松下幸之助の名言・格言



page 5


名言・格言

 

無理に売るな。

客の好むものも売るな。

客のためになるものを売れ。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

時には常識や知識から開放され、

思いつきというものを

大切にしてみてはどうだろうか。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

「天は二物を与えず」と言うが、逆に

「なるほど、天は二物を与えないが、

しかし一物は与えてくれる」

ということが言えると思う。

その与えられた一つのものを、

大事にして育て上げることである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

せっかくの99パーセントの貴重な成果も、

残りの1パーセントの止(どど)めが

しっかりと刺されていなかったら、

それは初めからなきに等しい。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

どんなにいいことを説いても、

そのなすところがそれに反していたのでは、

十分な説得力は持ち得ない。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

悪い時が過ぎれば、よい時は必ず来る。

おしなべて、事を成す人は、

必ず時の来るのを待つ。

あせらずあわてず、静かに時の来るを待つ。

時を待つ心は、春を待つ桜の姿といえよう。

だが何もせずに待つ事は僥倖を待つに等しい。

静かに春を待つ桜は、

一瞬の休みもなく力を蓄えている。

たくわえられた力がなければ、

時が来ても事は成就しないであろう。

 

- 松下幸之助 -

 

【名言の心】
自分の努力が報われないと感じたとき


名言・格言

 

どんな賢人でも、

その人ひとりの知恵には限りがあって、

だから自分の知恵、

才覚だけで事を運べば、

考えがかたくなになる。

視野が狭くなる。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

よく人の意見を聞く、

これは経営者の第一条件です。

私は学問のある他人が全部、

私より良く見え、

どんな話でも素直に耳を傾け、

自分自身に吸収しようと努めました。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

一方はこれで十分だと考えるが、

もう一方はまだ足りないかもしれないと考える。

そうしたいわば紙一枚の差が、

大きな成果の違いを生む。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

何としても二階に上がりたい、

どうしても二階に上がろう。

この熱意がハシゴを思いつかせ、

階段を作りあげる。

上がっても上がらなくてもと

考えている人の頭からは、

ハシゴは生まれない。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

逆境もよし、順境もよし。

要はその与えられた境遇を

素直に生き抜くことである。

 

- 松下幸之助 -


名言・格言

 

昨日の考えは、

今日は一新されていなければならないし、

今日のやり方は、

明日にはもう一変していなければならない。

 

- 松下幸之助 -



次ページへ続きます。
 

spacer_3