ニーチェの名言・格言



ニーチェの名言(2)


名言・格言

 

自分を破壊する一歩手前の負荷が、

自分を強くしてくれる。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

経験は、経験に対する欲望のように

消えることはない。

私たちは経験を積む間は、

自らを探求しようとしてはいけない。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

善にも強ければ、

悪にも強いというのが、

もっとも強力な力である。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

およそこの世の中で、

怒りという激情ほど、

男性の精カをあれっと思うほど急速に

消耗させるものはない。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

事実というものは存在しない。

存在するのは解釈だけである。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

友への同情は、

堅い殻の下にひそんでいるのがいい。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

独創的

– 何か新しいものを初めて観察することではなく、

古いもの、古くから知られていたもの、

あるいは誰の目にもふれていたが

見逃されていたものを、

新しいもののように観察することが、

真に独創的な頭脳の証拠である。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

一段深く考える人は、

自分がどんな行動をしどんな判断をしようと、

いつも間違っているということを知っている。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

真実の山では、

登って無駄に終わることは決してない。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

轢かれる危険が最も多いのは、

ちょうど一つの車を避けた時である。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

いったん選んだ道に関して頑張る人は多い。

目標に関してそうする人は少ない。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

どちらも相手を通して、

自分個人の目標を何か

達成しようとするような夫婦関係はうまくいく。

例えば妻が夫によって有名になろうとし、

夫が妻を通して

愛されようとするような場合である。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

考え過ぎたことは

すべて問題になる。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

悪意というものは、

他人の苦痛自体を目的とするものにあらずして、

われわれ自身の享楽を目的とする。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

いつまでもただの弟子でいるのは、

師に報いる道ではない。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

愛されたいという要求は、

自惚れの最たるものである。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

到達された自由のしるしは何か?

– もはや自分自身に対して恥じないこと。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

半可通は全知よりも圧倒的勝利を博する。

それは物事を実際よりも単純に理解し、

そのために彼の意見の方が分かりやすい

説得力のあるものとなる。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

われわれは、批評せずには

生きていられないが、

自分の批評を批評せずとも

生きていられる。

 

- ニーチェ -


名言・格言

 

われわれに関する他人の悪評は、

しばしば本当は我々に当てられているのではなく、

まったく別の理由から出る腹立ちや

不機嫌の表明なのである。

 

- ニーチェ -



次ページへ続きます。