セルバンテスの名言・格言




セルバンテスの名言・格言

セルバンテスの名言には「事実は真実の敵なり」、「君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう」などがあります。
代表作は『ドン・キホーテ』。スペインの小説家セルバンテス(1547~1616)の名言をご紹介します。

「セルバンテスの英語の名言」へ

セルバンテスの生涯

氏名 ミゲル・デ・セルバンテス
英語名 Miguel de Cervantes
生年月日 1547年9月29日
没年月日 1616年4月23日
享年 68(歳)
国籍 スペイン
出生地 スペイン帝国のアルカラ・デ・エナーレス
職業 小説家
名言 富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

1547年9月29日、ミゲル・デ・セルバンテスはマドリード近郊のアルカラ・デ・エナーレスに生まれる。父は外科医であった。

少年時代のセルバンテスは大の読書好きであったが、父の仕事の関係で各地を転々とする生活を送り、教育もまともに受けられなかったという。

しかし、17歳のころにマドリードに転居したセルバンテスは、人文学者のロペス・デ・オヨスのもとで学ぶ。オヨスはセルバンテスを「わが秘蔵の弟子」と呼び、高く評価したという。

1569年、22歳のセルバンテスは教皇庁の特使であったアックアヴィーヴァ枢機卿の従者としてイタリアに渡り、ナポリでスペイン海軍に入隊。

1571年、セルバンテスはレパントの海戦において被弾し左腕の自由を失う。セルバンテスはその後4年間従軍を続けた。

そして帰国の途中、セルバンテスは海賊に襲われ捕虜となり、アルジェで5年間の虜囚生活を送る。セルバンテスは4回脱出を企てるも失敗している。

1585年、38歳のセルバンテスは最初の作品となる牧人小説『ラ・ガラテーア』を出版。しかしあまり評価されなかった。

1605年、58歳のセルバンテスは『ドン・キホーテ』を発表して一躍名声を高める。

その後も『模範小説集』(1613年)、『ドン・キホーテ 後編』(1615年)などを世に送り出した。

1616年4月23日、ミゲル・デ・セルバンテスは死去、68年の生涯を閉じた。

2002年5月にノーベル研究所と愛書家団体が発表した、世界54か国の著名な文学者100人の投票による「史上最高の文学百選」で『ドン・キホーテ』は1位を獲得している。

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)


セルバンテスの名言・格言集

セルバンテスの名言(1)


君の友人を教えなさい。
そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。

- セルバンテス -


人生は一枚の銀貨のようなものだ。
それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。

- セルバンテス -


時はあらゆるものを熟成させる。
生まれながらの賢人もいないのだ。

- セルバンテス -


富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。
しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。

- セルバンテス -


ひとつのドアが閉まったときには、また別のドアが開く。

- セルバンテス -


一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。

- セルバンテス -


真の勇気というものは、臆病と無鉄砲との中間にある。

- セルバンテス -


人間とは、己の行った仕事の子供である。

- セルバンテス -


生命のあるかぎり、希望はあるものだ。

- セルバンテス -


運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものよ。

- セルバンテス -


ことわざとは、長い経験に基づく短い文のことである。

- セルバンテス -


「そのうちやる」という名の通りを歩いて行き、行き着くところは「なにもしない」という名札のかかった家である。

- セルバンテス -


次ページへ続きます。
 

偉人の一覧(全161名)

