失敗を恐れない心の受身を身につける



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。

人生の支えとなる名言をご紹介します。

おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド(見習い)


名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】


★ 癒しツアーの人気コンテンツ

英語の名言【短文】

スティーブ・ジョブズの名言

元気がでる名言

仕事の名言

人間関係の名言

人生の名言

心にしみる曲
自然の動画
おもしろい動画

今日の名言・格言

 

柔道の基本は受身

受身とは投げ飛ばされる練習

人の前で叩きつけられる練習

人の前でころぶ練習

人の前で負ける練習です。

 

- 相田みつを -

(日本の詩人、書家 / 1924~1991) Wikipedia

 

名言の心

 

よくプロの野球選手でも

3回に1回のヒットが打てれば一流

という話を聞きます。

あのイチロー選手でも

一年を通じての打率が

4割を超えたことはありません。
 

どんなに優秀なプレイヤーであっても

成功より失敗の数のほうが多い。
 

それは他の世界でも同じことであり、

そのことを理解することが

必要以上に失敗を恐れないための

秘訣なのでしょう。
 

必ず失敗をする。

だから、自分の失敗を認めないために

エネルギーを費やすよりも、

失敗を受け入れ、失敗から学ぶことで

次の挑戦へのエネルギーに変えていく。
 

初めは4回に1回のヒットでも、

失敗から何かを学び、

努力を続けられれば必ずヒットも増えるはず。
 

あたらしいことに挑戦するときにも、

トライアル・アンド・エラーが有効でしょう。

試して失敗することを繰り返すなかで

目指すものに近づけていく。

そこでは失敗の数が成功へのカギとなる。
 

今日の名言のように、

柔道でも受身が上達し、身体的ダメージを

軽減することができるようになると、

投げられることへの恐怖心が薄れていくもの。

ちょっとしたことで怪我をすることも

少なくなるでしょう。
 

同じように、

もし失敗して投げられるような思いをしても、

心を硬直させてしまわないことが

精神的ダメージを軽減するためには

大切なことです。
 

そのためには、

失敗は誰もがするものであり、

また失敗こそが成長には不可欠であると、

失敗を肯定的に受け入れていくことが

必要なのでしょう。

 
癒しのガイド(見習い)

 

★ 「名言の心」関連ページ

名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】

仕事の悩み・ストレス

人間関係の悩み・ストレス

 

 

おすすめ音楽

Lonely / R&B(アメリカ)

Akon (エイコン)
「とっても寂しいよ 僕はミスター・ロンリー 僕には誰もいない 誰か電話で話せる人がいたらいいのに / 真夜中に目が覚めて彼女が側にいないことに気づいたんだ 夢かと思ったよ 彼女が恋しくてたまらなかった それでドライブに出たのさ この数年を思い返しながら どうしてこうなってしまったのか分かろうとした だって彼女がいなくなってから俺の人生はボロボロだから」60年代にヒットしたボビー・ヴィントンのミスター・ロンリーをサンプリング。
【おすすめ!】 ★★







This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.