孔子の名言・格言




孔子の名言・格言


孔子(紀元前552年~前479年)

春秋時代の中国の思想家、哲学者、儒家の始祖。

孔子の英語の名言へ

【 概要 】 ⇒ 名言へスキップ

紀元前552年に魯国、現在の山東省曲阜市に生まれる。

父は既に70歳を超えていた軍人戦士、母は身分の低い16歳の巫女であったとされる。

幼くして父を失い、家計を支えるために多くの仕事に従事しながら礼学を修める。

紀元前534年、18歳のときに結婚。その後、魯に使える。

36歳のとき、内乱により君主が斉へ国外追放され、孔子もあとを追って斉へ亡命。

その後、魯に帰国すると多くの弟子が集まり始め、孔子は弟子の教育に専念する。

紀元前501年、51歳のときに中都の宰(長官)に取り立てれらる。その実績により最高裁判官である大司寇および外交官に就任。しかし政治改革を試みて失敗し、失脚。

紀元前497年、自分の理想を受け入れてくれる主君を求め、弟子とともに諸国巡遊の旅に出る。しかし孔子の教えに耳を貸す諸侯も現れず、紀元前484年、13年にわたる亡命・遊説の旅を経て魯に帰国。

帰国後は詩書など古典研究の整理を行い、紀元前479年に73年の生涯を閉じた。

孔子の教えは弟子の手によって『論語』にまとめられる。孔子には3000人の弟子がいたとされ、その死後、孟子(性善説)、荀子(性悪説)などの後継者を出した。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


孔子の名言・格言集




孔子の名言(1)


名言・格言

 

その人を知らざれば、

その友を見よ。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

止まりさえしなければ、

どんなにゆっくりでも進めばよい。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

過ちて改めざる

これを過ちという

 

- 孔子 -

 
【意味】
誰でも過ちを犯すが、それに気づきながらも改めようとしないことこそ、本当の過ちであるということ。


名言・格言

 

良心に照らして

少しもやましいところがなければ、

何を悩むことがあろうか。

何を恐れることがあろうか。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

義を見てせざるは

勇無きなり

 

- 孔子 -

 
【意味】
人としてなすべきことと知りながら、それを行わないのは、勇気がないためであるということ。


名言・格言

 

学べばすなわち

固ならず

 

- 孔子 -

 
【意味】
学問により、視野も広がり、柔軟となって、頑固さがなくなるということ。


名言・格言

 

一を以て之を貫く

 

- 孔子 -

 
【意味】
一貫して変わらずに道を進むということ。


名言・格言

 

十人が十人とも悪く言う奴、

これは善人であろうはずがない。

だからといって

十人が十人ともよくいう奴、

これも善人とは違う。

真の善人とは、

十人のうち五人がけなし、

五人がほめる人物である。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

巧言令色鮮し仁(こうげんれいしょくすくなしじん)

 

- 孔子 -

 
【意味】
言葉巧みで、表情を取り繕っているものに、誠実な人間はほとんどいないということ。


名言・格言

 

己達せんと欲して

人を達せしむ。

 

- 孔子 -

 
【意味】
自分が目的を達成しよう思うときは、まず人を助けてその人の目的を遂げさせてやる。仁者は事を行うのに自他の区別をしないということ。


名言・格言

 

物事を迅速にしたいと、

望んではならない。

小さな利点に目をとめてはならない。

物事を早く行うことばかり望むと、

十分になすことができない。

小さな利点にとらわれると、

大きな仕事が達成できない。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

知らざるを知らずとなす

これ知るなり

 

- 孔子 -

 
【意味】
知らないことを知らないと自覚する。それが本当の知るということ。


名言・格言

 

好きなことを仕事にすれば、

一生働かなくてすむ。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

自分自身に対する誠実さと

他人に対する優しさ、

すべてはこの二つに包括される。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

人の本性はみなほとんど同じである。

違いが生じるのは

それぞれの習慣によってである。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

何事も楽しんでやりなさい。

楽しんでやることで、

思わぬ力が発揮されるものなのだ。

 

- 孔子 -


名言・格言

 

君子は和して同ぜず、

小人は同じて和せず

 

- 孔子 -

 
【意味】
優れた人物は、人と協調するが主体性を失わず、小人物は、表面では同調するが心から親しくなることはないということ。


名言・格言

 

学びて思わざればすなわち罔(くら)し、

思いて学ばざればすなわち殆(あやう)し

 

- 孔子 -

 
【意味】
学んでも考えなければ、はっきり理解した状態にならない。また、考えるだけで学ぶことがなければ、独断に陥り危険であるということ。


名言・格言

 

過ぎたるは

なお及ばざるが如し

 

- 孔子 -

 
【意味】
度が過ぎることも不足するのと同じように良くないということ。


名言・格言

 

人間は逆境において

人間の真価を試される。

人生の達人は逆境を楽しみ、

順境もまた楽しむのです。

 

- 孔子 -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.