失恋の名言・格言



page 3


名言・格言・ことわざ

 

暗闇を呪うくらいなら、

ローソクに灯をともしましょう。

 

- エレノア・ルーズベルト -

(米国のファーストレディ、人権活動家、世界人権宣言の起草者 / 1884~1962) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

人はしばしば恋に欺かれ、

恋に傷つき、

不幸にもなる。

それでも人に恋するのだ。

 

- ミュッセ -

(フランスのロマン主義の作家 / 1810~1857) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

別れる時には

もう次の恋が始まっている。

 

- アントニオ猪木 -

(日本の元プロレスラー、実業家、元参議院議員 / 1943~) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

別れることがなければ、

めぐり逢うこともできない。

 

- 西洋のことわざ -


名言・格言・ことわざ

 

恋の終わりは、

自分から立ち去ること。

 

- ココ・シャネル -

(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

世間に一杯いる情熱的な女で、

捨てられたら死んでしまうと

公言しなかったのは一人もありません。

ところがそんなので今に生き永らえていない女、

悲しみを忘れずにいる女は、

一人もいないのです。

 

- コンスタン -

(フランスの小説家、思想家、政治家 / 1767~1830) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

どんな悲しみに出会っても、

それでも人生は生きるに値する。

 

- 村山由佳 -

(日本の女性作家 / 1964~) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

悲しみは解ける、

五月の雪のように、

そんなに冷たいものなどは

ありはしないように。

 

- ジョージ・ハーバート -

(英国の詩人 / 1593~1633) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

どんな悲しみや苦しみも

必ず歳月が癒してくれます。

そのことを京都では

『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。

時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 

- 瀬戸内寂聴 -

(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

夜になって星が輝き始めるのは、

悲しみが我々に真実を示してくれるのに似ている。

 

- ベイリー -

(英国の推理小説家 / 1878~1961)


名言・格言・ことわざ

 

失望に終わった恋は、

次の恋に対するちょっとした免疫になる。

 

- ウルスラ・アンドレス -

(スイス出身の映画女優、初代ボンドガール / 1936~) Wikipedia



次ページへ続きます。
 

spacer_3