英語の名言・格言【オードリー・ヘップバーン】




英語の名言・格言【オードリー・ヘップバーン】


Audrey Hepburn
オードリー・ヘップバーン(1929年~1993年)

英国の女優。アカデミー賞、トニー賞、エミー賞、グラミー賞のすべてを受賞。

オードリー・ヘップバーンの日本語の名言へ


1929年、ベルギーで英国人の父とオランダ人の母のもとに生まれる。5歳で英国の寄宿学校に入学。両親は離婚し、10歳のときに祖父のいるオランダへ移住。そこで6年間バレエの特訓を受け、バレリーナになる。

第二次世界大戦中、ドイツのオランダ占領に対する抵抗運動に参加し、資金集めのためにバレエを踊る。叔父と従兄弟はドイツへの抵抗者だったため、オードリーの目の前で銃殺、異父兄弟もドイツの強制収容所に送られる。オードリーも栄養失調により重体となる。アンネ・フランクとオードリーは同い年で、戦後アンネの事を知りひどく心を痛めた。

終戦後、オードリー母娘はロンドンに移住。オードリーは、生活を支えるために映画やテレビ、舞台の端役の仕事を始める。撮影で訪れたフランスで女性作家のコレットに見出され、ブロードウェイ上演作品の『ジジ』の主役に抜擢。そして、『ローマの休日』のアン王女役のスクリーンテストにも合格。

1989年に女優業を引退後、ユニセフ親善大使に就任。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

オードリー・ヘップバーン 英語の名言・格言集




オードリー・ヘップバーン 英語の名言(1)


英語の名言・格言

 

Opportunities don’t often come along. So, when they do, you have to grab them.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
チャンスなんて、そうたびたびめぐってくるものではないわ。だから、いざめぐってきたら、とにかく自分のものにすることよ。


英語の名言・格言

 

You can tell more about a person by what he says about others than you can by what others say about him.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
人の評価は、他の人たちの意見よりも、その人が他の人たちについてどのように言っているのかでより分かるものです。


英語の名言・格言

 

The most important thing is to enjoy your life – to be happy – it’s all that matters.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
何より大事なのは、人生を楽しむこと。幸せを感じること、それだけです。


英語の名言・格言

 

The greatest victory has been to be able to live with myself, to accept my shortcomings and those of others.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
わたしにとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。


英語の名言・格言

 

I don’t want to be alone, I want to be left alone.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
一人ぼっちになるのはいやだけど、そっとしておいて欲しいの。


英語の名言・格言

 

If I get married, I want to be very married.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
もし結婚するなら、どっぷりと結婚していたいの。


英語の名言・格言

 

Success is like reaching an important birthday and finding you’re exactly the same.

 

- Audrey Hepburn (オードリー・ヘップバーン) -

 
成功は誕生日みたいなもの。待ちに待った誕生日がきても、自分はなにも変わらないでしょ。



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in 英語の名言・格言【芸術・ファッション・芸能・音楽界の偉人】 and tagged . Bookmark the permalink.