王貞治の名言・格言



王貞治の名言には「努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない」、「基本的にプロというのは、ミスをしてはいけないんですよ」などがあります。
本塁打868本など数々の日本プロ野球記録を保持。世界の王と称される王貞治(1940~)の名言をご紹介します。

王貞治 おすすめ書籍

王貞治の経歴

氏名 王貞治
生年月日 1940年5月20日
国籍 中華民国
出生地 現在の東京都墨田区
職業 プロ野球選手(内野手)、監督
別名 「世界の王」「ワンちゃん」
名言 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

1940年5月10日(戸籍上の出生日は5月20日)、現在の東京都墨田区にて、中華料理ラーメン店を営む中華民国籍の父と日本人の母のもとに次男として生まれる。

小学生のころは横綱・吉葉山から相撲取りになることを勧められるほど相撲が強かった。中学校では野球部にも在籍するもグラウンドが使えず休部同然の状態であった。

高校は早稲田実業に進学。1年生の時に控え投手として夏の甲子園出場。2回戦で先発登板を果たしたが敗戦。

2年生の春の甲子園ではエースとして優勝を果たし、関東に初めて選抜優勝旗をもたらした。夏の甲子園では2回戦で延長11回を完投し、ノーヒットノーランを記録している。

3年生の選抜大会では打者としても活躍し、2試合連続本塁打を放つ。

高校2年生のときに巨人からの誘いがあったが、父の意向により大学進学を考えていたため断っている。しかし、3年生の夏の東京都予選で敗戦したことで、野球にけじめをつけて大学進学する気持ちになれず、巨人入団を決めた。

1959年に投手として入団。しかし、監督にピッチャーとして大成しないと言われ、一塁手に転向。4月の開幕戦では高卒新人ながら7番打者で先発出場を果たした。しかし、2三振1四球に終わり、その後も26打席無安打が続いた。

出場11試合目の初安打が決勝2ランホームランとなり、世界記録868号へと続く、第1号本塁打となった。同年6月25日の天覧試合では、4号同点2ランを放ち、長嶋茂雄とのONアベック・ホームランの第1号となる。

しかし、大きな期待がかかるなか3年目まで成績は伸び悩んでいた。3年目のシーズン終了後、荒川博が巨人の打撃コーチに就任。

監督の川上哲治は、王の成績が伸びない理由は王がしばしば寮を脱走して夜遊びをしていたため、練習にも身が入らず、結果も出ず、自信を持てないためであると考えていた。川上は王の意識改革も期待し、荒川に王を託した。

荒川は王がプロの速球に対応しようとボールを前に迎えに行き、グリップポジションが安定しないことが欠点であると判断。その修正のためにさまざまなフォームを試し、そのひとつが一本足打法であった。

4年目の1962年7月、極度の不振に陥っていた王は、一本足打法を敢行。その日、ホームランを含む3安打4打点を記録。結果が出たことで、王も一本足打法の猛練習に打ち込むようになる。

その過酷さなど壮絶な王の努力は有名である。そして、7月の1ヶ月だけで10本塁打を放ち、一気に本塁打の量産ペースを上げ、この年に初めて本塁打王と打点王を獲得。以後、引退まで一本足打法を貫いた。

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)


王貞治の名言・格言集

王貞治の名言(1)


努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。

- 王貞治 -


自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。
オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。
自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。

- 王貞治 -


最高のものを求める強い気持ちがないと、結果は出ないものなんだよ。

- 王貞治 -


やっぱり勝つと見えてくるものがあるんだよ。

- 王貞治 -


ときには嵐のような逆風が人を強くする。

- 王貞治 -


ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。

- 王貞治 -


僕の役目はホームランを打つことだ。

- 王貞治 -


カネほしさに野球をやる人は、決して本物にはなれないでしょう。

- 王貞治 -


敵と戦う時間は短い。
自分との戦いこそが明暗を分ける。

- 王貞治 -


練習で120%の力で振れ。
そうすれば試合は80%の力でいい。

- 王貞治 -


勝負は、「ゲームセット」と審判が言うまで、分からない。

- 王貞治 -


我々は勝つしかない。
勝てばファンも拍手で迎えてくれる。

- 王貞治 -


次ページへ続きます。
 

偉人の一覧(全148名)

