芥川龍之介の名言・格言




芥川龍之介の名言・格言

芥川龍之介の名言には「阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている」、「幸福とは幸福を問題にしない時をいう」などがあります。
代表作は『羅生門』『鼻』『地獄変』など。小説家、芥川龍之介(1892~1927)の名言をご紹介します。

芥川龍之介の生涯

氏名 芥川龍之介
生年月日 1892年3月1日
没年月日 1927年7月24日
享年 35(歳)
国籍 日本
出生地 東京市京橋区入船町8丁目(現在の中央区明石町)
職業 小説家
名言 阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている。

1892年3月1日、現在の東京都中央区明石町で牛乳屋を営む一家の長男として生まれる。

生後間もなく母が病気になり、現在の墨田区両国の母の実家の芥川家に預けられ、伯母に養育される。

11歳のときに母が亡くなり、翌年に母の実兄の養子となる。芥川家は江戸時代に徳川家に仕え、茶の湯を担当していた家柄であり、家中が芸術・演芸を愛好していた。

龍之介は中学での成績が優秀であったため、無試験で第一高等学校(旧制一高)に入学。同期入学には菊池寛や久米正雄らがいた。

1913年に東京帝国大学英文学科へ進学。在学中に菊池寛、久米正雄らと同人誌『新思潮』を刊行。同誌上に処女小説『老年』を発表した。

1915年に代表作『羅生門』を発表。同年、夏目漱石門下に入り、『鼻』が漱石に絶賛される。

1916年に大学を卒業後、海軍機関学校の英語の嘱託教官として教鞭を執る。同時に創作にも励み、短編作品を次々に発表。

1919年に教職を辞して大阪毎日新聞社に入社。出社の義務はなく、創作に専念する。1919年に結婚。

1921年に海外視察員として中国を訪問。しかし帰国後次第に心身が衰え始め、神経衰弱、腸カタルなどを病む。作品もこの頃から私小説的な傾向が現れ、晩年の『河童』などへと繋がる。

1926年、病状が悪化し、湯河原で療養。その後、鵠沼の旅館に滞在して妻子を呼び寄せる。

1927年4月、帝国ホテルで心中未遂事件を起こす。そして同年7月24日、『続西方の人』を書き上げた後、致死量の睡眠薬を飲んで自殺。芥川龍之介は35年の生涯を閉じた。

死の8年後、親友で文藝春秋社主の菊池寛が、芥川の名を冠した新人文学賞「芥川龍之介賞」を設立。日本で最も有名な文学賞として現在まで続いている。

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)


芥川龍之介の名言・格言集

芥川龍之介の名言(1)


打ちおろすハンマーのリズムを聞け。
あのリズムが在する限り、芸術は永遠に滅びないであろう。

- 芥川龍之介 -


自由は山巓の空気に似ている。
どちらも弱い者には堪えることは出来ない。

- 芥川龍之介 -


どうせ生きているからには、苦しいのはあたり前だと思え。

- 芥川龍之介 -


阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている。

- 芥川龍之介 -


わたしは良心を持っていない。
わたしの持っているのは神経ばかりである。

- 芥川龍之介 -


幸福とは幸福を問題にしない時をいう。

- 芥川龍之介 -


われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。

- 芥川龍之介 -


女は常に好人物を夫に持ちたがるものではない。
しかし男は好人物を常に友だちに持ちたがるものである。

- 芥川龍之介 -


懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑わぬという信念の上に立つものである。

- 芥川龍之介 -


軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。
なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。

- 芥川龍之介 -


道徳は常に古着である。

- 芥川龍之介 -


古人は神の前に懺悔した。
今人は社会の前に懺悔している。

- 芥川龍之介 -


運命は偶然よりも必然である。
「運命は性格の中にある」という言葉はけっしてなおざりに生まれたものではない。

- 芥川龍之介 -


我々の生活に必要な思想は、三千年前に尽きたかもしれない。
我々は唯古い薪に、新しい炎を加えるだけであろう。

- 芥川龍之介 -


次ページへ続きます。
 

偉人の一覧(全150名)

