太宰治の名言・格言




太宰治の名言・格言


太宰治(1909年~1948年)

日本の小説家。主な作品に『走れメロス』『お伽草紙』『斜陽』『人間失格』などがある。

太宰治の関連書籍


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1909年、青森県北津軽郡の大地主の六男として生まれる。父は、衆議院議員などを務めた地元名士で多忙であり、母は病弱だったため乳母らによって育てられた。

17歳のときに『最後の太閤』を書き、作家を志望するようになる。1930年、フランス文学に憧れて東京帝国大学文学部仏文学科に入学。しかし、高水準の講義内容が理解できなかったうえ、マルクス主義に傾倒して共産主義活動に没頭したため、講義にはほとんど出席しなかった。また、小説家になるために井伏鱒二に弟子入り。大学は留年を繰り返し、授業料未納で除籍となった。

1935年、『逆行』を発表。この作品は、第一回芥川賞候補となったが落選。選考委員の川端康成から「作者、目下の生活に厭な雲あり」と私生活を評され、「小鳥を飼い、舞踏を見るのがそんなに立派な生活なのか」と反撃した。

学生時代から4回の自殺未遂をしたのち、1938年、井伏鱒二の仲人で結婚。甲府市で生活し、精神的にも安定。『富嶽百景』『走れメロス』などの短編を発表する。戦時下も『津軽』『お伽草紙』などの創作活動を行なう。1947年に発表した長編小説『斜陽』が評判を呼び、流行作家となる。

その後、『人間失格』『桜桃』などを書きあげたのち、1948年に玉川上水で愛人と入水自殺、帰らぬ人となった。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

太宰治の名言・格言集




太宰治の名言(1)


名言・格言

 

人間は、しばしば希望にあざむかれるが、

しかし、また、

「絶望」という観念にも

同様にあざむかれる事がある。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

人間のプライドの究極の立脚点は、

あれにも、これにも

死ぬほど苦しんだ事があります、

と言い切れる自覚ではないか。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

一日一日を、

たっぷりと生きて行くより他は無い。

明日のことを思い煩うな。

明日は明日みずから思い煩わん。

きょう一日を、

よろこび、努め、

人には優しくして暮したい。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

私はなんにも知りません。

しかし、伸びて行く方向に

陽が当たるようです。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

私は、ひとの恋愛談を聞く事は、

あまり好きでない。

恋愛談には、

かならず、どこかに

言い繕いがあるからである。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

疑いながら、

ためしに右へ曲るのも、

信じて断乎として右へ曲るのも、

その運命は同じ事です。

どっちにしたって

引き返すことは出来ないんだ。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

人間三百六十五日、

何の心配も無い日が、

一日、いや半日あったら、

それは仕合せな人間です。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

あなたはさっきから、

乙姫の居所を前方にばかり求めていらっしゃる。

ここにあなたの重大なる

誤謬が存在していたわけだ。

なぜ、あなたは頭上を見ないのです。

また、脚下を見ないのです。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

恋愛は、チャンスではないと思う。

私はそれを意志だと思う。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

君のような秀才にはわかるまいが、

「自分の生きていることが、

人に迷惑をかける。僕は余計者だ」

という意識ほどつらい思いは世の中に無い。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

幸福の便りというものは、

待っている時には

決して来ないものだ。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

弱虫は、幸福をさえおそれるものです。

綿で怪我するんです。

幸福に傷つけられる事もあるんです。

 

- 太宰治 -


名言・格言

 

怒涛に飛び込む思いで

愛の言葉を叫ぶところに、

愛の実体があるのだ。

 

- 太宰治 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 文学界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.