目標を追いかけても目的は忘れない



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。

人生の支えとなる名言をご紹介します。

おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド(見習い)


名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】


★ 癒しツアーの人気コンテンツ

英語の名言【短文】

スティーブ・ジョブズの名言

元気がでる名言

仕事の名言

人間関係の名言

人生の名言

元気がでる曲
自然の動画
おもしろい動画

今日の名言・格言

 

つねによい目的を見失わずに

努力を続ける限り、

最後には必ず救われる。

 

- ゲーテ -

(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749~1832) Wikipedia

 

名言の心

 

目的と目標の違いとは。

簡単にいうと、

目的は「なぜ、何のためにそれをするのか」

といった行動の理由であり、

目標は数字で表すことのできる

到着点でしょう。
 

本来、目標を立てる前には

目的があるはずです。

目的にたどり着くために

具体的な目標を設定する。
 

しかし目先の目標があれば、

目的を意識しなくても

仕事や勉強をすることはできます。

次第に当初の目的が忘れられ、

目標のみに目が向いてしまうことも

あるでしょう。
 

そして目標を達成することが

目的よりも優先されてしまう。
 

自分の行動に意義を見出さなければ、

利害得失で物事を判断するようになる。
 

そしてついに目標が達成されたとき、

うれしさはあるが、

同時に何か物足りなさを感じてしまう。

空しさを感じてしまう。
 

職場でも仕事の目的と具体的な目標が

示されるとおもいますが、

働くことの意味については

自分自身で見出すものでしょう。

 
今日の名言のように、

目的を明確に持っていれば、

目標やその手段も正しく選択することができ、

困難を乗り越える強い心も育っていくと

おもうのです。

 

一方、企業の目的について

ドラッカーは以下のように述べています。

 
「企業の目的は何か?

 利益は、目的ではなく手段である。

 企業とは社会のための道具であり、

 社会のための組織である。」

 
自分自身の目的とともに

心に留めておきたい言葉です。

 
癒しのガイド(見習い)

 

★ 「名言の心」関連ページ

名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】

仕事の悩み・ストレス

人間関係の悩み・ストレス

 

 

おすすめ音楽

どんなときも。 / J-POP(日本)

槇原敬之
「僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰かに聞かなきゃ不安になってしまうよ 旅立つ僕の為にちかったあの夢は 古ぼけた教室のすみにおきざりのまま あの泥だらけのスニーカーじゃ 追い越せないのは 電車でも時間でもなく 僕かもしれないけど」 現実の世界で悩み苦しみながらも自分の夢を追い続けるために自分らしく、そして強くあろうとする歌。いい曲です。
【おすすめ!】 ★★★







This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.