【文学家】
シェイクスピア英語の名言) / ゲーテ英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド英語の名言) / マーク・トウェイン英語の名言) / ヘミングウェイ英語の名言) / トルストイ英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー英語の名言) / ドストエフスキー英語の名言) / サン=テグジュペリ英語の名言) / レイモンド・チャンドラー英語の名言) / カフカ英語の名言) / アガサ・クリスティ英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー英語の名言) / アルベール・カミュ英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ英語の名言) / ダンテ英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ英語の名言) / チャールズ・ディケンズ英語の名言) / ルイス・キャロル英語の名言) / ジョージ・エリオット英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル英語の名言) / オードリー・ヘップバーン英語の名言) / ウォルト・ディズニー英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー英語の名言) / チャップリン英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン英語の名言) / パブロ・ピカソ英語の名言) / ベートーヴェン英語の名言) / ゴッホ英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ英語の名言) / ボブ・マーリー英語の名言) / オプラ・ウィンフリー英語の名言) / マイケル・ジャクソン英語の名言) / ウディ・アレン英語の名言) / ボブ・ディラン英語の名言) / アンディ・ウォーホル英語の名言) / ミケランジェロ英語の名言) / モーツァルト英語の名言) / ジェームズ・ディーン英語の名言) / ブルース・リー英語の名言) / ロダン英語の名言) / マイルス・デイヴィス英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ英語の名言) / エルヴィス・プレスリー英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー英語の名言) / キング牧師英語の名言) / リンカーン英語の名言) / チャーチル英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン英語の名言) / ジョン・F・ケネディ英語の名言) / ネルソン・マンデラ英語の名言) / マーガレット・サッチャー英語の名言) / マルコムX英語の名言) / ジョージ・ワシントン英語の名言) / シャルル・ド・ゴール英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール英語の名言) / エレノア・ルーズベルト英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー英語の名言) / エジソン英語の名言) / ソクラテス英語の名言) / ニーチェ英語の名言) / ダーウィン英語の名言) / 孔子英語の名言) / ルソー英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ英語の名言) / ニュートン英語の名言) / アリストテレス英語の名言) / プラトン英語の名言) / エマーソン英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト英語の名言) / パスカル英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント英語の名言) / モンテスキュー英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル英語の名言) / エーリッヒ・フロム英語の名言) / デカルト英語の名言) / ジョン・ロック英語の名言) / ショーペンハウアー英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ英語の名言) / マルティン・ルター英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ英語の名言) / デール・カーネギー英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ英語の名言) / アンドリュー・カーネギー英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ英語の名言) / ペレ英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀 / 山本五十六

【その他】
アンネ・フランク英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃英語の名言


芥川龍之介の本・関連書籍



『羅生門・鼻』(芥川龍之介)
ワルに生きるか、飢え死にするか、ニキビ面の若者は考えた……。京の都が、天災や飢饉でさびれすさんでいた頃の話。荒れはてた羅生門に運びこまれた死人の髪の毛を、一本一本とひきぬいている老婆を目撃した男が、生きのびる道を見つける『羅生門』。あごの下までぶらさがる、見苦しいほど立派な鼻をもつ僧侶が、何とか短くしようと悪戦苦闘する『鼻』。ほかに、怖い怖い『芋粥』など、ブラック・ユーモアあふれる作品6編を収録。



『蜘蛛の糸・杜子春』(芥川龍之介)
地獄に落ちた男が、やっとのことでつかんだ一条の救いの糸。ところが自分だけが助かりたいというエゴイズムのために、またもや地獄に落ちる「蜘蛛の糸」。大金持ちになることに愛想がつき、平凡な人間として自然のなかで生きる幸福をみつけた「杜子春」。魔法使いが神の裁きを受ける神秘的な「アグニの神」。少年少女のために書かれた、健康で明るく、人間性豊かな作品集。



『河童・或阿呆の一生』(芥川龍之介)
芥川最晩年の諸作は死を覚悟し、予感しつつ書かれた病的な精神の風景画であり、芸術的完成への欲求と人を戦慄させる鬼気が漲っている。出産、恋愛、芸術、宗教など、自らの最も痛切な問題を珍しく饒舌に語る「河童」、自己の生涯の事件と心情を印象的に綴る「或阿呆の一生」、人生の暗澹さを描いて憂鬱な気魄に満ちた「玄鶴山房」、激しい強迫観念と神経の戦慄に満ちた「歯車」など6編。



