エーリッヒ・フロムの名言・格言




エーリッヒ・フロムの名言・格言


エーリッヒ・フロム(1900年~1980年)

ドイツの社会心理学、精神分析、哲学の研究者。主な著書は『自由からの逃走』『愛するということ』など。

エーリッヒ・フロムの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1900年3月23日、フランクフルトに住むユダヤ教正統派の両親の間に生まれる。エーリッヒに兄弟はなく一人っ子として育った。

エーリッヒは18歳のときにフランクフルト大学に入学。翌年にはハイデルベルク大学に移り、社会学・心理学・哲学を学ぶ。22歳で社会学の博士号を取得。

エーリッヒは26歳のときに結婚。二人は1942年に離婚している。

1931年、31歳のエーリッヒ・フロムはフランクフルト大学の精神分析研究所で講師となる。

1933年にドイツでナチスが政権を掌握すると、エーリッヒ・フロムはスイス・ジュネーヴに移り、1934年にアメリカへ移住。

エーリッヒ・フロムはニューヨークのコロンビア大学で教えた後、バーモント州ベニントンなどの大学で教鞭をとった。

1949年にメキシコシティに移ったエーリッヒ・フロムは1965年までメキシコ国立自治大学、1974年までメキシコ心理分析研究所で教えた。

また並行してミシガン州立大学、ニューヨーク大学で心理学の教授も務めた。

1980年3月18日、エーリッヒ・フロムはスイスの自宅で死去、79年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

エーリッヒ・フロムの名言・格言集




エーリッヒ・フロムの名言(1)


名言・格言

 

愛は技術だろうか。

技術だとしたら、

知識と努力が必要だ。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

自分に与えなければならない課題とは、

安心感を抱くことではなく、

不安定な状況にも

耐えられるようになることである。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

一人でいられる能力こそ、

愛する能力の前提条件なのだ。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

人生にはただ一つの意味しかない。

それは生きるという行為そのものである。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

権力欲は強さでなく

弱さに根ざしている。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

失敗する自由がなければ、

本当の自由があるとはいえない。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

過去の危険は

人間が奴隷になることだった。

未来の危険は

人間がロボットになるかもしれないことだ。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

自分の役に立たないものを

愛する時にはじめて、

愛は開花する。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

母の愛は安らぎである。

それは獲得する必要がなく、

受け取る資格も問われない。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

未熟な愛は言う、

「愛してるよ、君が必要だから」と。

成熟した愛は言う、

「君が必要だよ、愛してるから」と。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

たくさん持っている人が豊かなのではなく、

たくさん与える人が豊かなのだ。

 

- エーリッヒ・フロム -


名言・格言

 

愛においては、

二人が一人になり、

しかも二人でありつづけるという

パラドックスが起きる。

 

- エーリッヒ・フロム -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.