ウォルト・ディズニーの名言・格言




ウォルト・ディズニーの名言・格言


ウォルト・ディズニー(1901年~1966年)

米国のエンターテイナー、プロデューサー、実業家、ミッキー・マウスの生みの親。

ウォルト・ディズニーの英語の名言へ


【 概要 】 ⇒ 名言へスキップ

1901年、シカゴの鉄道員の家庭に生まれる。少年時代から絵を描くことが好きで、10歳から絵画教室で本格的に絵を学ぶようになる。高校入学後に第一次世界大戦が勃発すると高校と美術学校を退学。衛生兵として戦地で兵士の治療に従事する。

大戦終結後に帰国したウォルトは、漫画家としての活躍を目指して新聞で漫画を描く仕事を始める。その後、生活のために雇われた短編アニメの作画の仕事を通じてアニメーターとしての資質に目覚め、漫画からアニメへと興味が移る。

1920年、個人事務所を設立したウォルトは、初のオリジナルアニメを制作。良い評価を得て、仕事も順調に舞い込むようになる。しかし、制作に没頭し、資金繰りが乱雑になってしまい倒産。

その後、再起を図って本場ハリウッドで「ディズニー・ブラザーズ社」を設立。作品の大ヒットにより、ディズニー社は急成長。しかし、興行師との契約料の問題から社員の引き抜き工作を仕掛けられ、倒産寸前に追い込まれる。

ウォルトは再建のための新しいキャラクターを求め、度々登場させていた敵役のねずみを主役に抜擢。「ミッキー・マウス」が誕生した。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ウォルト・ディズニーの名言・格言集




ウォルト・ディズニーの名言(1)


名言・格言

 

与えることは最高の喜びだ。

他人に喜びを運ぶ人は、

自分自身の喜びと満足を得る。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

成功する秘訣を教えてほしい、

どうすれば夢を実現することができますかと

よく人から尋ねられる。

自分でやってみることだと私は答えている。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

あなたがやれる最善を尽くしたなら、

心配したって事態は良くならない。

私もいろいろなことを心配するが、

ダムからあふれる水までは心配しない。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

ディズニーランドが完成することはない。

世の中に想像力がある限り

進化し続けるだろう。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

もし清掃作業員が

良いアイデアを持っていれば、

私は彼のアイデアを採用する。

私は権威をひけらかしはしない。

普通の人たちの意見を大切にする。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

現状維持では、

後退するばかりである。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

考えなさい。

調査し、探究し、問いかけ、

熟考するのです。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

若者の多くは、

自分たちに未来はない、

やることなど残っていないと思っている。

しかし、探検すべき道は

まだたくさん残っている。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

失敗したからって何なのだ?

失敗から学びを得て、

また挑戦すればいいじゃないか。

 

- ウォルト・ディズニー -


名言・格言

 

正直に自分の無知を認めることが大切だ。

そうすれば、

必ず熱心に教えてくれる人が現れる。

 

- ウォルト・ディズニー -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 芸術・ファッション・芸能・音楽界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.