トルストイの名言・格言




トルストイの名言・格言


レフ・トルストイ(1828年~1910年)

ロシアの小説家、思想家。ドストエフスキー、イワン・ツルゲーネフと並び、ロシアを代表する文豪。

トルストイの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1828年、モスクワの165km南に位置するトゥーラ郊外のヤースナヤ・ポリャーナにて、伯爵家の四男として生まれる。

祖先は由緒ある貴族で富裕な家庭であったが、幼くして両親をなくし、親戚に育てられる。1844年、大学に入学するも成績がふるわず中退。このころフランスの哲学者ルソーの本を愛読し、生涯その影響を受けた。

1847年、広大な領地を相続したトルストイは農地経営を始め、農民の生活改善を目指すも農民に理解されず失敗。モスクワで放蕩生活を送ったのち、1851年にコーカサス戦争の砲兵旅団に志願して編入される。1853年のクリミア戦争では将校として従軍。このときの体験が後に非暴力主義を展開する素地となる。

1852年24歳のときに執筆した『幼年時代』が雑誌に発表され、新進作家として注目を集める。退役後は、教育問題に関心を持ち、ヨーロッパへ視察旅行を行なうが、パリ滞在中に公開処刑を目撃して物質文明に失望する。

帰国後、1861年の農奴解放令に先立って独自の農奴解放を試みる。1859年には領地に学校を設立し、農民の子弟の教育にもあたる。強制を排し、自主性を重んずる教育方針であった。

34歳のときに、18歳のソフィアと結婚。9男3女が生まれた。幸福な結婚生活の中で世界文学史上に残る傑作が書かれる。これらの作品では、自らの生きた社会を現実感をもって描写するという、写実主義の手法を用いた。トルストイは社会事業にも熱心で、自らの莫大な財産を用いて、貧困層へのさまざまな援助を行った。

しかし、代表作『アンナ・カレーニナ』を書き終える頃から人生の無意味さに苦しみ、自殺を考えるようになる。次第に宗教や民衆の素朴な生き方にひかれ、原始キリスト教的な独自の教義を作り上げる。以後作家の立場を捨て、その教義を広める思想家・説教者として活動。

トルストイは、民衆を圧迫する政府も非難し、国家を否定したが、反政府運動であっても暴力は認めなかった。自身の生活も簡素にし、農作業にも従事。さらに印税や地代を拒否しようとして、家族と対立。1884年には最初の家出を試みた。

1904年の日露戦争における暴力行為に対しても非暴力の立場から批判。また、非暴力・不服従で英国からの独立運動を指揮したガンディーとも文通している。

1910年、夫人との長年の不和に悩んでいたトルストイは、再び家出を決行するが、鉄道で移動中に悪寒を感じて途中下車、1週間後、駅長官舎で肺炎により死去(82歳没)。葬儀には1万人を超える参列者があった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

トルストイの名言・格言集




トルストイの名言(1)


名言・格言

 

逆境が

人格を作る。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

汝の心に教えよ、

心に学ぶな。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

学問のある人とは、

本を読んで多くのことを知っている人である。

教養のある人とは、

その時代に最も広がっている知識やマナーを

すっかり心得ている人である。

そして有徳の人とは、

自分の人生の意義を理解している人である。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

幸福は、己れ自ら作るものであって、

それ以外の幸福はない。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

慈善は、それが犠牲である場合のみ

慈善である。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

人間にとって最高の幸福は、

一年の終わりにおける自己を、

その一年の始めにおける自己よりも、

遥かに良くなったと感ずることである。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

悔恨がないのは、

前進がないからである。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

謙虚な人は誰からも好かれる。

それなのにどうして

謙虚な人になろうとしないのだろうか。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

わたしたちは

踏みなれた生活の軌道から放りだされると、

もうだめだ、と思います。

が、実際はそこに、

ようやく新しいものが始まるのです。

生命のある間は幸福があります。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

強い人々は、

いつも気取らない。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

孤独なとき、

人間はまことの自分自身を感じる。

 

- トルストイ -


名言・格言

 

愛とは、大勢の中から

たった一人の男なり女なりを選んで、

ほかの者を決して顧みないことです。

 

- トルストイ -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.