プライドを捨てて自分の殻を破る



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。
人生の支えとなる名言をご紹介します。
おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド

最近人気のあるコンテンツです。
英語の名言・格言【短文】
JAZZ おすすめ名曲・名盤
名言の心 【TOP 50】

元気がでる曲
星・宇宙の動画
人間関係の悩み・ストレス

今日の名言・格言

 

危険を冒して前へ進もうとしない人、

未知の世界を旅しようとしない人には、

人生は、ごくわずかな景色しか見せてくれないんだよ。

 

- シドニー・ポワチエ -

 

名言の心

 

職場でも先輩や上司などに

積極的に教えを乞う方がいらっしゃいます。

自分で勉強することも怠りませんが

わからないことがあると

専門知識や経験の豊富な方に会いにいく。

 
ときどき「自分で調べろ!」と

叱られている姿も目にしますが

あまり落ち込む様子もなく

「すみません。勉強してきます」

とあかるく謝っている。

いわゆる憎めないタイプの方です。
 

一方、だれかに教えてもらうことを嫌ったり、

ためらう方もいらっしゃいます。

その理由として、

頭を下げてお願いするのが苦手だったり、

叱られることに大きなストレスを感じることもあるでしょう。
 

もしかすると自分のプライドが

他人との積極的なかかわりを邪魔しているのかもしれません。

 
積極的に教えを乞う前者の方と

プライドが邪魔してしまう後者の方の違いは何でしょうか?

 
前者の方は自分を信じるひと。

自分を信じているから

丸腰で相手の懐に飛び込むことができる。
 

後者も同じように自分に自信を持っている。

でもその自信が他人からの干渉を排除しようとする。

頭を下げたり、叱られることは、

自尊心が傷つくように感じてしまう。

 

今日の名言のように

あたらしい世界を経験したり

もっと視野をひろげたいとおもうのなら、

自分の慣れ親しんだ安全な場所から

離れてみる必要があるでしょう。

 
そこでは自分の知識や経験も役に立たず、

だれかに助けを乞わなければいけないかもしれません。

 
もしプライドという自分の殻が

未知の世界への冒険を邪魔するのであれば

そのプライドも捨てなければいけません。
 

それは自信を失うことではなく

何も持っていない自分をも信じてあげること。
 

その場所から一歩踏み出すために。

 

 




 

おすすめ音楽

Burn / R&B(アメリカ)

Usher (アッシャー)
歌詞 (一部和訳)
「ねえ君はどうしてか分かるかい これを続けてしまえば火傷してしまう これは僕がしなければいけないことだって分かるけど でもそれは僕がそうしたいって意味じゃないんだよ 僕が言おうとしてるのは”君を愛してる”ただそれだけなんだ でももう終わる予感がするんだ それにしがみついて君を傷つけてしまうより 終わらせたほうがいいと思うんだ 燃えつきさせるべきなんだよ これを言うと自分自身が傷つくだろう でも正直な気持ちなんだ 長い間一緒に歩んできたけど もうだめになったんだ この状況をなんとかしたいけど君が自分を変えるとは思えないよ 僕は変われるけど君にはムリさ だからお互い別々の道を歩むのが一番いいんだ」 せつない失恋の歌。
【おすすめ!】 ★★







This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , . Bookmark the permalink.