目漱石(1867年~1916年)

日本の小説家、評論家、英文学者。代表作は『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』など。

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1867年2月9日、江戸の牛込馬場下に夏目家の五男として生まれる。

父は名主で生活も豊かであった。しかし1867年11月の大政奉還やその後の混乱期の影響から、1868年に養子に出される。

その後、9歳のときに養父母が離婚し、漱石は生家に戻ることになった。

1884年、17歳で大学予備門予科に入学。ほとんどの教科において首席となり、特に英語が頭抜けて優れていた。

1889年に同窓生の俳人・正岡子規と出会う。子規の文集の批評を漱石が漢文で書いたことから友情が始まった。

1890年、創設間もない帝国大学英文科に入学。その前後に長兄、次兄など、次々に近親者を亡くし、この頃から神経衰弱に陥り始めたといわれる。

1893年、帝国大学を卒業。高等師範学校の英語教師になるも日本人が英文学を学ぶことに違和感を覚え始め、極度の神経衰弱・強迫観念にかられるようになる。

1895年に高等師範学校を辞職し、愛媛県尋常中学校(旧制松山中学)に赴任。松山は子規の故郷であり、子規とともに俳句に精進し、数々の佳作を残した。

1896年、熊本市に赴任後、結婚。俳壇でも活躍し、名声をあげていく。

1900年、文部省より英語研究のため英国留学を命ぜられる。英国ではシェイクスピア研究家の個人教授を受けるが、英文学研究への違和感がぶり返し、神経衰弱に陥る。

その後、病状が悪化し、1902年に急遽ロンドンを発つことになる。

帰国後、1903年に東京帝国大学から講師として招かれる。しかし再び神経衰弱となり、病状を和らげるために高浜虚子の勧めで『吾輩は猫である』を執筆。

1905年に俳句雑誌『ホトトギス』に一回の読み切りとして掲載されるが、好評のため続編を執筆。この時から作家として生きていくことを熱望。その後『倫敦塔』『坊っちゃん』を発表し、人気作家としての地位を固めていく。

1907年、一切の教職を辞し、朝日新聞社に入社。職業作家としての道を歩み始める。同年『虞美人草』の連載を開始するも神経衰弱や胃病に苦しめられる。

1910年、療養のために訪れた伊豆の修善寺で大吐血を起こし、危篤状態に陥る。この時の一時的な死の体験がその後の作品にも影響を与えることになる。

それ以降も胃潰瘍などの病気に苦しめられ、1916年12月9日、『明暗』執筆途中に49年の生涯を閉じた。

漱石の門下生には芥川龍之介らの小説家のほか、物理学者、哲学者などの学者もいた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


夏目漱石の名言・格言集




夏目漱石の名言(1)


名言・格言

 

のどかな春の日を

鳴き尽くし、鳴きあかし、

また鳴き暮らさなければ気が済まんと見える。

その上どこまでも登って行く、

いつまでも登って行く。

雲雀はきっと雲の中で死ぬに相違ない。

登り詰めた揚句は、

流れて雲に入って、

漂うているうちに形は消えてなくなって、

ただ声だけが空の裡に残るのかもしれない。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

あせってはいけません。

ただ、牛のように、

図々しく進んで行くのが大事です。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

君は山を呼び寄せる男だ。

呼び寄せて来ないと怒る男だ。

地団駄を踏んでくやしがる男だ。

そうして山を悪く批判する事だけを考える男だ。

なぜ山の方へ歩いて行かない。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

自分の弱点をさらけ出さずに

人から利益を受けられない。

自分の弱点をさらけ出さずに

人に利益を与えられない。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

私は冷かな頭で

新らしい事を口にするよりも、

熱した舌で平凡な説を述べる方が

生きていると信じています。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

女には大きな人道の立場から来る愛情よりも、

多少義理をはずれても

自分だけに集注される親切を嬉しがる性質が、

男よりも強いように思われます。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

愛嬌というのはね、

自分より強いものを倒す

柔らかい武器だよ。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

たいていの男は意気地なしね、

いざとなると。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

君、弱い事を言ってはいけない。

僕も弱い男だが、

弱いなりに死ぬまでやるのである。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

真面目とはね、君、

真剣勝負の意味だよ。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

わざわざ人の嫌がるようなことを云ったり、

したりするんです。

そうでもしなければ僕の存在を

人に認めさせる事が出来ないんです。

僕は無能です。

仕方がないからせめて

人に嫌われてでもみようと思うのです。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

馬は走る。

花は咲く。

人は書く。

自分自身になりたいが為に。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

考えてみると世間の大部分の人は

悪くなることを奨励しているように思う。

悪くならなければ社会に成功はしないものと

信じているらしい。

たまに正直な純粋な人を見ると、

坊ちゃんだの小僧だのと難癖をつけて軽蔑する。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

人間の目的は生まれた本人が、

本人自身のために

つくったものでなければならない。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

自らを尊しと思わぬものは

奴隷なり。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

嫌な女も好きな女もあり、

その好きな女にも嫌なところがあって、

その興味を持っている全ての女の中で、

一番あなたが好きだと云われてこそ、

あなたは本当に

愛されているんじゃありませんか?

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

青年は

真面目がいい。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

ある人は十銭をもって

一円の十分の一と解釈する。

ある人は十銭をもって

一銭の十倍と解釈する。

同じ言葉が人によって高くも低くもなる。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

もし人格のないものが

無闇に個性を発展させようとすると、

他を妨害する。

権力を用いようとすると、

濫用に流れる。

金力を使おうとすれば、

社会の腐敗をもたらす。

随分危険な現象を呈するに至るのです。

 

- 夏目漱石 -


名言・格言

 

うそは河豚汁である。

その場限りでたたりがなければ

これほどうまいものはない。

しかしあたったが最後

苦しい血も吐かねばならぬ。

 

- 夏目漱石 -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.