ジョン・ロックの名言・格言




ジョン・ロックの名言・格言


ジョン・ロック(1632年~1704年)

イギリスの哲学者。政治哲学書『統治二論』によってアメリカ独立宣言、フランス人権宣言にも大きな影響を与えた。

ジョン・ロックの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1632年8月29日、イングランド南西部のサマセット州リントンに生まれる。父はピューリタン革命期の議会軍の騎兵隊長であった。

ジョンは14歳のときにウェストミンスター校に入学。20歳になるとオックスフォード大学クライスト・チャーチに進学し、哲学と医学を修めた。

1658年、26歳のジョン・ロックはオックスフォード大学特別研究員となり、1660年に同大ギリシア語講師、1662年には同大修辞学講師をつとめた。

1666年、ジョン・ロックはホイッグ党の領袖であるシャフツベリ伯爵アントニー・アシュリー=クーパーと知り合い、ジョン・ロックの思想を気に入ったシャフツベリ伯に以後愛顧を受けるようになる。

1667年、35歳のジョン・ロックはシャフツベリ伯の私設秘書官、主治医となり、ロンドンに移住。

ジョン・ロックは1668年に『解剖学』、1669年に『医術について』を執筆。1668年には王立協会フェローに選出される。

1682年、シャフツベリ伯が反逆罪に問われオランダへ亡命。ジョン・ロックも王からの迫害を恐れ、翌年にオランダへ亡命。

1688年に名誉革命が起きるとジョン・ロックは翌年に帰国。

以後執筆活動を盛んに行い、1689年に代表作である『統治二論』および『人間知性論』を出版。『統治二論』は名誉革命後のイギリスの体制の理論的な支柱となった。

1696年、64歳のジョン・ロックは通商植民地委員会の委員となり、1700年までその職を務める。

1704年10月28日、ジョン・ロックはイングランド東部のエセックス州オーツにて死去。72年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ジョン・ロックの名言・格言集




ジョン・ロックの名言(1)


名言・格言

 

世界に対する唯一の防御は、

それについての十分な知識だ。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

人々が日々歩いている場所に

道が現れる。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

ファッションの大半は、

富の見せびらかしにすぎない。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

何故に人間が社交するかといえば、

自己の財産を保持したいからである。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

いかなる人間の知識も、

その人の経験を超えるものではない。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

大人の議論よりも、

子供たちの予期しない質問から

教えられるところが多い。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

法の終わるところ、

専制がはじまる。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

あなたを心配させるものが、

あなたを支配する。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

収入は靴のようなものである。

小さすぎればわれわれを締めつけ、

わずらわす。

大きすぎればつまずきや

踏み外しの原因となるのだ。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

財産の保全が

政府の唯一の目的だ。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

美味とは食物そのものにあるのではなく、

味わう舌にあるものである。

 

- ジョン・ロック -


名言・格言

 

財産がない場所には

不正もない。

 

- ジョン・ロック -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.