【文学家】
シェイクスピア英語の名言) / ゲーテ英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド英語の名言) / マーク・トウェイン英語の名言) / ヘミングウェイ英語の名言) / トルストイ英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー英語の名言) / ドストエフスキー英語の名言) / サン=テグジュペリ英語の名言) / レイモンド・チャンドラー英語の名言) / カフカ英語の名言) / アガサ・クリスティ英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー英語の名言) / アルベール・カミュ英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ英語の名言) / ダンテ英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ英語の名言) / チャールズ・ディケンズ英語の名言) / ルイス・キャロル英語の名言) / ジョージ・エリオット英語の名言) / ツルゲーネフ英語の名言) / バルザック英語の名言) / セルバンテス英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル英語の名言) / オードリー・ヘップバーン英語の名言) / ウォルト・ディズニー英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー英語の名言) / チャップリン英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン英語の名言) / パブロ・ピカソ英語の名言) / ベートーヴェン英語の名言) / ゴッホ英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ英語の名言) / ボブ・マーリー英語の名言) / オプラ・ウィンフリー英語の名言) / マイケル・ジャクソン英語の名言) / ウディ・アレン英語の名言) / ボブ・ディラン英語の名言) / アンディ・ウォーホル英語の名言) / ミケランジェロ英語の名言) / モーツァルト英語の名言) / ジェームズ・ディーン英語の名言) / ブルース・リー英語の名言) / ロダン英語の名言) / マイルス・デイヴィス英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ英語の名言) / エルヴィス・プレスリー英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー英語の名言) / キング牧師英語の名言) / リンカーン英語の名言) / チャーチル英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン英語の名言) / ジョン・F・ケネディ英語の名言) / ネルソン・マンデラ英語の名言) / マーガレット・サッチャー英語の名言) / マルコムX英語の名言) / ジョージ・ワシントン英語の名言) / シャルル・ド・ゴール英語の名言) / 田中角栄

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール英語の名言) / エレノア・ルーズベルト英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー英語の名言) / エジソン英語の名言) / ソクラテス英語の名言) / ニーチェ英語の名言) / ダーウィン英語の名言) / 孔子英語の名言) / ルソー英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ英語の名言) / ニュートン英語の名言) / アリストテレス英語の名言) / プラトン英語の名言) / エマーソン英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト英語の名言) / パスカル英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント英語の名言) / モンテスキュー英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル英語の名言) / エーリッヒ・フロム英語の名言) / デカルト英語の名言) / ジョン・ロック英語の名言) / ショーペンハウアー英語の名言) / ヴォルテール英語の名言) / モンテーニュ英語の名言) / マキャベリ英語の名言) / キルケゴール英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ英語の名言) / マルティン・ルター英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ英語の名言) / デール・カーネギー英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ英語の名言) / アンドリュー・カーネギー英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ英語の名言) / ペレ英語の名言) / コービー・ブライアント英語の名言) / リオネル・メッシ英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀 / 山本五十六

【その他】
アンネ・フランク英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃英語の名言) / マリー・アントワネット英語の名言


セルバンテスの本・関連書籍



『ドン・キホーテ 前篇1』(セルバンテス)
騎士道本を読み過ぎて妄想にとらわれ、古ぼけた甲胄に身を固め、やせ馬ロシナンテに跨って旅に出る。その時代錯誤と肉体的脆弱さで、行く先々で嘲笑の的となるが…。登場する誰も彼もがとめどもなく饒舌な、セルバンテスの代表作。



『セルバンテス短篇集』(セルバンテス)
愛する妻の貞節を信じ切れない夫は試しに妻を誘惑してみてくれと親友に頼みこむが…。突飛な話の発端から、読む者をぐいぐいと作者の仕掛けた物語の網の目の中に引きずりこんでゆくこの「愚かな物好きの話」など4篇を精選。『ドン・キホーテ』の作者(1547~1616)がまた並々ならぬ短篇の名手であることを如実にあかす傑作集。



『絵本・世界の名作 ドン・キホーテ』(セルバンテス 原作)
絵で読む世界名作、絵で読むドン・キホーテ! 騎士道小説を読み過ぎたあげく、自分をさすらいの騎士だと思い込んだドン・キホーテは、世にはびこる悪をこらしめ、いとしの姫に手柄をささげるため、旅に出かけます。お供は、おいぼれロバのロシナンテと、ちょっぴり間抜けなサンチョ・パンサ。ラマンチャの大平原で繰り広げられる珍道中。
ドン・キホーテの猪突猛進ぶりを「コロボックル物語」の村上勉が精妙かつ雄大に描き上げ、サンチョ・パンサの当意即妙のつっこみを、『黒魔女さんが通る!』の石崎洋司が軽妙洒脱な文章で綴ります。



