「良い心配」と「悪い心配」



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。

人生の支えとなる名言をご紹介します。

おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド(見習い)


名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】


★ 癒しツアーの人気コンテンツ

英語の名言【短文】

スティーブ・ジョブズの名言

元気がでる名言

仕事の名言

人間関係の名言

人生の名言

心にしみる曲
星・宇宙の動画
おもしろい動画

今日の名言・格言

 

心配事の98%は、

取り越し苦労だ。

 

- 藤村正宏 -

(日本のマーケティングコンサルタント / 1958~)

 

名言の心

 

どうなるかわからないことを

あれこれ心配することを

「取り越し苦労」といいます。

 
たとえば、

「将来、野球選手なりたなあ」

と夢をもつことは、

目標を持って

日々努力していくことにもつながり、

とてもいいことです。

 
でも、

「いや待てよ、野球選手になってから、

 交通事故でケガをして、

 プレーができなくなったらどうしよう」

と心配をはじめるのは、

ちょっと考えすぎでしょう。

 
ただ、交通事故はいつでも

起こり得ることなので、

危険から身を守るために

今から交通ルールを守って

生活していくということは、

心配事の対策として有効ですよね。

 
さらに、

「野球選手になってから、

 交通事故でケガをして、

 救急車で運ばれた病院の先生が

 ヤブ医者だったら。。」

となると、現実的な対策も難しく、

いわゆる「取り越し苦労」に

なるのだとおもいます。

 
心配は、

わたしたちに降りかかるかもしれない

何か悪いことに対して、

心にわきおこる感情です。

現実的な対応策がある場合には、

心配がわたしたちを

守ってくれることもあり、

『良い心配』です。

 

一方、自分ではどうしようもできない

ことに対して、

心を悩ましてしまうのは、

解決策も見えず、

とてもつらいことであり、

『悪い心配』だとおもいます。

 

実際、今日の名言のように、

心配事はそうそう起きるものではないのです。

いつまでも悪いイメージを

膨らませることはやめて、

起こり得る困難に対しても

「きっとなんとかなるさ」

と割り切ることが大切だとおもいます。

そうすることで心にも余裕ができて、

目指すべき道も定まるのではないでしょうか。

 
癒しのガイド(見習い)

 

★ 「名言の心」関連ページ

名言の心【トップページ】

名言の心【人気 TOP 50】

仕事の悩み・ストレス

人間関係の悩み・ストレス

 

 

おすすめ音楽

To Make You Feel My Love / カントリー(米)

Garth Brooks (ガース・ブルックス)
歌詞 (一部和訳)
「君の顔に雨が吹きつけて 世界中が君を責め立てても 君を守るよ この温かい腕ので 君にこの愛を感じてもらえるまで」 ガース・ブルックスが歌うボブ・ディランの名曲。うつくしいラブソング。
【おすすめ!】 ★★





This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , . Bookmark the permalink.