チャールズ・ディケンズの名言・格言




チャールズ・ディケンズの名言・格言

チャールズ・ディケンズの名言には「この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ」、「愛する心は、真の知恵である」などがあります。
代表作は『クリスマス・キャロル』『オリバー・ツイスト』『大いなる遺産』など。主に下層階級を主人公とし、弱者の視点から社会を諷刺した作品を発表したチャールズ・ディケンズ(1812~1870)の名言をご紹介します。

「チャールズ・ディケンズの英語の名言」へ

チャールズ・ディケンズの生涯

氏名 チャールズ・ディケンズ
英語名 Charles Dickens
生年月日 1812年2月7日
没年月日 1870年6月9日
享年 58(歳)
国籍 イギリス
出生地 イングランド、ハンプシャー州ランドポート
職業 小説家
名言 この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

1812年2月7日、イギリスのハンプシャー南部にあるポーツマス郊外に生まれる。父は海軍の会計吏であった。

一家はチャールズが2歳のときにロンドンに、5歳のときにケント州チャタムに移る。

少年期のチャールズは病弱でフィールディング、デフォー、セルバンテスなどを濫読したという。

ディケンズ家は中流階級の家庭であったが、父は金銭感覚に乏しく、一家は貧しかった。

チャールズが10歳のときに一家はロンドンに移るが、濫費によって12歳のときに生家が破産。

父は借金不払いのために収監され、チャールズは親戚の靴墨工場へ働きに出る。工場での仕打ちはひどく、彼の精神に深い傷を残した。

1827年、15歳のチャールズ・ディケンズは法律事務所に事務員として勤めるも、ジャーナリストになることを決心。速記術の習得に励み、法廷の速記記者となる。

ディケンズは22歳のときに雑誌の報道記者となり、ジャーナリストとしての活動が本格化。

一方、仕事の片手間に書き始めた投稿エッセイが21歳のときに雑誌に掲載される。

24歳のときにディケンズは結婚。夫婦は10人の子をもうけたが、性格の不一致のため結婚生活はうまくいかなかったという。

1837年、ディケンズが25歳のときに自身が編集長を務める雑誌に長編小説『オリバー・ツイスト』を掲載。彼の出世作となった。

1843年には『クリスマス・キャロル』を発表。広範囲な読者を獲得し、ディケンズは世界的に有名な作家となった。

晩年は創作力の衰えと並行して、執筆を離れて公開朗読に熱中。過労で死期を早めた。

1870年6月9日、チャールズ・ディケンズはケント州の自宅で脳卒中により死去。58年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語) / Wikipedia(英語)


チャールズ・ディケンズの名言・格言集

チャールズ・ディケンズの名言(1)


わたしは心の中でクリスマスをたたえ、一年中その気持ちを失わないようにする。

- チャールズ・ディケンズ -


生きている人間に魂がないことは、死人に魂がないことよりはるかに恐ろしい。

- チャールズ・ディケンズ -


別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。

- チャールズ・ディケンズ -


この世に生きる価値のない人などいない。
人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。

- チャールズ・ディケンズ -


誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けるのです。
誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい。

- チャールズ・ディケンズ -


病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものはこの世にない。

- チャールズ・ディケンズ -


愛する心は、真の知恵である。

- チャールズ・ディケンズ -


あなたを見ていると幸せだ。
あなたのことを考えていると一日中幸せだ。

- チャールズ・ディケンズ -


悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。

- チャールズ・ディケンズ -


どんな規則正しい家庭でも事故は起こるもの。

- チャールズ・ディケンズ -


偉大な人々でさえ貧しい親類がいることは、もの悲しい現実だ。

- チャールズ・ディケンズ -


旅行者はその放浪によって、家庭のありがたさを学ぶ。

- チャールズ・ディケンズ -


次ページへ続きます。
 

偉人の一覧(全151名)

【文学家】
シェイクスピア英語の名言) / ゲーテ英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド英語の名言) / マーク・トウェイン英語の名言) / ヘミングウェイ英語の名言) / トルストイ英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー英語の名言) / ドストエフスキー英語の名言) / サン=テグジュペリ英語の名言) / レイモンド・チャンドラー英語の名言) / カフカ英語の名言) / アガサ・クリスティ英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー英語の名言) / アルベール・カミュ英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ英語の名言) / ダンテ英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ英語の名言) / チャールズ・ディケンズ英語の名言) / ルイス・キャロル英語の名言) / ジョージ・エリオット英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル英語の名言) / オードリー・ヘップバーン英語の名言) / ウォルト・ディズニー英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー英語の名言) / チャップリン英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン英語の名言) / パブロ・ピカソ英語の名言) / ベートーヴェン英語の名言) / ゴッホ英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ英語の名言) / ボブ・マーリー英語の名言) / オプラ・ウィンフリー英語の名言) / マイケル・ジャクソン英語の名言) / ウディ・アレン英語の名言) / ボブ・ディラン英語の名言) / アンディ・ウォーホル英語の名言) / ミケランジェロ英語の名言) / モーツァルト英語の名言) / ジェームズ・ディーン英語の名言) / ブルース・リー英語の名言) / ロダン英語の名言) / マイルス・デイヴィス英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ英語の名言) / エルヴィス・プレスリー英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー英語の名言) / キング牧師英語の名言) / リンカーン英語の名言) / チャーチル英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン英語の名言) / ジョン・F・ケネディ英語の名言) / ネルソン・マンデラ英語の名言) / マーガレット・サッチャー英語の名言) / マルコムX英語の名言) / ジョージ・ワシントン英語の名言) / シャルル・ド・ゴール英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール英語の名言) / エレノア・ルーズベルト英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー英語の名言) / エジソン英語の名言) / ソクラテス英語の名言) / ニーチェ英語の名言) / ダーウィン英語の名言) / 孔子英語の名言) / ルソー英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ英語の名言) / ニュートン英語の名言) / アリストテレス英語の名言) / プラトン英語の名言) / エマーソン英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト英語の名言) / パスカル英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント英語の名言) / モンテスキュー英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル英語の名言) / エーリッヒ・フロム英語の名言) / デカルト英語の名言) / ジョン・ロック英語の名言) / ショーペンハウアー英語の名言) / ヴォルテール英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ英語の名言) / マルティン・ルター英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ英語の名言) / デール・カーネギー英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ英語の名言) / アンドリュー・カーネギー英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ英語の名言) / ペレ英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀 / 山本五十六

