シェイクスピアの名言・格言




シェイクスピアの名言・格言


ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)

英国の劇作家、詩人。英国ルネサンス演劇を代表する人物。

シェイクスピアの英語の名言へ

【 概要 】 ⇒ 名言へスキップ

1564年4月26日、イングランド王国のストラトフォード=アポン=エイヴォンに生まれる。

シェイクスピアの父は皮手袋商人で市会議員、母はジェントルマンの娘であり、裕福な家庭環境に育つ。

シェイクスピアは18歳のときに26歳の女性と結婚。その後、ロンドンへ進出し、演劇の世界に身を置くようになる。

俳優として活動するかたわら脚本を書くようになり、名声を得たシェイクスピアは多くの戯曲を執筆。

その卓越した人間の心理描写により、最も優れた英文学の作家といわれる。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


シェイクスピアの名言・格言集




シェイクスピアの名言(1)


名言・格言

 

険しい丘に登るためには、

最初にゆっくり歩くことが必要である。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

成し遂げんとした志を

ただ一回の敗北によって捨ててはいけない。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

慢心は人間の最大の敵だ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

輝くもの、

必ずしも金ならず。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

喜怒哀楽の激しさは、

その感情とともに実力までも滅ぼす。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

悪口を言われて

我が身を正すことの出来る人間は

幸せと言うべきだ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

今望んでいるものを手にして、

何の得があろうか。

それは夢、

瞬間の出来事、

泡のように消えてしまう

束の間の喜びでしかない。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

人は心が愉快であれば

終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、

人は常に明るく愉快な心をもって

人生の行路を歩まねばならぬ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

恋の始まりは

晴れたり曇ったりの

4月のようだ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

安心、

それが人間の最も近くにいる

敵である。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

橋は大水のときの川幅より

長くなくともよい。

いま必要なものの用に応じてこそ、

格好がよいというもの。

役に立つことが、

まず肝要だ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

今晩一晩は我慢しなさい。

そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。

そして、その次はもっと楽になる。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

運命とは、

最もふさわしい場所へと、

貴方の魂を運ぶのだ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

備えよ。

たとえ今ではなくとも、

チャンスはいつかやって来る。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

悲しみが来るときは、

単騎ではやってこない。

かならず軍団で押し寄せる。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

おまえは、

他人のなかにある自分と同じ欠点を

むち打とうとするのか。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

お前の光は、

今、何処にある。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

楽しんでやる苦労は、

苦痛を癒すものだ。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

期待はあらゆる苦悩のもと。

 

- シェイクスピア -


名言・格言

 

賢明に、

そしてゆっくりと。

速く走るやつは転ぶ。

 

- シェイクスピア -



次ページへ続きます。