武者小路実篤の名言・格言



武者小路実篤の名言(2)


名言・格言

 

自分でも何かのお役に立つのだ。

このことは喜びである。

この喜びは自分の一生が、

無意味でないことを示している。

このことを幸福に感じるのである。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

人生は楽ではない。

そこが面白い。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

誰もが見て、

これでこそ人間だと思う一個の人間、

自分はそういう人間を実に愛する。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

ふまれても

ふまれても

我はおきあがるなり

青空を見て微笑むなり

星は我に光をあたえ給うなり

 

- 武者小路実篤 -

 

【名言の心】
人間は「小さな宇宙」(落ち込んで眠れないときに)


名言・格言

 

桃栗三年柿八年

だるまは九年

俺は一生

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

僕は運命を信じないのです。

ただ実力を磨くことだけを

信用しているのですよ。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

本当にころがつた者は

起き上がる時は

何か得をしてゐる。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

すぐれた人間は、

いざという時が来ないでも、

いつも全力を出して仕事をしている。

 

- 武者小路実篤 -

 

【名言の心】
ここまでやればミスも恐くない


名言・格言

 

まあいゝ

俺の一生を何かの役にたてて見せる

ころぶ時があつても

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

私は一個の人間でありたい

誰にも利用されない

誰にも頭を下げない

一個の人間でありたい

他人を利用したり

他人をいびつにしたりしない

そのかはり自分もいびつにされない

一個の人間でありたい

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

自分で幸福を感じている人は、

それだけで満足し感謝するが、

自分が幸福を感じないものは、

他人に尊敬されたかったり、

他人に報酬を求めたりする傾向になりやすい。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

心の美しい者は、

皆に愛されるのは事実である。

そして恐らく運命にも愛されるであろう。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

人生と言うものは、

思わぬ時に道がひらけたり、

閉じたりするものだ。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

生まれた者は

やがて死ぬ者なり

我も亦

やがて死なん

だが生きてゐる間は生きる也

我らしく生きる也

何者にも頭を下げず

いぢけずに生きんと思ふ

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

どこまでも勝ちぬき、

どこまでも生きぬくためには、

勇敢であることが必要なのだ。

そして勇敢の第一の条件は

生命を捨てるのを恐れずに戦うということだ。

それも弱者のため、

自分の保護を要求する人のために

身を犠牲として戦う。

これが勇敢なものの特質である。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

よき友を持つものは、

自分の方でもよき友に、

なれるものでなければならない。

自分だけが得することは、

不可能である。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

一から一をひけば零である。

人生から愛をひけば何が残る。

土地から水分をとれば

沙漠になるようなものだ。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

何のためにあなたたちは、

生きているのですか。

国のためですか。

家のためですか。

親のためですか。

夫のためですか。

子のためですか。

自己のためですか。

愛するもののためですか。

愛するものを持っておいでですか。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

幸福は分に応じて、

心がけよくして生きてゆけば

誰でもなれるはずである。

 

- 武者小路実篤 -


名言・格言

 

笑はれるのを恐れるよりは

心にないことを云ふのを

恐れなければいけない。

 

- 武者小路実篤 -

 

【名言の心】
孤独感を感じた時に



次ページへ続きます。