【文学家】
シェイクスピア英語の名言) / ゲーテ英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド英語の名言) / マーク・トウェイン英語の名言) / ヘミングウェイ英語の名言) / トルストイ英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー英語の名言) / ドストエフスキー英語の名言) / サン=テグジュペリ英語の名言) / レイモンド・チャンドラー英語の名言) / カフカ英語の名言) / アガサ・クリスティ英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー英語の名言) / アルベール・カミュ英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ英語の名言) / ダンテ英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ英語の名言) / チャールズ・ディケンズ英語の名言) / ルイス・キャロル英語の名言) / ジョージ・エリオット英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル英語の名言) / オードリー・ヘップバーン英語の名言) / ウォルト・ディズニー英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー英語の名言) / チャップリン英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン英語の名言) / パブロ・ピカソ英語の名言) / ベートーヴェン英語の名言) / ゴッホ英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ英語の名言) / ボブ・マーリー英語の名言) / オプラ・ウィンフリー英語の名言) / マイケル・ジャクソン英語の名言) / ウディ・アレン英語の名言) / ボブ・ディラン英語の名言) / アンディ・ウォーホル英語の名言) / ミケランジェロ英語の名言) / モーツァルト英語の名言) / ジェームズ・ディーン英語の名言) / ブルース・リー英語の名言) / ロダン英語の名言) / マイルス・デイヴィス英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ英語の名言) / エルヴィス・プレスリー英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー英語の名言) / キング牧師英語の名言) / リンカーン英語の名言) / チャーチル英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン英語の名言) / ジョン・F・ケネディ英語の名言) / ネルソン・マンデラ英語の名言) / マーガレット・サッチャー英語の名言) / マルコムX英語の名言) / ジョージ・ワシントン英語の名言) / シャルル・ド・ゴール英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール英語の名言) / エレノア・ルーズベルト英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー英語の名言) / エジソン英語の名言) / ソクラテス英語の名言) / ニーチェ英語の名言) / ダーウィン英語の名言) / 孔子英語の名言) / ルソー英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ英語の名言) / ニュートン英語の名言) / アリストテレス英語の名言) / プラトン英語の名言) / エマーソン英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト英語の名言) / パスカル英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント英語の名言) / モンテスキュー英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル英語の名言) / エーリッヒ・フロム英語の名言) / デカルト英語の名言) / ジョン・ロック英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ英語の名言) / マルティン・ルター英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ英語の名言) / デール・カーネギー英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ英語の名言) / アンドリュー・カーネギー英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ英語の名言) / ペレ英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀

【その他】
アンネ・フランク英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃英語の名言



王貞治 おすすめ書籍



『野球にときめいて―王貞治、半生を語る』(王貞治)
人生、いい時ばかりではなかった。でも、不満だったことはない。不思議な力に導かれ、ひたすら歩んだ一本道。読売新聞「時代の証言者」に大幅加筆。



『人生で本当に大切なこと 壁にぶつかっている君たちへ』(王貞治、岡田武史)
最初から何もかもがうまくいく人なんていない。失敗したり挫折したり、時に不安で眠れなくなったり…。野球とサッカーで日本を代表する二人は、そんなときをいかに乗り越えてきたのか。「成長のためには怒りや悔しさを抑えるな」「人生は『3歩進んで2歩下がる』の繰り返し」「選択に迷ったら難しいほうを選べ」「小さいことに手を抜くと運が逃げる」「欠点には目をつぶり長所を伸ばせ」等々、プレッシャーに打ち克ち、結果を残してきた裏には、共通する信念があった。実は順風満帆に進んできたわけではない二人が、人生の「試練」の意味を問う。



