ピーター・ドラッカーの名言・格言






ピーター・ドラッカー(1909年~2005年)

オーストリア出身の経営学者。現代経営学、マネジメントの発明者と称される。

ピーター・ドラッカーの英語の名言へ


【 概略 】 ⇒ 名言へスキップ

1909年、ウィーンのドイツ系ユダヤ人の裕福な家庭に生まれる。

1929年にドイツの新聞記者になった後、法学博士号を取得。1933年、ロンドンに移住して投資銀行に勤務する。1937年に結婚し、米国へ移住。

1939年に処女作『経済人の終わり』を出版。その後、1942年から2003年まで米国の大学教授を務めた。

ドラッカーの著作には組織のマネジメントに関するものと、社会や政治に関するものがある。ドラッカーの基本的な関心は「人を幸福にすること」にあり、社会・組織の中の人間という観点から論じている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ピーター・ドラッカーの名言・格言集




ピーター・ドラッカーの名言(1)


名言・格言

 

未来を語る前に、

今の現実を知らなければならない。

現実からしかスタートできないからである。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

仕事を生産的なものにするには、

成果すなわち仕事のアウトプットを

中心に考えなければならない。

技能、情報、知識は道具にすぎない。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

21世紀に重要視される唯一のスキルは、

新しいものを学ぶスキルである。

それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

多くの人が、話上手だから

人との関係は得意だと思っている。

対人関係のポイントが

聞く力にあることを知らない。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

自分が得意だと思っていることに溺れるな。

物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

変化はコントロールできない。

できることは、

その先頭にたつことだけである。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

昨日を捨てよ

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

企業は何よりも「アイデア」であり、

アイデアを生むことができるのは

個々の人間だけである。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

明日のエグゼクティブが学ぶべき

3つの重要な事柄は、

① 自分で自分の面倒がみられること、

② 下(部下)のマネジメントではなくて、

 上(上司)のマネジメントをすること、

③ そして、経営の基本を広く

 着実に身につけることである

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

意思決定における第一の原則は、

意見の対立を見ないときには

決定を行わないことである。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

真のマーケティングは、

顧客から出発する。

すなわち人間、現実、

欲求、価値から出発する。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

現実が主人である。

カリスマの公約、プログラム、思想に対し

現実のほうが膝を屈することはない。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

経営者と知識労働者にとっての

唯一のツールは情報である。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

企業経営のエッセンスは、

何かに「卓越」することと、

「決断」することである。

 

- ピーター・ドラッカー -


名言・格言

 

最も重要なことから始めよ

 

- ピーター・ドラッカー -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.