ジョン・F・ケネディの名言・格言




ジョン・F・ケネディの名言・格言


ジョン・F・ケネディ(1917年~1963年)

米国の第35代大統領。著書『勇気ある人々』にてピュリッツァー賞受賞。

ジョン・F・ケネディの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1917年、米国マサチューセッツ州のケネディ一家に次男として生まれる。父はアイルランド系移民の実業家。母方の祖父はアイルランド系米国人の有力者としてボストン市長、下院議員を務めている。ケネディは生まれつき背骨に障害があり、生涯、背骨の痛みに悩まされた。

1940年にハーバード大学を卒業。第二次世界大戦では南太平洋で魚雷艇を指揮。困難な状況下から部下と生還したことで英雄となる。

戦後、政界入りし、1947年~1953年に下院議員、1953年~1960年に上院議員を務める。そして、1960年の大統領選挙に民主党から出馬し、共和党のリチャード・ニクソンを僅差で破り当選。選挙で選ばれた最も若い大統領(43歳)となった。また、カトリック教徒、アイルランド系としても初の大統領であった。

大統領在任中には、ピッグス湾事件、キューバ危機、ベルリンの壁の建設、米ソの宇宙開発競争など、多くの歴史的事件に取り組むも、1963年、遊説先のテキサス州ダラスにてオープンカーでパレード中に狙撃され、暗殺される(享年46歳)。

調査当局は、逮捕されたオズワルドの単独犯行という結論を出しているが、多くの陰謀論も唱えられている。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ジョン・F・ケネディの名言・格言集




ジョン・F・ケネディの名言(1)


名言・格言

 

我々が未来に信頼を持つには、

まず我々自身を信頼することである。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

我々は真に勇気ある人間であったか?

すなわち「敵に対抗する」勇気のほかに、

必要な場合には

「自己の仲間に対しても抵抗する」だけの

勇気を持っていたか。

「私利私欲に抵抗する」勇気だけでなく、

「多数の圧迫に抵抗する」

勇気を持っていたか!

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

行動にはつねに危険や代償が伴う。

しかしそれは、

行動せずに楽を決めこんだ時の

長期的な危険やコストと較べれば、

取るに足らない。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

中国語で書くと、

危機という言葉は

二つの漢字でできている。

ひとつは危険、

もうひとつは好機である。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

目的と方針がなければ、

努力と勇気は十分ではない。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

私たちは、今までになかったものを

夢見ることができる人々を

必要としている。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

我々は、望みに向かって進む時、

恐れに行く手をふさがせてはならない。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

今、我々に必要なのは何か。

それは満足感ではない。

勇気だ!

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

やらねばならないことをやる。

個人的な不利益があろうとも、

障害や危険や圧力があろうとも。

そしてそれが人間倫理の基礎なのだ。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

誰かが僕を撃つつもりなら、

今日やるべきだ。

 

- ジョン・F・ケネディ -


名言・格言

 

国があなたのために

何をしてくれるのかを

問うのではなく、

あなたが国のために

何を成すことができるのかを

問うて欲しい。

 

- ジョン・F・ケネディ -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 政治家・指導者の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.