人生が修行なら自分を見失うこともない



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。

人生の支えとなる名言をご紹介します。

おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド(見習い)


名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】


★ 癒しツアーの人気コンテンツ

英語の名言【短文】

スティーブ・ジョブズの名言

元気がでる名言

仕事の名言

人間関係の名言

人生の名言

心にしみる曲
自然の動画
人間関係の悩み・ストレス

今日の名言・格言

 

何事も修行とおもひする人は

身のくるしみはきえはつるなり

 

- 至道無難 -

(江戸時代前期の臨済宗の僧 / 1603~1676)

 

名言の心

 

失敗したり

自分の思い通りにならなかったとき、

「どうしてあんな失敗をしてしまったんだ」

「こんなこともできないなんて情けない。

 恥ずかしい」

と失敗そのものよりも

自分に対してネガティブな

気持ちになってしまうことがあります。

 
そんなときにこの名言は、

ネガティブな感情をリセットし、

前向きな心にさせてくれます。

 
人は、自分が理想とするものや

自身の期待に自分が達していないと

おもったとき、

自分を情けなく感じたり、

恥ずかしいと感じたりするのだとおもいます。

 
理想を持ち、自分に期待することは、

成長の原動力にもなり大切なことです。

でも常に自分が思い描いたとおりに

なるとは限らず、

そのことで落ち込むこともあります。

 
しかし、

自分を『修行の身』であると考えれば、

まだまだ自分は学びの段階であり、

失敗したり思い通りにいかないことが

あたりまえ。
 

そのように考えれば、

自然と謙虚な姿勢でものごとを見ることが

できるようになります。
 

失敗した自分に対して

「なんでそんなこともできないんだ」

と思うこと自体がおごりであると考え、

「自分もまだまだ修行が足りないなあ」

と素直に今の自分の状態を受け入れる。

 
そうすることで心が軽くなり、

いつまでも過去の自分にとらわれなくなる。

 
わたしの少ない経験のなかでも、

大きな問題というのは

「修行が足りないなあ」

と感じているときよりも、

順調にものごとがすすみ、

自分の気持ちも大きくなっているときに

起きやすいもの。
 

ですので、

わたしもおごりの気持ちが出てきたと

感じたときには、

「まずい、まずい。謙虚、謙虚」

と自分自身に

いいきかせるようにしています。
 

もし『生涯が修行である』

と考えることができれば、

よいときもわるいときも

自分を見失うことなく、

常に前向きな心で人生を歩むことが

できるのではないでしょうか。

 
癒しのガイド(見習い)

 

★ 「名言の心」関連ページ

名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】

仕事の悩み・ストレス

人間関係の悩み・ストレス

 

 

おすすめ音楽

Today My Life Begins / ポップ(アメリカ)

Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)
歌詞 (一部和訳)
「今までずっと必死に努力してきたんだ 苦しいことが僕の唯一の友達のようにさ 僕の傷きやすい心はもうズタズタで もう元には戻れないんじゃないかと思っていたんだ でも時間が経てば季節はめぐるようにさ 自分の周りで何かが変わり始めてるって感じることができるようになったんだ これまでの思い込みは捨ててみるよ そしたら幸せになれるはずさ 過去のことは捨て去り 今日僕の人生は始まるんだ 目の前には新しい世界が待ってるんだ 今日ここで決めるよ 人生はこれからだ」 希望にあふれ、勇気がわいてくる曲です!
【おすすめ!】 ★★★








This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.