落合博満の名言・格言






落合博満(1953年~)

日本の元プロ野球選手、プロ野球監督。史上初の三冠王3度達成。

落合博満 おすすめ書籍


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1953年、現在の秋田県男鹿市にて7人兄弟の末っ子として生まれる。幼少の頃に、巨人の長嶋茂雄王貞治に憧れて野球を始める。一方で映画も大好きで、中学・高校時代は、年間100本もの映画を観賞した。

1969年に秋田工業高校に進学。野球部に在籍するも映画館にいる時間の方が長かった。高校では、退部と復帰を繰り返しながら、ほとんど練習をせずに4番打者として試合に出場。

1972年、東洋大学に進学。しかし、体育会系の慣習に納得できず、半年で野球部を退部、大学も中退する。その後、地元でボウリング場のアルバイトをしながらプロボウラーを志す。しかし、プロテスト当日にスピード違反で捕まり、反則金を支払ったことで受験料が払えず挫折。

1974年、高校時代の恩師の勧めにより東京芝浦電気に入社。社会人野球チーム・東芝府中に加わる。5年間で約70本塁打を放つなど頭角を現し、アマチュア野球全日本代表にも選出される。

1978年、25歳のときにドラフト会議でロッテに3位指名されて入団。1980年にレギュラーの座を掴む。翌年に初出場を果たしたオールスターゲームでは4番打者で起用。同年、首位打者のタイトルも獲得した。

1982年に史上最年少(28歳)で初の三冠王に輝く。1985年、1986年は2年連続での三冠王を獲得。1986年のシーズン終了後、中日ドラゴンズに移籍。日本人初の年俸1億円プレーヤーとなる。1994年から巨人に移籍、長嶋監督率いるチームの2度のリーグ優勝に4番打者として貢献した。1995年に2000本安打を達成。

1997年に日本ハムに移籍。しかし、年齢から来る衰えが顕著になり、1998年のシーズン終了後に現役引退。引退後は解説者として活動する。2004年に中日の監督に就任。1年目にしてリーグ優勝を達成。2006年、2010年、2011年もリーグ優勝、2007年は日本一を果たしている。2011年の日本シリーズ後に監督退任。その後は、テレビ中継解説などで活躍している。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

落合博満の名言・格言集




落合博満の名言(1)


名言・格言

 

自分は頭を下げないと

生活できないと思っているから、

媚も売るし、

喧嘩もできないんだ。

人間、自分に自信があれば

喧嘩もするのよ。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

信じて投げて打たれるのはいい。

信じて投げて打たれたのなら、

それは結果。

一番いけないのは、やる前から

打たれたらどうしようと考えること。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

いいんじゃない、

うんと苦しめば。

そんな簡単な世界じゃないよ。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

良い時も、悪い時も

同じ態度で接してくれた人だけ

信じられんだ、

そういう人と一生つきあっていきたい。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

最も厄介なのは、言葉は悪いが、

感覚や時の勢いだけで物事に取り組む人だ。

そんな勢いは決して

長続きしないことを覚えていてほしい。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

「まあ、しょうがない」と思うだけでは、

しょうがないだけの選手で終わってしまう。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

素振りを1本でも多くやったヤツが、

勝つ世界。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

働き場を与えれば、

人は動く。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

何でもできる人はいない。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

40本塁打してくれる大砲が貴重な戦力なら、

送りバントを100パーセント決めてくれる選手も

大切な戦力だ。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

はじめにマイナス思考で

最悪の結果を想定し、

そうならないような計画を立ててから

組織や集団を動かす。

そして、全体の流れが軌道に乗ってきたと見るや、

プラス思考に転じて攻めて行く。

 

- 落合博満 -


名言・格言

 

どうやってこのチームを、

強くするしか考えていない。

預かった以上は、

俺のやり方でやる。

周囲の声は、俺には関係ない。

 

- 落合博満 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.