ナポレオン・ボナパルトの名言・格言




ナポレオン・ボナパルトの名言・格言


ナポレオン・ボナパルト(1769年~1821年)

フランスの軍人、政治家、フランス第一帝政の皇帝。英国を除くヨーロッパの大半を勢力下に置くが、最終的に敗北し失脚した。

ナポレオン・ボナパルトの英語の名言へ


【 概略 】 ⇒ 名言へスキップ

1769年、コルシカ島に生まれる。1779年にフランス本土の陸軍幼年学校、1784年にパリの陸軍士官学校に入学。士官学校では、砲兵科を専攻。通常の在籍期間が4年程度のところを、わずか11か月で卒業。1785年に砲兵士官として任官。

1789年、フランス革命が勃発。これにより絶対王政が倒れ、フランスは立憲王政から共和制へと展開。1794年のテルミドールのクーデターによりこの市民革命は終わりを告げる。

オーストリアによるフランス革命への干渉を契機として開始されたフランス革命戦争が欧州各国に拡大していく中、ナポレオンは、1796年にイタリア方面軍の司令官に抜擢される。ナポレオン軍は連戦連勝し、フランスはイタリア北部に広大な領土を獲得して、膨大な戦利品を得る。英雄ナポレオンは熱狂的な歓迎をもって市民に迎えられる。

1798年、英印交易の中継地点であったエジプトを押さえるためにナポレオン軍はエジプトに上陸して勝利。しかし、その直後にネルソン率いる英国艦隊にフランス艦隊が大敗し、ナポレオン軍はエジプトに孤立。1799年、オーストリアにイタリアを奪還されるとナポレオンは単身フランスに帰国。歓喜をもって迎えたナポレオンはクーデターにより統領政府を樹立し、独裁権を握った。

ナポレオンはイタリアの再獲得を目指し、アルプス山脈を越えて北イタリアに入る奇襲策を取り、オーストリア軍に勝利。英国とは講和が成立。国内の法整備にも取り組み、1804年にはナポレオン法典を公布。これは「万人の法の前の平等」「信教の自由」「経済活動の自由」等の近代的な価値観を取り入れた画期的なものであった。

1804年、ナポレオンは即位式を行い、皇帝に就任する。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ナポレオン・ボナパルトの名言・格言集




ナポレオン・ボナパルトの名言(1)


名言・格言

 

お前がいつの日か出会う禍は、

お前がおろそかにしたある時間の報いだ。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

じっくり考えろ。

しかし、行動する時が来たなら、

考えるのをやめて、

進め。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

人生という試合で最も重要なのは、

休憩時間の得点である。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

戦術とは、

一点に全ての力をふるうことである。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

リーダーとは

「希望を配る人」のことだ。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

一頭の狼に率いられた

百頭の羊の群れは、

一頭の羊に率いられた

百頭の狼の群れにまさる。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

会議を重ねすぎると、

いつの時代にも起こったことが起こる。

すなわち、ついには最悪の策が

採られるということである。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

最悪の策とは、

ほとんど常に、

もっとも臆病な策である。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

勝利は、

わが迅速果敢な行動にあり。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

勝利は、

もっとも忍耐強い人にもたらされる。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

不可能は、

小心者の幻影であり、

権力者の無能の証であり、

卑怯者の避難所である。

 

- ナポレオン・ボナパルト -


名言・格言

 

有能の士は、

どんな足枷をはめられていようとも

飛躍する。

 

- ナポレオン・ボナパルト -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 武将・軍人の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.