【その他】
アンネ・フランク英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃英語の名言


チャールズ・ディケンズの本・関連書籍



『クリスマス・キャロル』(チャールズ・ディケンズ)
クリスマス・イヴの夜、けちで気むずかしいスクルージの前に現れた3人の幽霊は、過去・現在・未来を見せてくれたのですが…。 19世紀イギリスの作家ディケンズによる古典的作品。



『オリヴァー・ツイスト』(チャールズ・ディケンズ)
孤児オリヴァー・ツイストは薄粥のお代わりを求めたために救貧院を追い出され、ユダヤ人フェイギンを頭領とする少年たちの窃盗団に引きずり込まれた。裕福で心優しい紳士ブラウンローに保護され、その純粋な心を励まされたが、ふたたびフェイギンやその仲間のサイクスの元に戻されてしまう。どんな運命がオリヴァーを待ち受けるのか、そして彼の出生の秘密とは。ディケンズ初期の代表作。



『大いなる遺産(上)』(チャールズ・ディケンズ)
テムズ河口の寒村で暮す少年ピップは、ある日大きな屋敷に連れて行かれる。女主人の婚礼で時が止まったままのその家では、昔日の花嫁と美少女エステラが奇妙な隠遁生活を送っていた。やがて莫大な財産を約束されたピップはロンドンに旅立つ…。 巨匠ディケンズの自伝的要素もふまえた最高傑作。



チャールズ・ディケンズの名言・言葉の一覧

No. チャールズ・ディケンズの名言一覧
1 わたしは心の中でクリスマスをたたえ、一年中その気持ちを失わないようにする。
2 生きている人間に魂がないことは、死人に魂がないことよりはるかに恐ろしい。
3 別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない。
4 この世に生きる価値のない人などいない。人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ。
5 誰もがたくさんもっている今の幸せに目を向けるのです。誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい。
6 病気や悲しみも人にうつるが、笑いと上機嫌ほどうつりやすいものはこの世にない。
7 愛する心は、真の知恵である。
8 あなたを見ていると幸せだ。あなたのことを考えていると一日中幸せだ。
9 悪い人々がいなければ、よい弁護士もいないだろう。
10 どんな規則正しい家庭でも事故は起こるもの。
11 偉大な人々でさえ貧しい親類がいることは、もの悲しい現実だ。
12 旅行者はその放浪によって、家庭のありがたさを学ぶ。
13 慈善を始めるのは家庭内から。そして正義は隣人から。
14 涙を流すことを恥と思う必要はまったくない。
15 いつもクリスマスが来ると、クリスマスは優しくて、寛容で、慈善的な良い時であると思う。一年という長い時期の中で唯一、男女が一つの同意の下に閉ざされた心を開き、自分より下の人間を、別の種族の生き物ではなく、あたかも墓場への旅の仲間であるかのように考える時なのである。
16 人生において我々が囚われている鎖は、我々が生み出したものに他ならない。
17 他人に費やされた日は、自分の日を浪費したことにならない。
18 頭の知恵もあり、心の知恵もある。
19 わたしは自由だけを求める。その蝶たちは自由である。
20 本の背やカバーの方がはるかに良くできた本がある。
21 今日できることを明日にしてはいけない。遅延は時間の泥棒だからだ。
22 人間の心の中には、振動させないほうがよい弦がある。
23 人生の危機において、ありのままの事実ほど強く、安全なものはない。
24 それは最良の時代でもあり、最悪の時代でもあった。
25 どんなことであっても特別な相手に隠しごとをすることは、私の性分ではない。私は心を開いた相手に対しては口を閉じていることができない。
26 太陽は昇ったばかりのときは弱々しいが、時間がたつにつれて力と勇気を増していく。
27 涙は肺を開き、顔を洗い、目を潤し、気分を和らげる。さあ、泣こう。
28 猫の愛より偉大なギフトがあろうか。
29 わたしは時間厳守、整理整頓、勤勉の習慣なくして、また、一時に一つのことに専念するとの決意なくしては、わたしのしてきたことを決して成し遂げられなかった。
30 このような朝には溺死も幸福で平和だ、とふとあなたは考えたことはなかったか。
31 心も身体同様、安楽を貪ってばかりいると、膿が溜まり病気になりやすいものだ。
32 決して頑固にならない心を持ち、決して飽きない気質を持ち、そして決して感情を害さない器用さを持て。
33 電気的な通信手段は、対面して勇敢で誠実であれと心から鼓舞する人の代わりを果たすことは決してないであろう。

This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.