コービー・ブライアントの名言・格言




コービー・ブライアントの名言・格言

コービー・ブライアントの名言には「失敗を恐れているなら、おそらく君は失敗するだろう」、「わたしは完璧を追い求める」などがあります。
ロサンゼルス・レイカーズで活躍したNBAを代表するスーパースター、コービー・ブライアント(1978~2020)の名言をご紹介します。

「コービー・ブライアントの英語の名言」へ

コービー・ブライアントの生涯

氏名 コービー・ブライアント
英語名 Kobe Bryant
生年月日 1978年8月23日
没年月日 2020年1月26日
享年 41(歳)
国籍 アメリカ
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
職業 バスケットボール選手
別名 「ブラックマンバ」
名言 失敗を恐れているなら、おそらく君は失敗するだろう。

1978年8月23日、コービー・ブライアントはペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。

コービーが生まれた当時、父のジョー・ブライアントはNBAプレイヤー3年目であり、フィラデルフィア・セブンティシクサーズに所属していた。コービーは父の影響を受け、次第にバスケットボール選手を志すようになる。

1986年、コービーが8歳のときに父はNBAを離れ、イタリアリーグに移籍。一家はイタリアに移住し、その地で7年を過ごす。

一家は1992年に帰国。父はその後、コーチや監督など指導者として活躍した。

コービーはフィラデルフィアのローワー・メリオン高校に進学。3年生のときに州の最優秀選手に選ばれ、一躍注目選手となった。

当初コービーは大学への進学を考えていたが、高卒でのNBA入りを決意。コービーは当時すでに引退を目前に控えていた、憧れのマイケル・ジョーダンと対戦したかった事もひとつの理由であると語っている。

1996年、17歳のコービーは名門ロサンゼルス・レイカーズの一員としてNBAのキャリアをスタートさせる。

コービーは20年間にわたってレイカーズ一筋でキャリアを過ごす。そして、NBAチャンピオン5回、シーズンMVP1回、ファイナルMVP2回、NBA記録となる18年連続オールスターゲーム選出、歴代最多のオールスターMVP4回、NBA歴代2位の1試合81得点といった記録を残し、長年にわたりリーグ最高の選手の一人として君臨し続けた。

2016年4月、37歳のコービー・ブライアントは現役を引退。レイカーズはコービーの背番号『8』と『24』を永久欠番にしている。

2020年1月26日、ロサンゼルス近郊のカラバサスで、コービーら9人が乗ったヘリコプターが墜落、コービーを含む搭乗者全員が死亡。コービー・ブライアントは41年の生涯を閉じた。

コービーの名前「Kobe」は、父のお気に入りだったアメリカの鉄板焼きレストラン「Kobe Steak House(神戸ステーキハウス)」にちなむ。

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)


コービー・ブライアントの名言・格言集

コービー・ブライアントの名言(1)


失敗を恐れているなら、おそらく君は失敗するだろう。

- コービー・ブライアント -


試合に勝つためなら何でもするよ。
ベンチに座ってタオルを振ることでも、チームメイトに飲み物を手渡すことでも、ウイニングショットを決めることでもね。

- コービー・ブライアント -


スポーツはとても素晴らしい教師だ。
教えてくれたことを思い出す。
チームの絆、謙虚さ、意見の違いを解決する方法などだ。

- コービー・ブライアント -


大切なことは君がチームメイトを応援していることを彼らに知ってもらうことなんだ。
そして君が心からチームメイトの成功を願うことさ。

- コービー・ブライアント -


トラッシュトーク(汚い言葉や挑発で相手選手の心理面を揺さぶる作戦)はあまりしない。
でもやるときは急所を突く。

- コービー・ブライアント -


コート上にいるのはもう一人の自分なんだ。
あれが本当の自分ではない。

- コービー・ブライアント -


嫌なことは何であれ - プレッシャーや困難なことへの挑戦など - 自分を成長させる機会だと思っている。

- コービー・ブライアント -


次のマイケル・ジョーダンにはなりたくない。
僕はただコービー・ブライアントでありたい。

- コービー・ブライアント -


わたしは完璧を追い求める。

- コービー・ブライアント -


勝利はすべてに優先する。
グレーゾーンはない。
明確なことだ。

- コービー・ブライアント -


リーダーシップは扱いにくいテーマだ。
痛い所を突く勇気がなかったり、共感を得られなかったりして失敗したリーダーも多い。
わたしはずっと恐れずにそれをやってきたんだ。

