自然のリズムが心に活力を



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。

人生の支えとなる名言をご紹介します。

おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド(見習い)


名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】


★ 癒しツアーの人気コンテンツ

英語の名言【短文】

スティーブ・ジョブズの名言

元気がでる名言

仕事の名言

人間関係の名言

人生の名言

元気がでる曲
自然の動画
人間関係の悩み・ストレス

今日の名言・格言

 

テンポがくずれ、

音のバランスが狂うと、

甘い音楽も不快なもの。

人の暮らしも同じなんだ。

 

- シェイクスピア -

(英国の劇作家、詩人 / 1564~1616) Wikipedia

 

名言の心

 

最近、普段はあまり気にすることのない

騒音について考えることがありました。

わたしが持っているスニーカー。

歩くと「キュッ、キュッ」と

音を鳴らすものがあります。

もちろんそのような機能が

備わっているのではなく、

靴底のゴムの質が悪いのか

地面との摩擦によって音を発するようです。
 

普段はおもしろい靴だとおもいながら、

あまりに気にせずに散歩用として履いています。
 

先日、夜中に

買い物にいかなければならない用事があり、

徒歩15分程度のスーパーまで

そのスニーカーを履いて行きました。
 

もしかしたらハロウィンの楽しい

飾りつけをしている家があるかもとおもい、

大通りではなく住宅街を歩きました。
 

するとあのスニーカーの「キュッ、キュッ」の

音がいつもより大きく聞こえる。

静まりかえる住宅地に

「キュッキュッ、キュッキュッ」

鳴り響いている。

おそらく20mほどの距離であれば

十分聞こえる音量です。
 

それは虫の鳴き声のように

やさしい音色ではなく、

すこし不快に感じるであろう音。

スニーカーへの体重の乗せ方や

歩き方を変えながら、

その音を小さくしようと試みましたが

効果もありません。
 

ようやくスーパーが近づき、

ハロウィンの飾りつけをみつける余裕も

ないまま住宅街から大通りに出たとき、

これまでうるさかった「キュッ、キュッ」の

音が聞こえなくなった。

「あれっ」とおもいましたが、

目の前を走る車の騒音に

かき消されてしまったようです。
 

こんなにも車の発する音は大きいのかと

びっくりし、

この騒音の中でわたしたちは

生活していることを実感しました。

 
普段、それほど騒音を意識しないのは、

無意識のなかで

不快感を起こさせる音を聞かないように

努力しているからでしょう。

 
車がスニーカーの音をかき消したように、

わたしたちも車の騒音を意識から消している。

でも、その無意識の努力が

知らぬ間に疲れを生じさせてしまう。
 

都会に限らず、

人の集まる場所は騒音にさらされています。
 

今日の名言では、音楽でも生活でも

テンポやバランスの崩れが不快感を引き起こすと。
 

長い年月をかけて自然のテンポに適応して

生きてきたわたしたち人間にとって、

その心地よいテンポとは、

きっとゆったりと深く落ちついたもの。
 

いま、わたしたちは騒音にかこまれ、

常に時間に追われるような生活を続けています。

神経をすり減らしてしまうのは

当然のことでしょう。

 
ひとときでも一人の静かな時間をもったり、

自然に触れるということは、

心をおだやかにし、

心の活力を取り戻すためにも

必要なことなのでしょう。

 
癒しのガイド(見習い)

 

★ 「名言の心」関連ページ

名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】

仕事の悩み・ストレス

人間関係の悩み・ストレス

 

 

おすすめ音楽

Slow Me Down / ポップ(アメリカ)

Emmy Rossum (エミー・ロッサム)
歌詞 (一部和訳)
「サークルの中で急いで、競争して、走っている 動きが速すぎて 目的も忘れている かすんで見える往来も私を回転させる どこにもたどり着けないの 頭と心が衝突して混沌としている 世界のペースをただ止められたら / 私はばらばらになっている だれか助けて わたしの手を取って そして導いて スローダウンさせて 愛を失わないように どうすればいいのか教えて だってもうだめなの スローダウンさせて 嘘の世界で生きたくないの」 透き通るような歌声。うつくしいコーラスで都会的な早いテンポと自然のゆったりとしたスピードを表現。
【おすすめ!】 ★★







This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , . Bookmark the permalink.