芥川龍之介の名言・言葉の一覧

No. 芥川龍之介の名言一覧
1 打ちおろすハンマーのリズムを聞け。あのリズムが在する限り、芸術は永遠に滅びないであろう。
2 自由は山巓の空気に似ている。どちらも弱い者には堪えることは出来ない。
3 どうせ生きているからには、苦しいのはあたり前だと思え。
4 阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じている。
5 わたしは良心を持っていない。わたしの持っているのは神経ばかりである。
6 幸福とは幸福を問題にしない時をいう。
7 われわれを恋愛から救うものは、理性よりもむしろ多忙である。
8 女は常に好人物を夫に持ちたがるものではない。しかし男は好人物を常に友だちに持ちたがるものである。
9 懐疑主義者もひとつの信念の上に、疑うことを疑わぬという信念の上に立つものである。
10 軍人の誇りとするものは、小児の玩具に似ている。なぜ軍人は酒にも酔わずに、勲章を下げて歩かれるのであろう。
11 道徳は常に古着である。
12 古人は神の前に懺悔した。今人は社会の前に懺悔している。
13 運命は偶然よりも必然である。「運命は性格の中にある」という言葉はけっしてなおざりに生まれたものではない。
14 我々の生活に必要な思想は、三千年前に尽きたかもしれない。我々は唯古い薪に、新しい炎を加えるだけであろう。
15 周囲は醜い。自己も醜い。そしてそれを目のあたりに見て生きるのは苦しい。
16 私は不幸にも知っている。時には嘘によるほかは語られぬ真実もあることを。
17 忍従はロマンティックな卑屈である。
18 あらゆる社交はおのずから虚偽を必要とするものである。
19 どうか英雄とならぬように – 英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。
20 他を嘲(あざけ)るものは同時にまた他に嘲られることを恐れるものである。
21 わたしは二三の友だちにはたとい真実を言わないにもせよ、嘘をついたことは一度もなかった。彼等もまた嘘をつかなかったら。
22 人間的な、余りに人間的なものは大抵は確かに動物的である。
23 人間は時として、満たされるか満たされないかわからない欲望のために一生を捧げてしまう。その愚を笑う人は、つまるところ、人生に対する路傍の人に過ぎない。
24 成すことは必ずしも困難ではない。が、欲することは常に困難である。少なくとも成すに足ることを欲するのは。
25 強者は道徳を蹂躙するであろう。弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。道徳の迫害を受けるものは、常に強弱の中間者である。
26 好人物は何よりも先に、天上の神に似たものである。第一に、歓喜を語るに良い。第二に、不平を訴えるのに良い。第三に、いてもいなくても良い。
27 女人は我々男子には正に人生そのものである。即ち諸悪の根源である。
28 人生は一箱のマッチに似ている。重大に扱うのはばかばかしい。重大に扱わねば危険である。
29 僕等の性格は不思議にもたいてい頸(くび)すじに現れている。
30 あなた方のお母さんを慈しみ愛しなさい。でもその母への愛ゆえに、自分の意志を曲げてはいけない。そうすることが後に、あなた方のお母さんを幸せにすることなのだから。
31 我々はあらゆる女人の中に多少のマリアを感じるであろう。同時に又あらゆる男子の中にも–。いや、我々は炉に燃える火や畠の野菜や素焼きの瓶や厳畳に出来た腰かけの中にも多少のマリアを感じるであろう。
32 完全に自己を告白することは、何びとにも出来ることではない。同時にまた、自己を告白せずには如何なる表現も出来るものではない。
33 文を作るのに欠くべからざるものは、何よりも創作的情熱である。
34 人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふものは、創痍を恐れずに闘はなければならぬ。
35 我々に武器を執らしめるものは、いつも敵に対する恐怖である。しかもしばしば実在しない架空の敵に対する恐怖である。
36 僕は芸術的良心を始め、どういう良心も持っていない。僕の持っているのは神経だけである。
37 古来政治的天才とは民衆の意思を彼自身の意思とするもののように思われていた。が、これは正反対であろう。むしろ政治的天才とは彼自身の意思を民衆の意思とするもののことをいうのである。
38 最も賢い処世術は、社会的因襲を軽蔑しながら、しかも社会的因襲と矛盾せぬ生活をすることである。
39 自然を愛するのは、自然がわれわれを憎んだり、嫉妬しないためでもない事はない。
40 人生の悲劇の第一幕は、親子となったことに始まっている。
41 他人を弁護するよりも自己を弁護するのは困難である。疑うものは弁護士を見よ。
42 正義は武器に似たものである。武器は金を出しさえすれば、敵にも味方にも買われるであろう。正義も理屈さえつけさえすれば、敵にも味方にも買われるものである。
43 道徳の与えたる恩恵は時間と労力との節約である。道徳の与えたる損害は完全なる良心の麻痺である。
44 人生は地獄よりも地獄的である。
45 人生を幸福にするためには、日常の瑣事を愛さなければならぬ。
46 民衆の愚を発見するのは必ずしも誇るに足ることではない。が、我々自身も亦民衆であることを発見するのはともかくも誇るに足ることである。
47 恋愛の徴候の一つは彼女に似た顔を発見することに極度に鋭敏になることである。
48 天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。
49 恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。少なくても詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。
50 げに人間の心こそ、無明の闇も異らね、ただ煩悩の火と燃えて、消ゆるばかりぞ命なる。
51 我々を走らせる軌道は、機関車にはわかっていないように我々自身にもわかっていない。この軌道もおそらくはトンネルや鉄橋に通じていることであろう。
52 我々はしたいことの出来るものではない。ただ、出来ることをするものである。
53 私は第三者を愛するために夫の目を盗んでいる女には、恋愛を感じないことはない。しかし第三者を愛するために子供を顧みない女には、満身の憎悪を感じている。
54 創作は常に冒険である。所詮は人力を尽した後、天命にまかせるより仕方はない。
55 天才の一面は明らかに醜聞を起し得る才能である。
56 天才の悲劇は「小ぢんまりした、居心地のよい名声」を与えられることである。

This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.