野村克也の名言・格言






野村克也(1935年~)

日本の元プロ野球選手、監督、野球解説者、野球評論家。通算試合出場数は歴代1位、通算の安打、本塁打、打点、塁打数は歴代2位の記録を持つ。

野村克也 おすすめ書籍


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1935年、現在の京都府京丹後市に生まれる。家は貧しく、貧乏な生活から脱却するため、将来は歌手になろうとコーラス部に所属したり、俳優を目指して映画館通いなどをしていたが、中学2年生のときに野球部に入部し、注目されるようになる。

中学卒業後は母から働くように言われるが、兄が大学受験を断念することで、高校に進学。高校野球部は大変弱く、野村克也も無名選手だった。しかし、野球部顧問がプロ球団の監督に推薦状を送り、1954年、南海にテスト生として入団。一年目は9試合に出場し、11打数無安打。戦力外通告を受けるが正捕手らの事故等により捕手不足となり残留。

3年目の1956年、一軍に抜擢され正捕手に定着。打撃不振に陥った際、『バッティングの科学』という本の「投手は球種によりモーション時にクセを見せる」という言葉に出会う。その後、投手のクセを研究し、打撃力が格段に向上。攻略できなかった稲尾和久投手には、16ミリカメラでフォームを撮影し研究。ID野球の基礎となる。

1957年に本塁打王のタイトルを獲得。以降、毎年のようにタイトルを獲得し、1965年には戦後初の三冠王に輝く。しかし、同時期にセ・リーグで活躍していた巨人の長嶋茂雄王貞治に比べて世間からの注目は少なく、後に「花の中にだってヒマワリもあれば、人目につかない所でひっそりと咲く月見草もある」とコメントし、「月見草」が野村の代名詞となった。

1968年からコーチ兼任となる。1970年には、監督と選手を兼任するプレーイングマネージャーとして4番打者、捕手、監督の三つの重責をひとりで担うことになる。監督兼任となってからも打棒は健在で、1970年シーズンは42本塁打、通算2000本安打を達成。1972年には打点王を獲得。監督としても1973年にリーグ優勝を果たす。

1978年にロッテへ選手として移籍。1979年から西武へ。1980年、前人未到の3,000試合出場を達成。同年45歳にて引退する。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

野村克也の名言・格言集




野村克也の名言(1)


名言・格言

 

「どうするか」を考えない人に、

「どうなるか」は見えない。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

好かれなくても良いから、

信頼はされなければならない。

嫌われることを恐れている人に、

真のリーダーシップは取れない。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

うまくいっているときは、

周りに人がたくさん集まる。

だが、一番大切なのは、

どん底のとき、

誰がそばにいてくれたかや。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

重荷があるからこそ、

人は努力するのである。

重荷があるからこそ、

大地にしっかりと足をつけて

歩いていける。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

楽を求めたら、

苦しみしか待っていない。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

「恥ずかしい」と感じることから

進歩は始まる。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

1年目には種をまき、

2年目には水をやり、

3年目には花を咲かせましょう。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

失敗の根拠さえ、

はっきりしていればいい。

それは次につながるから。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

ちっぽけなプライドこそ、

その選手の成長を妨げる。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

自己を過大評価した瞬間から、

思考の硬直が始まる。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

どうやったらライバルとの競争に

勝てるか考えたとき、

1日24時間の使い方の問題だ、

と思った。

 

- 野村克也 -


名言・格言

 

大きな舞台になればなるほど、

勝負は技術だけにとどまらない。

人間そのものの対決になる。

 

- 野村克也 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in スポーツ・格闘技界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.