英語の名言・格言【サルトル】




英語の名言・格言【サルトル】


Jean-Paul Sartre
サルトル(1905年~1980年)

フランスの哲学者、小説家、劇作家。主な著書は『存在と無』『嘔吐』など。

サルトルの日本語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1905年6月21日、ジャン=ポール・サルトルはパリに生まれる。

海軍将校であった父はサルトルが1歳のときに病死。サルトルは母方の祖父の家に引き取られる。ドイツ系の祖父はドイツ語の教授でもあり深い教養を備えていた。

サルトルは3歳のとき右目をほぼ失明。強度の斜視として生活を送ることになる。

ブルジョワ知識人階級の中で育ったサルトルは10歳のときにパリの名門アンリ4世校に入学。

母親の再婚にともない、12歳のときにラ・ロシェルの高等中学校に転校。サルトルは転校先でうまく溶け込むことができず、挫折の年月と述懐している。

15歳のときに再びアンリ4世校に転校し、17歳で高等師範学校準備学級に転籍。

1923年、18歳のときに同人雑誌に短編小説を発表。翌年に高等師範学校に入学。

1928年、23歳のサルトルはアグレガシオン(1級教員資格 / 哲学)試験に落第。しかし、翌年の試験では首席で合格した。

このころ、生涯の伴侶となるボーヴォワールと知り合い、24歳のときに2年間の契約結婚を結んだ。結婚関係を維持しつつお互いの自由恋愛を保障するなど前衛的なものであった。

1931年、26歳のときにル・アーヴルの高等中学校の哲学科で教師となる。1933年から1934年にかけてベルリンに留学し、現象学を学ぶ。

帰国後は教鞭を執る傍ら、執筆活動を行い、1938年に小説『嘔吐』を出版。

第二次世界大戦では兵役召集されるが、1940年に捕虜となり、翌年偽の身体障害証明書によって収容所を釈放される。

1943年、38歳のサルトルはドイツ軍占領中のフランスにおいて哲学的主著『存在と無』を出版。

政治的関心を強めていったサルトルは、1945年にボーヴォワールらと雑誌『レ・タン・モデルヌ』を発行。評論や小説、劇作を通じて、サルトルの実存主義は世界中を席巻することになる。

サルトルは徐々にマルクス主義に傾倒して、ソ連を擁護する姿勢を打ち出す。これがアルベール・カミュらとの決別の原因ともなった。

1964年、サルトルはノーベル文学賞に選出されたが、「作家は自分を生きた制度にすることを拒絶しなければならない」として受賞を辞退。

1973年に激しい発作に襲われ、さまざまな活動を制限することになる。この時期に両目とも失明。

1980年4月15日、ジャン=ポール・サルトルは肺水腫により死去。74年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


サルトル 英語の名言・格言集




サルトル 英語の名言


英語の名言・格言

 

Words are loaded pistols.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
言葉とは、弾丸が装填されたピストルである。


英語の名言・格言

 

When the rich wage war, it’s the poor who die.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
金持ちが戦争を起こし、貧乏人が死ぬ。


英語の名言・格言

 

Man is fully responsible for his nature and his choices.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
人は自らの本質と選択に全責任を負う。


英語の名言・格言

 

Everything has been figured out, except how to live.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
すべての答えは出ている。どう生きるかということを除いて。


英語の名言・格言

 

Commitment is an act, not a word.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
約束とは言葉ではない。行動なのだ。


英語の名言・格言

 

Man is condemned to be free; because once thrown into the world, he is responsible for everything he does.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
人は自由であることを運命づけられている。なぜなら、いったんこの世に投げ込まれると、人は自分の行動のすべてに責任を負わなければならないからだ。


英語の名言・格言

 

Hell is other people.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
地獄とは他人のことだ。


英語の名言・格言

 

A lost battle is a battle one thinks one has lost.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
敗戦とは、自分は負けてしまったと思う戦いのことである。


英語の名言・格言

 

Life has no meaning the moment you lose the illusion of being eternal.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
永遠であるという幻想が失われた時、人生は意味を持たなくなる。


英語の名言・格言

 

We do not judge the people we love.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
わたしたちは自分の愛する人を評価しない。


英語の名言・格言

 

If you are lonely when you’re alone, you are in bad company.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
一人でいるときに孤独を感じるのなら、あなたは悪い仲間と付き合っているということだ。


英語の名言・格言

 

Three o’clock is always too late or too early for anything you want to do.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
午後3時という時刻は、何をするにしても遅すぎるか、早すぎるのだ。


英語の名言・格言

 

Life begins on the other side of despair.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
人生は絶望の反対側で始まる。


英語の名言・格言

 

Like all dreamers, I mistook disenchantment for truth.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
すべての夢想家のように、わたしは幻覚を真実と間違えた。


英語の名言・格言

 

Existence precedes and rules essence.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
実在は本質に先立ち、それを規定する。


英語の名言・格言

 

Man is not the sum of what he has already, but rather the sum of what he does not yet have, of what he could have.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
人間は現在もっているものの総和ではなく、彼がまだもっていないもの、これからもちうるものの合計である。


英語の名言・格言

 

Che was the most complete human being of our age.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
チェ・ゲバラは20世紀で最も完璧な人間だ。


英語の名言・格言

 

Only the guy who isn’t rowing has time to rock the boat.

