ジョージ・エリオットの名言・格言




ジョージ・エリオットの名言・格言


ジョージ・エリオット(1819年~1880年)

男性名のペンネームを用いたイギリスの女性作家。代表作は『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』など。

ジョージ・エリオットの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1819年11月22日、イングランド中部のウォリックシャー・ヌニートンに生まれる。本名はメアリー・アン・エヴァンズ(Mary Ann Evans)。

父は土地差配人で母は後妻であった。

少女時代のメアリーは敬虔な福音主義者であり、感受性が鋭く知識欲の旺盛な子どもであった。

メアリーは12歳のときにバプテスト派の学校に入学。しかし翌年に母が亡くなり、父の世話をするために退学。メアリーは家庭で古典や外国語を学んだ。

22歳のときに父とウェスト・ミッドランズのコヴェントリー近郊に移る。メアリーはここで主知主義の哲学者らとの交友を通じて宗教観の動揺を経験した。

メアリーは26歳のときにドイツの神学者・哲学者ダーフィト・シュトラウスの『イエス伝』を翻訳刊行。

29歳のときに父が死去。翌年、以前から寄稿していた『ウェストミンスター・レビュー』の副主筆となり、ロンドンに移る。

メアリーはロンドンで哲学者ジョージ・ヘンリー・ルーイスと恋愛関係になる。ルーイスは妻子のある身であったが、この関係はルーイスが死去するまで続いた。

1857年、37歳のメアリーはルーイスの名を借りた男性名のペンネーム「ジョージ・エリオット」で最初の小説『エイモス・バートン』を発表。

以後、1859年の『アダム・ビード』、1861年の『サイラス・マーナー』、1862年の『ロモラ』、大作『ミドルマーチ』(1871-72年)などを発表した。

メアリーが58歳のときにルーイスが死去。その2年後に20歳年下の青年実業家と結婚。

しかし、結婚からわずか7ヵ月後の1880年12月22日、メアリー・アン・エヴァンズは死去。61年の生涯を閉じた。

メアリーがジョージという男性名のペンネームを使用したのは、女性作家は陽気なロマンスしか書かないという固定化されたイメージから逃れるためであったと述べている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


ジョージ・エリオットの名言・格言集




ジョージ・エリオットの名言(1)


名言・格言

 

成長の最大の源は

選択にある。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

寛容であることは、

広い視野を持っている人々の義務である。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

残虐行為は他のすべての悪事と同様に、

外的な動機を必要としない。

機会を必要とするだけだ。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

もちろん男性は何でも最もよく知っています。

女性の方がもっとよく知っている

ということを除いてね。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

臆病者は勝つと分かっている戦いしかできない。

だがどうか、負けると知りつつも戦える勇気を。

時に勝利よりも価値ある敗北というのも

あるのだから。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

過ちを非難しすぎるよりも、

過ちを許しすぎる方がずっといい。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

さあ顔を上げて!

君は失敗するために生まれてきたんじゃない、

成功するために生まれてきたんだ。

嬉々とした自信を持って前に進め。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

微笑めば友達ができる。

しかめっ面をすればしわができる。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

バラが空から降ってくることはない。

もっとバラが欲しければ、

もっと多くの木を植えなさい。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

確かさばかり求めて

ぐずぐずしている人には、

大きなことは決してできない。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

自分の仕事が最高と思えたら、

成功です。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

なりたかった自分になるのに

遅すぎるということはない。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

冒険とは外の世界にあるのではなく、

心の中にある。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

わたしは過去との結び付きを壊すような未来を

望まない。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

前向きな態度

- それは生きるための目的ではなく、

手段である。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

人にお世辞を言われた時、

いい気になって嬉しそうな顔をする者は

傲慢な人である。

他人の悪口を聞いて喜ぶ者は

心のいやしい人である。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

愛されるだけでは物足りない。

愛の言葉もかけてほしい。

静寂の世界は、

お墓の中で十分に味わえるのだから。

 

- ジョージ・エリオット -


名言・格言

 

彼は、自分の鳴き声を聴くために

太陽は昇ると思っている

鶏のような人だ。

 

- ジョージ・エリオット -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.