- コービー・ブライアント -


最も大切なことは、人々がそれぞれの世界で一流になれるように鼓舞していくことなんだ。

- コービー・ブライアント -


次ページへ続きます。
 

偉人の一覧(全166名)

【文学家】
シェイクスピア英語の名言) / ゲーテ英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド英語の名言) / マーク・トウェイン英語の名言) / ヘミングウェイ英語の名言) / トルストイ英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー英語の名言) / ドストエフスキー英語の名言) / サン=テグジュペリ英語の名言) / レイモンド・チャンドラー英語の名言) / カフカ英語の名言) / アガサ・クリスティ英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー英語の名言) / アルベール・カミュ英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ英語の名言) / ダンテ英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ英語の名言) / チャールズ・ディケンズ英語の名言) / ルイス・キャロル英語の名言) / ジョージ・エリオット英語の名言) / ツルゲーネフ英語の名言) / バルザック英語の名言) / セルバンテス英語の名言) / 三島由紀夫

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル英語の名言) / オードリー・ヘップバーン英語の名言) / ウォルト・ディズニー英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー英語の名言) / チャップリン英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン英語の名言) / パブロ・ピカソ英語の名言) / ベートーヴェン英語の名言) / ゴッホ英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ英語の名言) / ボブ・マーリー英語の名言) / オプラ・ウィンフリー英語の名言) / マイケル・ジャクソン英語の名言) / ウディ・アレン英語の名言) / ボブ・ディラン英語の名言) / アンディ・ウォーホル英語の名言) / ミケランジェロ英語の名言) / モーツァルト英語の名言) / ジェームズ・ディーン英語の名言) / ブルース・リー英語の名言) / ロダン英語の名言) / マイルス・デイヴィス英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ英語の名言) / エルヴィス・プレスリー英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー英語の名言) / キング牧師英語の名言) / リンカーン英語の名言) / チャーチル英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン英語の名言) / ジョン・F・ケネディ英語の名言) / ネルソン・マンデラ英語の名言) / マーガレット・サッチャー英語の名言) / マルコムX英語の名言) / ジョージ・ワシントン英語の名言) / シャルル・ド・ゴール英語の名言) / 田中角栄 / 上杉鷹山 / チェ・ゲバラ英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール英語の名言) / エレノア・ルーズベルト英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー英語の名言) / エジソン英語の名言) / ソクラテス英語の名言) / ニーチェ英語の名言) / ダーウィン英語の名言) / 孔子英語の名言) / ルソー英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ英語の名言) / ニュートン英語の名言) / アリストテレス英語の名言) / プラトン英語の名言) / エマーソン英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト英語の名言) / パスカル英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント英語の名言) / モンテスキュー英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル英語の名言) / エーリッヒ・フロム英語の名言) / デカルト英語の名言) / ジョン・ロック英語の名言) / ショーペンハウアー英語の名言) / ヴォルテール英語の名言) / モンテーニュ英語の名言) / マキャベリ英語の名言) / キルケゴール英語の名言) / ニコラ・テスラ英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ英語の名言) / マルティン・ルター英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ英語の名言) / デール・カーネギー英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ英語の名言) / アンドリュー・カーネギー英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ英語の名言) / ペレ英語の名言) / コービー・ブライアント英語の名言) / リオネル・メッシ英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀 / 山本五十六

【その他】
アンネ・フランク英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃英語の名言) / マリー・アントワネット英語の名言) / ニール・アームストロング英語の名言


