英語の名言・格言【トルストイ】




英語の名言・格言【トルストイ】


Leo Tolstoy
レフ・トルストイ(1828年~1910年)

ロシアの小説家、思想家。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並びロシアを代表する文豪。代表作は『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』など。

トルストイの日本語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1828年9月9日、モスクワの165km南に位置するトゥーラ郊外のヤースナヤ・ポリャーナにて伯爵家の四男として生まれる。

祖先は由緒ある貴族で富裕な家庭であったが、幼くして両親をなくし、親戚に育てられる。

1844年、大学に入学するも成績がふるわず中退。このころフランスの哲学者ルソーの本を愛読し、生涯その影響を受けた。

1847年、広大な領地を相続したトルストイは農地経営を始め、農民の生活改善を目指すも農民に理解されず失敗。モスクワで放蕩生活を送ったのち、1851年にコーカサス戦争の砲兵旅団に志願して編入される。

1853年のクリミア戦争では将校として従軍。このときの体験が後に非暴力主義を展開する素地となる。

1852年、24歳のときに執筆した『幼年時代』が雑誌に発表され、新進作家として注目を集める。退役後は教育問題に関心を持ち、ヨーロッパへ視察旅行を行なうが、パリ滞在中に公開処刑を目撃して物質文明に失望する。

1861年の農奴解放令に先立って独自の農奴解放を試みる。1859年には領地に学校を設立し、農民の子弟の教育にもあたる。強制を排し、自主性を重んずる教育方針であった。

トルストイは34歳のときに18歳のソフィアと結婚。9男3女をもうける。幸福な結婚生活の中で世界文学史上に残る傑作が書かれる。これらの作品では自らの生きた社会を現実感をもって描写するという、写実主義の手法を用いた。

トルストイは社会事業にも熱心で、自らの莫大な財産を用いて貧困層へのさまざまな援助を行った。

しかし、代表作『アンナ・カレーニナ』を書き終える頃から人生の無意味さに苦しみ、自殺を考えるようになる。次第に宗教や民衆の素朴な生き方にひかれ、原始キリスト教的な独自の教義を作り上げる。以後作家の立場を捨て、その教義を広める思想家・説教者として活動。

トルストイは民衆を圧迫する政府も非難し、国家を否定したが、反政府運動であっても暴力は認めなかった。自身の生活も簡素にし、農作業にも従事。さらに印税や地代を拒否しようとして家族と対立。1884年には最初の家出を試みた。

1904年の日露戦争における暴力行為に対しても非暴力の立場から批判。非暴力・不服従で英国からの独立運動を指揮したガンジーとも文通している。

1910年、夫人との長年の不和に悩んでいたトルストイは再び家出を決行するが、鉄道で移動中に悪寒を感じて途中下車。1週間後の1910年11月20日、駅長官舎で肺炎により死去。82年の生涯を閉じた。葬儀には1万人を超える参列者があった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


トルストイ 英語の名言・格言集




トルストイ 英語の名言


英語の名言・格言

 

If there was no suffering, man would not know his limits, would not know himself.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう。


英語の名言・格言

 

The sole meaning of life is to serve humanity.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
人生の唯一の意義は、人のために生きることである。


英語の名言・格言

 

Everyone thinks of changing the world, but no one thinks of changing himself.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
誰もが世界を変えたいと思うが、誰も自分自身を変えようとは思わない。


英語の名言・格言

 

To say that you can love one person all your life is just like saying that one candle will continue burning as long as you live.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
一生涯ひとりの異性を愛することは、一本の蝋燭が生涯燃えることと同じである。


英語の名言・格言

 

We can know only that we know nothing. And that is the highest degree of human wisdom.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
我々が知りうる唯一のことは、我々は何も知らないということである。そしてこれが人間の知恵が飛翔しうる最高の高みなのだ。


英語の名言・格言

 

Which is worse? the wolf who cries before eating the lamb or the wolf who does not.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
子羊を食らう前に泣く狼と、泣かない狼では、どちらがより酷いだろうか。


英語の名言・格言

 

True life is lived when tiny changes occur.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
小さな変化が起こるとき、本当の人生が送られます。


英語の名言・格言

 

What a strange illusion it is to suppose that beauty is goodness.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
美女が女神だと思うなんて、なんという奇妙な勘違いだろう。


英語の名言・格言

 

If you want to be happy, be.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
幸せになりたいのなら、なりなさい。


英語の名言・格言

 

All happy families resemble one another; every unhappy family is unhappy in its own way.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はそれぞれに不幸である。


英語の名言・格言

 

I think… if it is true that there are as many minds as there are heads, then there are as many kinds of love as there are hearts.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
十人十色というからには、心の数だけ恋の種類があってもいいんじゃないかしら。


英語の名言・格言

 

The strongest of all warriors are these two — Time and Patience.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
あらゆる戦士の中で最も強いのがこれらの2つである – 時間と忍耐力。


英語の名言・格言

 

Love is life. All, everything that I understand, I understand only because I love.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
愛は生命だ。私が理解するものすべてを、私はそれを愛するがゆえに理解する。


英語の名言・格言

 

Art is not a handicraft, it is the transmission of feeling the artist has experienced.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
芸術は技芸ではなく、それは、芸術家が体験した感情の伝達である。


英語の名言・格言

 

History would be a wonderful thing – if it were only true.

