ソクラテスの名言・格言




ソクラテスの名言・格言


ソクラテス(紀元前469年~紀元前399年)

古代ギリシアの哲学者。その思想は弟子のプラトンやその弟子のアリストテレスなどの著作により知られる。

ソクラテスの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

紀元前469年、彫刻家、石工の父と助産婦の母のもとにアテナイで生まる。青年期には自然科学に興味を持ったとの説もあるが、晩年は倫理や徳を追求する哲学者としての生活に専念。

弟子のカイレフォンがアポロン神託所にて、巫女に「ソクラテス以上の賢者はあるか」と尋ねたところ、「ソクラテス以上の賢者は一人もない」と答えたため、自分が賢明ではないと自覚していたソクラテスは驚き、それが何を意味するのか自問。その神託の反証を試みようと考え、世間で評判の賢者たちに会って、彼らが自分より賢明であることを明らかにしようとした。

しかし、彼らは自ら語っていることをよく理解しておらず、この経験により「知らないことを知っていると思い込んでいる人々よりは、知らないことを知らないと自覚している自分の方が賢く、知恵の上で少しばかり優っている」と確信するようになる。更に神託の意味は、「人智の価値は僅少もしくは空無に過ぎない」、「最大の賢者とは、自分の知恵が実際には無価値であることを自覚する者である」と解釈するようになる。

その神意に則り、それを広める神の助力者として、賢者たちの無知を指摘することをライフワークにする。ソクラテスの評判が広まる一方、無知を指摘された人々たちからは憎まれ、多くの敵を作ることになる。そして、「アテナイの国家が信じる神々とは異なる神々を信じ、若者を堕落させた」などの罪状でソクラテスは公開裁判にかけられる。

ソクラテスは自身の弁明(ソクラテスの弁明)を行い、自説を曲げたり自身の行為を謝罪することを決してせず、また逃亡・亡命も拒否し、死を恐れずに殉ずる道を選び、死刑を言い渡される。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ソクラテスの名言・格言集




ソクラテスの名言(1)


名言・格言

 

よりよく生きる道を探し続けることが、

最高の人生を生きることだ。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

本をよく読むことで

自分を成長させていきなさい。

本は著者がとても苦労して

身に付けたことを、

たやすく手に入れさせてくれるのだ。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

良い本を読まない人は、

字の読めない人と等しい。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

人間の美徳は

すべてその実践と経験によって

おのずと増え、強まるのである。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

幸福になろうとするならば、

節制と正義とが自己に備わるように

行動しなければならない。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

ねたみは魂の腐敗である。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

何人も本意から悪人たるものなし。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

我々が皆自分の不幸を持ち寄って並べ、

それを平等に分けようとしたら、

ほとんどの人が今自分が受けている

不幸の方がいいと言って

立ち去るであろう。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

自分自身が無知であることを

知っている人間は、

自分自身が無知であることを

知らない人間より賢い。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

財産や名誉を得る事のみ執心し、

己の魂を善くする事に努めないのを

恥とは思わないのか。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

魂の探求の無い生活は、

人間にとって

生きがいの無いものである。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

汝自らを知れ。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

生きるために食べよ、

食べるために生きるな。

 

- ソクラテス -


名言・格言

 

世界を動かそうと思ったら、

まず自分自身を動かせ。

 

- ソクラテス -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.