 

- Jean-Paul Sartre (サルトル) -

 
ボートを漕がない人間だけが、ボートを揺らして波風を立てる時間がある。


おわりです。

下に「偉人の一覧(全148名)」、「人気コンテンツ」、「サルトルの関連書籍」がございます。

癒しのガイド




★ おすすめ偉人の一覧

 
下の ” 「偉人の一覧」をチェック ” をクリックまたはタップすると偉人の一覧(全148名)が表示されます。

「偉人の一覧」をチェック


【文学家】
シェイクスピア (英語の名言) / ゲーテ (英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド (英語の名言) / マーク・トウェイン (英語の名言) / ヘミングウェイ (英語の名言) / トルストイ (英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー (英語の名言) / ドストエフスキー (英語の名言) / サン=テグジュペリ (英語の名言) / レイモンド・チャンドラー (英語の名言) / カフカ (英語の名言) / アガサ・クリスティ (英語の名言) / ヴィクトル・ユーゴー (英語の名言) / アルベール・カミュ (英語の名言) / スコット・フィッツジェラルド (英語の名言) / 魯迅 / マヤ・アンジェロウ (英語の名言) / ダンテ (英語の名言) / 吉川英治 / ヘルマン・ヘッセ (英語の名言) / チャールズ・ディケンズ (英語の名言) / ルイス・キャロル (英語の名言) / ジョージ・エリオット (英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル (英語の名言) / オードリー・ヘップバーン (英語の名言) / ウォルト・ディズニー (英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー (英語の名言) / チャップリン (英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン (英語の名言) / パブロ・ピカソ (英語の名言) / ベートーヴェン (英語の名言) / ゴッホ (英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ (英語の名言) / ボブ・マーリー (英語の名言) / オプラ・ウィンフリー (英語の名言) / マイケル・ジャクソン (英語の名言) / ウディ・アレン (英語の名言) / ボブ・ディラン (英語の名言) / アンディ・ウォーホル (英語の名言) / ミケランジェロ (英語の名言) / モーツァルト (英語の名言) / ジェームズ・ディーン (英語の名言) / ブルース・リー (英語の名言) / ロダン (英語の名言) / マイルス・デイヴィス (英語の名言) / スティーヴン・スピルバーグ (英語の名言) / エルヴィス・プレスリー (英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー (英語の名言) / キング牧師 (英語の名言) / リンカーン (英語の名言) / チャーチル (英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン (英語の名言) / ジョン・F・ケネディ (英語の名言) / ネルソン・マンデラ (英語の名言) / マーガレット・サッチャー (英語の名言) / マルコムX (英語の名言) / ジョージ・ワシントン (英語の名言) / シャルル・ド・ゴール (英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー (英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール (英語の名言) / エレノア・ルーズベルト (英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン (英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー (英語の名言) / エジソン (英語の名言) / ソクラテス (英語の名言) / ニーチェ (英語の名言) / ダーウィン (英語の名言) / 孔子 (英語の名言) / ルソー (英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ (英語の名言) / ニュートン (英語の名言) / アリストテレス (英語の名言) / プラトン (英語の名言) / エマーソン (英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト (英語の名言) / パスカル (英語の名言) / 老子 / 荘子 / カント (英語の名言) / モンテスキュー (英語の名言) / 湯川秀樹 / サルトル (英語の名言) / エーリッヒ・フロム (英語の名言) / デカルト (英語の名言) / ジョン・ロック (英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ (英語の名言) / マルティン・ルター (英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ (英語の名言) / デール・カーネギー (英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード (英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ (英語の名言) / アンドリュー・カーネギー (英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン (英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ (英語の名言) / ペレ (英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン (英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル (英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗 / 諸葛孔明 / 明智光秀

【その他】
アンネ・フランク (英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー / ダイアナ妃 (英語の名言



 

「癒しツアー」人気コンテンツのご案内!


他の元気になるコンテンツ紹介です。

JAZZ おすすめ名曲・名盤
自然の動画
人間関係の悩み・ストレス

   ページ先頭へ



サルトルの関連書籍

 



『嘔吐』(サルトル)
港町ブーヴィル。ロカンタンを突然襲う吐き気の意味とは…。一冊の日記に綴られた孤独な男のモノローグ。60年ぶり待望の新訳。存在の真実を探る冒険譚。



『存在と無(1)』(サルトル)
人間の意識の在り方(実存)を精緻に分析し、存在と無の弁証法を問い究めた、サルトルの哲学的主著。根源的な選択を見出すための実存的精神分析、人間の絶対的自由の提唱など、世界に与えた影響は計り知れない。フッサールの現象学的方法とハイデッガーの現存在分析のアプローチに依りながら、ヘーゲルの「即自」と「対自」を、事物の存在と意識の存在と解釈し、実存を捉える。20世紀フランス哲学の古典として、また、さまざまな現代思想の源流とも位置づけられる不朽の名著。



『サルトル 実存主義とは何か(100分 de 名著)』(海老坂武)
人間は自由に運命づけられている。1945年10月、サルトルがパリで行った講演と討論の記録『実存主義とは何か』。終戦による解放感と社会を覆う不安のなかで、哲学の枠を超えて熱狂的に支持された「実存の哲学」とはどんなものだったのか?代表作『嘔吐』『存在と無』なども参照しながら、現代的な視座からサルトルの思想を読み解く。

   ページ先頭へ




This entry was posted in 英語の名言・格言【学者・発明家の偉人】. Bookmark the permalink.