英語の名言・格言【ダーウィン】




英語の名言・格言【ダーウィン】


Charles Darwin
チャールズ・ダーウィン(1809年~1882年)

英国の自然科学者。種の形成理論を構築。

ダーウィンの日本語の名言へ


1809年、英国シュロップシャー州の裕福な医師の家庭に次男として生まれる。子供のころから博物学的趣味を好み、植物、貝殻、鉱物の収集を行っていた。

1825年、16歳のときにエディンバラ大学に入学して医学を学ぶ。しかし、アカデミックな内容の退屈な講義になじめず、大学を中退。父はダーウィンを牧師にするためにケンブリッジ大学神学部に入れる。

1831年に大学を卒業すると、恩師の紹介で英国海軍の測量船ビーグル号に乗船することになる。ダーウィンの任務は、各地の地質、動植物の調査。ビーグル号は、1831年12月に英国を出航。南米、ガラパゴス諸島、ニュージーランド、オーストラリア、ケープタウンなどを経て、1836年10月に帰着。

ダーウィンは、ビーグル号での5年におよぶ調査から、種が独立して創られ、それ以来不変であるという考えに疑問を感じ、種の変化に関する研究を続ける。そして、1838年に「厳しい自然環境が、生物に起きる突然変異を選別し、進化に方向性を与える」という自然選択説に到達。その証拠を集めるため20年にわたり調査を継続する。

1858年、英国の生物学者アルフレッド・ウォレスから同じアイディアの小論を受け取ったことをきっかけに、二人の小論を共同発表。翌年発表した『種の起源』において、すべての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、自然選択により進化したことを明らかにする。

ダーウィンの自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つであり、生物多様性に一貫した理論的説明を与えている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ダーウィン 英語の名言・格言集




ダーウィン 英語の名言


英語の名言・格言

 

A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
一時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。


英語の名言・格言

 

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
生き残る種とは、最も強いものではない。最も知的なものでもない。それは、変化に最もよく適応したものである。


英語の名言・格言

 

Ignorance more frequently begets confidence than does knowledge: it is those who know little, not those who know much, who so positively assert that this or that problem will never be solved by science.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
無知というのは、しばしば知識よりも確信に満ちている。科学によってこれやあれやの問題を解決することは絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。


英語の名言・格言

 

I love fools’ experiments. I am always making them.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
愚者の実験が好きで、私は常にそれを行っている。


英語の名言・格言

 

A scientific man ought to have no wishes, no affections, – a mere heart of stone.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。


英語の名言・格言

 

An American Monkey after getting drunk on Brandy would never touch it again, and thus is much wiser than most men.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
ブランデーを飲んで酔っ払ったことのあるアメリカザルは、もう二度とそれに手をつけようとはしない。人間よりはるかに頭がいいということだ。


英語の名言・格言

 

I am not the least afraid to die.

 

- Charles Darwin (ダーウィン) -

 
死ぬことは、ちっとも怖くない。



おわりです。

名言が役に立ったと思われたら、是非ソーシャルメディアで共有してください!

下に「偉人の一覧(全111名)」、「人気コンテンツ」、「ダーウィンの関連書籍」、「関連ページ」がございます。

癒しのガイド

spacer_3






★ おすすめ偉人の一覧

 
下の ” 「偉人の一覧」をチェック ” をクリックまたはタップすると偉人の一覧(全111名)が表示されます。

「偉人の一覧」をチェック


【文学家】
シェイクスピア (英語の名言) / ゲーテ (英語の名言) / 武者小路実篤 / 相田みつを / 瀬戸内寂聴 / 村上春樹 / 太宰治 / オスカー・ワイルド (英語の名言) / マーク・トウェイン (英語の名言) / ヘミングウェイ (英語の名言) / トルストイ (英語の名言) / 夏目漱石 / 芥川龍之介 / バーナード・ショー (英語の名言) / ドストエフスキー (英語の名言) / サン=テグジュペリ (英語の名言

【芸術・ファッション・芸能・音楽家】
岡本太郎 / ココ・シャネル (英語の名言) / オードリー・ヘップバーン (英語の名言) / ウォルト・ディズニー (英語の名言) / 美輪明宏 / 矢沢永吉 / マリリン・モンロー (英語の名言) / チャップリン (英語の名言) / 手塚治虫 / ジョン・レノン (英語の名言) / パブロ・ピカソ (英語の名言) / ベートーヴェン (英語の名言) / ゴッホ (英語の名言) / レオナルド・ダ・ヴィンチ (英語の名言) / ボブ・マーリー (英語の名言) / オプラ・ウィンフリー (英語の名言) / マイケル・ジャクソン (英語の名言) / ウディ・アレン (英語の名言) / ボブ・ディラン (英語の名言) / アンディ・ウォーホル (英語の名言