コービー・ブライアントの本・関連書籍



『KOBE BRYANT – THE MAMBA MENTALITY – HOW I PLAY』(コービー・ブライアント)
この作品は、バスケットボールの世界で歴代最高プレイヤーのひとり、コービー・ブライアントというレジェンドの内側に秘められた核心に迫る旅を提供してくれる。自らの言葉で、バスケットボールという競技に関する膨大な知識を、こと細かく語っている。マイケル・ジョーダンからレブロン・ジェームズまで、プレイヤーとして対面した相手との戦いを1ページ1ページたどり、ひとつひとつのプレイごとに彼自身の分析を披露している。コービー・ブライアント引退記念公式本。



『コービー・ブライアント 失う勇気 – 最高の男(ザ・マン)になるためさ!』(ローランド・レイゼンビー)
「とにかく最高の男になりたいんだ。どうやってそこにたどり着けるのかはわからない。自分で見つけ出さなければ」当時、その目標は途方もないものとされていたが、コービー・ブライアントはそれを成し遂げることになる。最高の男(ザ・マン)になるために突き進み、その過程で「NBAで最も好き嫌いが分かれる」と呼ばれた男の生き様とは。



『コビー・ブライアント追悼号 2020年03月号』(ダンクシュート)
「コビー・ブライアントよ、永遠に」コビー・ブライアント写真館 / 伝説の名勝負10選 / コビー・ブライアント名言集 / コビー・ブライアント年表 / コビー・ブライアント全スタッツ&記録集 / コビー・ブライアント プロフィール / 現役選手、レジェンドからの追悼メッセージ



コービー・ブライアントの名言・言葉の一覧

No. コービー・ブライアントの名言一覧
1 失敗を恐れているなら、おそらく君は失敗するだろう。
2 試合に勝つためなら何でもするよ。ベンチに座ってタオルを振ることでも、チームメイトに飲み物を手渡すことでも、ウイニングショットを決めることでもね。
3 スポーツはとても素晴らしい教師だ。教えてくれたことを思い出す。チームの絆、謙虚さ、意見の違いを解決する方法などだ。
4 大切なことは君がチームメイトを応援していることを彼らに知ってもらうことなんだ。そして君が心からチームメイトの成功を願うことさ。
5 トラッシュトーク(汚い言葉や挑発で相手選手の心理面を揺さぶる作戦)はあまりしない。でもやるときは急所を突く。
6 コート上にいるのはもう一人の自分なんだ。あれが本当の自分ではない。
7 嫌なことは何であれ - プレッシャーや困難なことへの挑戦など - 自分を成長させる機会だと思っている。
8 次のマイケル・ジョーダンにはなりたくない。僕はただコービー・ブライアントでありたい。
9 わたしは完璧を追い求める。
10 勝利はすべてに優先する。グレーゾーンはない。明確なことだ。
11 リーダーシップは扱いにくいテーマだ。痛い所を突く勇気がなかったり、共感を得られなかったりして失敗したリーダーも多い。わたしはずっと恐れずにそれをやってきたんだ。
12 最も大切なことは、人々がそれぞれの世界で一流になれるように鼓舞していくことなんだ。
13 わたしが集中しているのはひとつ。たったひとつ。それはできるだけ多くのチャンピオンシップを勝ち取ることだ。
14 チャンスは無限にあると思っていた21歳のときとはちがうよ。33歳になって終わりがずっと近くなったと感じる。
15 怠け者を受け入れることはできない。考え方が違うんだ。理解できないし、理解しようとも思わない。
16 わたしは前進する方法を学ぶためだけに過去を振り返る。目的を持って自分と向き合う。
17 両親が心の支えなんだ。いまでもね。得点が0点でも40点でも変わらずに応援してくれるのは彼らだけだからね。
18 わたしが勝つことにどれほど執着しているのかみんなわかっていないだけだ。
19 わたしが冷静さを失えば、みんなも動揺する。
20 わたしはパープル&ゴールド(ロサンゼルス・レイカーズ)のためにプレーすることが好きなんだ。わたしはこの場所でキャリアを終えたい。

This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人. Bookmark the permalink.