芥川龍之介の名言・格言



芥川龍之介の名言(3)


名言・格言

 

強者は道徳を蹂躙するであろう。

弱者はまた道徳に愛撫されるであろう。

道徳の迫害を受けるものは、

常に強弱の中間者である。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

好人物は何よりも先に、

天上の神に似たものである。

第一に、歓喜を語るに良い。

第二に、不平を訴えるのに良い。

第三に、いてもいなくても良い。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

女人は我々男子には

正に人生そのものである。

即ち諸悪の根源である。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

人生は一箱のマッチに似ている。

重大に扱うのはばかばかしい。

重大に扱わねば危険である。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

僕等の性格は不思議にも

たいてい頸(くび)すじに現れている。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

あなた方のお母さんを

慈しみ愛しなさい。

でもその母への愛ゆえに、

自分の意志を曲げてはいけない。

そうすることが後に、

あなた方のお母さんを

幸せにすることなのだから。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

我々はあらゆる女人の中に

多少のマリアを感じるであろう。

同時に又あらゆる男子の中にも –。

いや、我々は炉に燃える火や

畠の野菜や素焼きの瓶や

厳畳に出来た腰かけの中にも

多少のマリアを感じるであろう。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

完全に自己を告白することは、

何びとにも出来ることではない。

同時にまた、

自己を告白せずには

如何なる表現も出来るものではない。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

文を作るのに欠くべからざるものは、

何よりも創作的情熱である。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

人生の競技場に

踏みとどまりたいと思ふものは、

創痍を恐れずに闘はなければならぬ。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

我々に武器を執らしめるものは、

いつも敵に対する恐怖である。

しかもしばしば実在しない

架空の敵に対する恐怖である。

 

- 芥川龍之介 -


名言・格言

 

僕は芸術的良心を始め、

どういう良心も持っていない。

僕の持っているのは神経だけである。

 

- 芥川龍之介 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.