セルバンテスの名言・言葉の一覧

No. セルバンテスの名言一覧
1 君の友人を教えなさい。そうすれば、君がどういう人間か言ってみせよう。
2 人生は一枚の銀貨のようなものだ。それをどう使おうと勝手だが、使えるのはたった一度きりである。
3 時はあらゆるものを熟成させる。生まれながらの賢人もいないのだ。
4 富を失う者は多くを失い、友人を失う者はさらに多くを失う。しかし、勇気を失う者はすべてを失うことになる。
5 ひとつのドアが閉まったときには、また別のドアが開く。
6 一番憎むべき狂気とは、あるがままの人生に、ただ折り合いをつけてしまって、あるべき姿のために戦わないことだ。
7 真の勇気というものは、臆病と無鉄砲との中間にある。
8 人間とは、己の行った仕事の子供である。
9 生命のあるかぎり、希望はあるものだ。
10 運命というものは、人をいかなる災難にあわせても、必ず一方の戸口をあけておいて、そこから救いの手を差しのべてくれるものよ。
11 ことわざとは、長い経験に基づく短い文のことである。
12 「そのうちやる」という名の通りを歩いて行き、行き着くところは「なにもしない」という名札のかかった家である。
13 人生ではすべてが良い。死さえも。
14 嫌われもしないのに絶望しないでください。好きでも嫌いでもないのです。
15 心の中で感謝するだけなら、本当の感謝ではない。自分は行動の中で感謝を示そう。
16 女の「イエス」と女の「ノー」は同じようなものさ。そこに一線を引くなんて無謀なことだよ。
17 つまらぬ財産を持つより、立派な希望を持つほうがマシだ。
18 死を見ること生のごとし。
19 信仰の存在するところに神は存在する。
20 ペンは魂の舌である。
21 幸運はそれが失われるまで知られない。
22 嫉妬のない愛はあるかもしれぬ。だが恐れのともなわぬ愛はない。
23 正直は最善の策である。
24 桶の水より、親切な言葉をかけるほうが、火はよく消える。
25 家柄ってのは、世界にたった二つしかない。持てると持たざると、どっちかだ。
26 分別よりも愚行の方が、とかく仲間や追随者を呼び寄せるものだ。
27 安眠は心労の最大の療法である。
28 音楽のあるところには真の悪は存在できない。
29 空腹は世界中で最上の調味料である。
30 自分のポケットの小銭は、他人のポケットの大金にまさる。
31 光り輝くものがすべて金だとは限らない。
32 喜劇で一番難しい役は愚か者の役であり、その役を演ずる役者は馬鹿ではない。
33 機知の切れ味を鈍らせまいと思うなら、あまり機知を鋭くしてはいけない。
34 流れに逆らおうとしたところで無駄なことだ。流れに身をまかせれば、どんなに弱い人でも岸に流れ着く。
35 愛の原則においては、早々と失望することが、通常、回復薬として描かれる。
36 事実は真実の敵なり。
37 よく準備してから戦いに臨めば、半ば勝ったも同然だ。
38 どんな虫けらだって踏みつけられれば、何を!という格好をするものだ。
39 金持ちのたわごとは格言で通る。
40 パンさえあれば、たいていの悲しみには耐えられる。
41 手の中の一羽の鳥は、宿り木に止まっている二羽の鳥に匹敵する。
42 この世でいちばんの気違い沙汰は、誰に殺されるってわけでもないのに、悲しいからってだけで理由もなく死にたがることですよ。
43 裸で私はこの世に来た。裸で私はこの世から出てゆかねばならぬのだ。
44 我々が第一に戦わねばならぬ厄介な敵は、我々の内部にある。

This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.