『王の道』(飯田絵美)
人を変える、人を動かすリーダーの条件。実績や数字だけでは人はついてこない。栄光と同じだけの挫折を味わった王貞治が編み出したコミュニケーションの達人技を伝授する。本当の「人間・王貞治の姿と思い、彼が選んで歩み続けた道」とはどんなものだったのか、その実像を読み解き、そこから現実の普通の人が学べる、人間成長や人間関係の知恵を提示するのが本書である。

王貞治の書籍一覧(Amazon)



王貞治の名言・言葉の一覧

No. 王貞治の名言一覧
1 努力は必ず報われる。もし報われない努力があるのならば、それはまだ努力と呼べない。
2 自分のためにやるからこそ、それがチームのためになるんであって、「チームのために」なんて言うやつは言い訳するからね。オレは監督としても、自分のためにやってる人が結果的にチームのためになると思う。自分のためにやる人がね、一番、自分に厳しいですよ。
3 最高のものを求める強い気持ちがないと、結果は出ないものなんだよ。
4 やっぱり勝つと見えてくるものがあるんだよ。
5 ときには嵐のような逆風が人を強くする。
6 ジャイアンツでは、何のための練習なのか、自分の役割は何なのかを明確に意識していました。
7 僕の役目はホームランを打つことだ。
8 カネほしさに野球をやる人は、決して本物にはなれないでしょう。
9 敵と戦う時間は短い。自分との戦いこそが明暗を分ける。
10 練習で120%の力で振れ。そうすれば試合は80%の力でいい。
11 勝負は、「ゲームセット」と審判が言うまで、分からない。
12 我々は勝つしかない。勝てばファンも拍手で迎えてくれる。
13 もう打てないんじゃないかという恐怖は、常について回るんです。結果を残してきた人ほど不安と戦ってきたはずだし、恐怖心を持っていない人は本物じゃない。その怖さを打ち消したいがために、練習するわけです。
14 勝つための最善の努力は、どんな時もやめてはいけない。逃げたらだめなのです。
15 過去にとらわれず、現在をいかによくするか。
16 仕事は忍耐第一主義。
17 いままでの僕の記録はみんな、耐えることで作られてきたんです。
18 いい時もあるし、悪い時もあります。自分もまた、それで初心に戻れたりしましたね。
19 ホームランというのは準備したことがちゃんとできてるだけの話。
20 練習を怠る人が上手くなることはないんですよ。修練して上手くなった人がより上手くなるんです。
21 基本的にプロというのは、ミスをしてはいけないんですよ。
22 僕は人生は円だと思ってきました。朝があれば、昼があり、夜があって、朝がくる。季節で言えば冬がくれば、春、夏、秋がきて。これはもう止めようがありません。人間もサイクルみたいなものがあって、調子がいいときもあれば、悪いときもある。
23 チームでも人でも、成長するときは45度の角度で一本調子で上がっていくことはない。最初は見えないくらいジワジワと上がっていき、途中から急カーブで伸びるものです。そのジワジワの時期にも、監督としては辛抱強く言い続けること、そして待ち続けることが大事なのです。
24 名選手になることは難しくない。努力を怠らず、目の前にあるものをキッカケを逃さずに、確実に掴んでいけば、必ずどうにかなる。
25 バッティングというのは太陽のまわりを運動する惑星みたいなものでね。その核心は軸として定まっている。
26 直球を一球でしとめろ。それができなくなれば終わりだぞ。
27 ヒットを打てなくても口惜しくなくなったし、ホームランを打ってもそんなに嬉しくなくなった時、限界がきたと思った。
28 王貞治のバッティングが出来なくなりました。
29 ホームランを打つことは注目されたけど、それ以外は、あくまでも王貞治だと思っていた。世間はなかなかそう思っていなかったけど、僕はそういう生き方をしようと思っていたからね。
30 この国の将来の為に、私がどういうものを残せるかで、今は頭がいっぱい。

This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.