ダーウィンの名言・格言




ダーウィンの名言・格言


チャールズ・ダーウィン(1809年~1882年)

英国の自然科学者。種の形成理論を構築。

ダーウィンの英語の名言へ


1809年、英国シュロップシャー州の裕福な医師の家庭に次男として生まれる。子供のころから博物学的趣味を好み、植物、貝殻、鉱物の収集を行っていた。

1825年、16歳のときにエディンバラ大学に入学して医学を学ぶ。しかし、アカデミックな内容の退屈な講義になじめず、大学を中退。父はダーウィンを牧師にするためにケンブリッジ大学神学部に入れる。

1831年に大学を卒業すると、恩師の紹介で英国海軍の測量船ビーグル号に乗船することになる。ダーウィンの任務は、各地の地質、動植物の調査。ビーグル号は、1831年12月に英国を出航。南米、ガラパゴス諸島、ニュージーランド、オーストラリア、ケープタウンなどを経て、1836年10月に帰着。

ダーウィンは、ビーグル号での5年におよぶ調査から、種が独立して創られ、それ以来不変であるという考えに疑問を感じ、種の変化に関する研究を続ける。そして、1838年に「厳しい自然環境が、生物に起きる突然変異を選別し、進化に方向性を与える」という自然選択説に到達。その証拠を集めるため20年にわたり調査を継続する。

1858年、英国の生物学者アルフレッド・ウォレスから同じアイディアの小論を受け取ったことをきっかけに、二人の小論を共同発表。翌年発表した『種の起源』において、すべての生物種が共通の祖先から長い時間をかけて、自然選択により進化したことを明らかにする。

ダーウィンの自然選択説は現在でも進化生物学の基盤の一つであり、生物多様性に一貫した理論的説明を与えている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ダーウィンの名言・格言集




ダーウィンの名言(1)


名言・格言

 

一時間の浪費をなんとも思わない人は、

人生の価値をまだ発見してはいない。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

生き残る種とは、

最も強いものではない。

最も知的なものでもない。

それは、変化に最もよく

適応したものである。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

有利な個々の変異を保存し、

不利な変異を絶滅すること。

– これが自然淘汰である。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

無知というのは、

しばしば知識よりも確信に満ちている。

科学によって

これやあれやの問題を解決することは

絶対にできないと主張するのは

きまって知識がない人である。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

私は名声を得るために

自分の道から1インチなりとも

はずれたことはなかった。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

私は、できるだけ一生懸命に、

できるだけよくやったのだ。

誰もこれ以上にはできない。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

この理論が受け入れられるのには

種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

 

- ダーウィン -


名言・格言

 

愚者の実験が好きで、

私は常にそれを行っている。

 

- ダーウィン -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3






This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.