【政治家・指導者】
ガンジー (英語の名言) / キング牧師 (英語の名言) / リンカーン (英語の名言) / チャーチル (英語の名言) / ベンジャミン・フランクリン (英語の名言) / ジョン・F・ケネディ (英語の名言) / ネルソン・マンデラ (英語の名言) / マーガレット・サッチャー (英語の名言) / マルコムX (英語の名言) / ジョージ・ワシントン (英語の名言

【教育家・活動家】
ヘレン・ケラー (英語の名言) / 福沢諭吉 / ナイチンゲール (英語の名言) / エレノア・ルーズベルト (英語の名言) / 津田梅子

【学者・発明家】
アインシュタイン (英語の名言) / 斎藤茂太 / ピーター・ドラッカー (英語の名言) / エジソン (英語の名言) / ソクラテス (英語の名言) / ニーチェ (英語の名言) / ダーウィン (英語の名言) / 孔子 (英語の名言) / ルソー (英語の名言) / ガリレオ・ガリレイ (英語の名言) / ニュートン (英語の名言) / アリストテレス (英語の名言) / プラトン (英語の名言) / エマーソン (英語の名言) / 野口英世 / ジークムント・フロイト (英語の名言) / パスカル (英語の名言

【宗教家】
マザー・テレサ (英語の名言) / マルティン・ルター (英語の名言

【ビジネスパーソン】
松下幸之助 / スティーブ・ジョブズ (英語の名言) / デール・カーネギー (英語の名言) / 本田宗一郎 / ヘンリー・フォード (英語の名言) / 渋沢栄一 / ビル・ゲイツ (英語の名言

【スポーツ・格闘技選手】
イチロー / 松岡修造 / 本田圭佑 / アントニオ猪木 / マイケル・ジョーダン (英語の名言) / 野村克也 / 落合博満 / 長嶋茂雄 / 王貞治 / モハメド・アリ (英語の名言

【幕末・明治維新】
坂本龍馬 / 吉田松陰 / 高杉晋作 / 勝海舟 / 西郷隆盛 / 大久保利通 / 島津斉彬 / 岩崎弥太郎 / 伊藤博文 / 山岡鉄舟

【武将・軍人】
織田信長 / 武田信玄 / 徳川家康 / 豊臣秀吉 / ナポレオン (英語の名言) / 宮本武蔵 / ユリウス・カエサル (英語の名言) / 上杉謙信 / 伊達政宗

【その他】
アンネ・フランク (英語の名言) / 中村天風 / 升田幸三 / 羽生善治 / ジョセフ・マーフィー



 

「癒しツアー」人気コンテンツのご案内!


他の元気になるコンテンツ紹介です。

元気がでる曲
かわいい動物の動画
人間関係の悩み・ストレス

   ページ先頭へ



ダーウィンの関連書籍

 



『種の起源〈上〉』(ダーウィン)
『種の起源』は専門家向けの学術書ではなく、一般読者向けに発表された本である。名のみ知られるばかりで、その内容については多くを語られることのなかったこの歴史的な書を、画期的に分かりやすい新訳で贈る。 進化学はすべての生物学の根幹をなしている。そしてそのすべてのルーツは『種の起源』初版にあるのだ。端緒を開いたダーウィンの偉業、それは進化の研究を科学にしたことと、進化が起こるメカニズムとして自然淘汰説を提唱したことにある。
Amazon



『ビーグル号世界周航記――ダーウィンは何をみたか』(ダーウィン)
1831年、英海軍の測量船ビーグル号に同乗したダーウィンが南米大陸沿岸や南太平洋諸島で目にした世界の驚異。進化論へと結実する着想を得た調査記録『ビーグル号航海記』はこの旅で誕生した。その記念碑的著作から動物・人類・地理・自然の記述を抜粋、細密な銅版画を豊富に交えて再編集。『航海記』のエッセンスを凝縮し、世界で愛された一冊。
Amazon



『ダーウィンのミミズの研究』(新妻昭夫)
ダーウィンがミミズの研究を始めたのは、1837年、彼が28歳のときだった。それ以来、だれもが知っている、でもだれも注目しないこのちっぽけな生き物を観察、実験を積み重ねたのだった。 ロンドン郊外のダウン村に家族とともに引っ越ししたダーウィンは、家の裏庭につづく牧草地の一角に、白亜の破片をばらまくことからその実験を始めた。ミミズが土を食べて、土のフンをする、そうやって白亜の破片を埋めていくのを証明してみようというのだ。 午前7時の起床から夜10時半の就寝まで、食事、研究、散歩と、ダーウィンは同じ時間に同じことをくりかえす。こうして29年、白亜の破片をばらまいた場所を掘ってみた。すると、地表から17.5センチのところに白亜のすじを見つけたのだった。やっぱり、ミミズは地球の表面を耕していたのだ ダーウィンは進化論を唱えた。同時に、ミミズの研究に生涯を捧げた人だった。
Amazon

   ページ先頭へ




This entry was posted in 英語の名言・格言【学者・発明家の偉人】 and tagged . Bookmark the permalink.