島津斉彬の名言・格言




島津斉彬の名言・格言


島津斉彬(1809年~1858年)

江戸時代後期から幕末の外様大名。薩摩藩の第11代藩主。薩摩藩の富国強兵に成功した幕末の名君の一人。西郷隆盛ら幕末に活躍する人材も育てた。

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1809年4月28日(文化6年3月14日)、薩摩藩第10代藩主・島津斉興(1791~1859)の長男として江戸薩摩藩邸に生まれる。

斉彬は「賢夫人」と知られた母(弥姫)自身の手で養育される。斉彬は「蘭癖大名」の一人とされる曽祖父の第8代藩主・島津重豪(1745~1833)の影響を受けて洋学に興味を持つようになった。

しかし、斉彬が藩主になれば、曽祖父・重豪のように公金を湯水のごとく費やし藩財政の困窮に一層の拍車をかけかねないと藩上層部に心配され、父・斉興は斉彬が40歳を過ぎても家督を譲らなかった。

そして、家老や斉興の側室・お由羅の方らは、お由羅の子で斉彬の異母弟に当たる島津久光(1817~1887)の擁立を画策。

そのため、斉彬派側近は久光やお由羅の暗殺を計画。しかし、情報が漏れて首謀者13名は切腹、また連座した約50名が遠島・謹慎に処せられた。

その後、斉興の叔父の筑前福岡藩主の仲介で、斉彬と近しい幕府老中、伊予宇和島藩主、越前福井藩主らが事態収拾に努め、斉興が隠居。1851年に斉彬が第11代藩主に就任した。この一連のお家騒動はお由羅騒動と呼ばれている。

斉彬は藩主に就任するや、藩の富国強兵に努め、洋式造船、反射炉・溶鉱炉の建設、地雷・水雷・ガラス・ガス灯の製造などの集成館事業を興す。

また、土佐藩の漂流民でアメリカから帰国したジョン万次郎を保護し、藩士に造船法などを学ばせる。1854年には洋式帆船「いろは丸」を完成させる。また、西洋式軍艦「昇平丸」を建造し幕府に献上。黒船来航(1853年)以前から蒸気機関の国産化を試み、日本最初の国産蒸気船「雲行丸」を建造した。

さらに、斉彬は下士階級出身の西郷隆盛大久保利通を登用して朝廷での政局に関わる。

斉彬は幕政にも積極的に口を挟み、老中・阿部正弘に幕政改革を訴える。斉彬は黒船来航以来の難局を打開するには公武合体・武備開国をおいてほかにないと主張した。

1858年に井伊直弼が大老に就くと、斉彬は将軍継嗣問題で対立。第13代将軍・徳川家定が病弱で嗣子がなかったため、斉彬らは次期将軍に水戸藩主・徳川斉昭の子の慶喜を推し、篤姫を近衛家の養女とした上で家定正室として嫁がせるなどしている。

一方、井伊直弼は紀州藩主・徳川慶福を推した。井伊は大老の地位を利用して強権を発動し、反対派を弾圧する安政の大獄(1858年~1859年)を開始。結果、慶福が第14代将軍・徳川家茂となり、斉彬らは将軍継嗣問題で敗れた。

斉彬は藩兵5,000人を率いて抗議のため上洛することを計画。しかし、その年の8月に発病し、1858年8月24日に死去。49年の生涯を閉じた。

死因は当時日本で流行していたコレラという説が有力であるが、そのあまりに急な死は、父・斉興や異母弟・久光またはその支持者の陰謀であるとの噂もあった。

島津斉彬は西郷隆盛ら後の維新志士らから慕われ、西郷は斉彬の死去を知ると号泣し、後を追って殉死しようとしたという。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

島津斉彬の名言・格言集




島津斉彬の名言(1)


名言・格言

 

 【 島津斉彬の訓言 】

一、人心の一致一和は、

  政治の要目なり。

 

一、民富めば国富むの言は、

  国主たる人の、

  一日も忘るべからざる格言なり。

 

一、人君たる人は、

  愛憎なきを要す。

 

一、およそ人は、

  一能一芸なきものなし、

  その長所を採択するは、

  人君の任なり。

 

一、既往の事を鑑みて、

  前途の事を計画せよ。

 

一、勇断なき人は、

  事を為すこと能わず。

 

一、国政の成就は、

  衣食に窮する人なきにあり。

 

- 島津斉彬 -


名言・格言

 

相続はしたが、

予は薩摩藩を自分の所有物とは思っておらぬ。

これは辱くも天子さまからお預かりしたものである。

 

- 島津斉彬 -


名言・格言

 

国中の者が豊かに暮らすことができれば、

人は自然とまとまる。

人の和はどんな城郭よりも勝る。

 

- 島津斉彬 -


名言・格言

 

善行とても前後をよく考えなければ難を呼ぶ。

時が熟するのを待たねばならない。

今、第一に求められているのは堪忍の二字である。

 

- 島津斉彬 -


名言・格言

 

十人が十人とも好む人材は

非常事態に対応できないので登用しない。

 

- 島津斉彬 -


名言・格言

 

西郷一人は、

薩国貴重の大宝なり。

しかしながら彼は独立の気性あるが故に、

彼を使う者は私以外にあるまじく、

その外に使う者はあるまじ。

 

- 島津斉彬 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 幕末・明治維新の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.