 

- Leo Tolstoy (トルストイ) -

 
真実だけでできていたなら、歴史はすばらしいものだったろうに。


おわりです。

下に「偉人の一覧(全148名)」、「人気コンテンツ」、「トルストイの関連書籍」がございます。

癒しのガイド




★ おすすめ偉人の一覧

 
下の ” 「偉人の一覧」をチェック ” をクリックまたはタップすると偉人の一覧(全148名)が表示されます。

「偉人の一覧」をチェック


【文学家】
シェイクスピア (英語の名言) / ゲーテ (英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド (英語の名言) / マーク・トウェイン (英語の名言) / ヘミングウェイ (英語の名言) / トルストイ (英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー (英語の名言) / ドストエフスキー (英語の名言) / サン=テグジュペリ (英語の名言) / レイモンド・チャンドラー (英語の名言) / カフカ (英語の名言) / アガサ・クリスティ (英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー (英語の名言) / アルベール・カミュ (英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド (英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ (英語の名言) / ダンテ (英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ (英語の名言) / チャールズ・ディケンズ (英語の名言) / ルイス・キャロル (英語の名言) / ジョージ・エリオット (英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル (英語の名言) / オードリー・ヘップバーン (英語の名言) / ウォルト・ディズニー (英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー (英語の名言) / チャップリン (英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン (英語の名言) / パブロ・ピカソ (英語の名言) / ベートーヴェン (英語の名言) / ゴッホ (英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ (英語の名言) / ボブ・マーリー (英語の名言) / オプラ・ウィンフリー (英語の名言) / マイケル・ジャクソン (英語の名言) / ウディ・アレン (英語の名言) / ボブ・ディラン (英語の名言) / アンディ・ウォーホル (英語の名言) / ミケランジェロ (英語の名言) / モーツァルト (英語の名言) / ジェームズ・ディーン (英語の名言) / ブルース・リー (英語の名言) / ロダン (英語の名言) / マイルス・デイヴィス (英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ (英語の名言) / エルヴィス・プレスリー (英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー (英語の名言) / キング牧師 (英語の名言) / リンカーン (英語の名言) / チャーチル (英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン (英語の名言) / ジョン・F・ケネディ (英語の名言) / ネルソン・マンデラ (英語の名言) / マーガレット・サッチャー (英語の名言) / マルコムX (英語の名言) / ジョージ・ワシントン (英語の名言) / シャルル・ド・ゴール (英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー (英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール (英語の名言) / エレノア・ルーズベルト (英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン (英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー (英語の名言) / エジソン (英語の名言) / ソクラテス (英語の名言) / ニーチェ (英語の名言) / ダーウィン (英語の名言) / 孔子 (英語の名言) / ルソー (英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ (英語の名言) / ニュートン (英語の名言) / アリストテレス (英語の名言) / プラトン (英語の名言) / エマーソン (英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト (英語の名言) / パスカル (英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント (英語の名言) / モンテスキュー (英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル (英語の名言) / エーリッヒ・フロム (英語の名言) / デカルト (英語の名言) / ジョン・ロック (英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ (英語の名言) / マルティン・ルター (英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ (英語の名言) / デール・カーネギー (英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード (英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ (英語の名言) / アンドリュー・カーネギー (英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン (英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ (英語の名言) / ペレ (英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン (英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル (英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀

【その他】
アンネ・フランク (英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃 (英語の名言



 

「癒しツアー」人気コンテンツのご案内!


他の元気になるコンテンツ紹介です。

心にしみる曲
かわいい動物の動画
仕事の悩み・ストレス

   ページ先頭へ



トルストイの関連書籍

 



『光あるうち光の中を歩め』(トルストイ)
欲望や野心、功名心などの渦巻く俗世間にどっぷりつかっている豪商ユリウスと、古代キリスト教の世界に生きるパンフィリウス。ユリウスは何度かキリスト教の世界に走ろうと志しながらも、そのたびに俗世間に舞いもどるが、しかし、長い魂の彷徨の末についに神の道に入る。──福音書に伝えられているキリストの教えに従って生きよと説いた晩年のトルストイの思想を端的に示す。



『アンナ・カレーニナ〈上〉』(トルストイ)
モスクワ駅へ母を迎えに行った青年士官ヴロンスキーは、母と同じ車室に乗り合せていたアンナ・カレーニナの美貌に心を奪われる。アンナも又、俗物官僚の典型である夫カレーニンとの愛のない日々の倦怠から、ヴロンスキーの若々しい情熱に強く惹かれ、二人は激しい恋におちてゆく。文豪トルストイが、そのモラル、宗教、哲学のすべてを注ぎ込んで完成した不朽の名作の第一部。



『戦争と平和〈1〉』(トルストイ)
19世紀初頭、ナポレオンのロシア侵入という歴史的大事件に際して発揮されたロシア人の民族性を、貴族社会と民衆のありさまを余すところなく描きつくすことを通して謳いあげた一大叙事詩。1805年アウステルリッツの会戦でフランス軍に打ち破られ、もどってきた平和な暮しのなかにも、きたるべき危機の予感がただようロシア社交界の雰囲気を描きだすところから物語の幕があがる。

   ページ先頭へ




This entry was posted in 英語の名言・格言【文学界の偉人】 and tagged . Bookmark the permalink.