失恋の名言・格言



page 4


名言・格言・ことわざ

 

心が痛い日だってそりゃあるわ。

 

- マ・レイニー -

(米国の女性ブルース歌手 / 1886~1939)


名言・格言・ことわざ

 

恋をして恋を失った方が、

一度も恋をしなかったよりマシである。

 

- テニスン -

(英国の詩人 / 1809~1892) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

自分の全生命を

女の愛というカードに賭けた男が、

このカードが殺された時、

がっくりとなって何事も手につかないほど

放心してしまうようなら、

そんな人間は

- 男ではなく、ただのオスである。

 

- ツルゲーネフ -

(ロシアの小説家 / 1818~1883) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

愛の物語が幕を閉じたときは、

そっと爪先立って抜け出すこと。

相手の男の重荷になるべきではない。

 

- ココ・シャネル -

(フランスの女性ファッションデザイナー / 1883~1971) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

恋はその始まりがいつも美しすぎる。

結末が決して良くないのも無理からぬことだ。

 

- ドーマ -

(詳細不明)


名言・格言・ことわざ

 

愛する勇気がある者には、

かならず苦しむ勇気がある。

 

- アントニー・トロロープ -

(英国の作家 / 1815~1882)


名言・格言・ことわざ

 

上手に別れられるなどということは、

まったく稀なのだ。

そういうのは、

ちゃんとうまくいっていたら、

別れたりはしやしない。

 

- マルセル・プルースト -

(フランスの作家 / 1871~1922) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

忘れること、

それが最上の治療法であり、

恋人との愛をつなぐエチケットです。

 

- 宇野千代 -

(日本の女性作家 / 1897~1996) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

人生にはいろいろなことがあります。

しかし、悲しいことは忘れ、

辛いことはじっと耐え忍んでいきましょう。

それがこの四苦八苦の世を生きる

唯一の方法ではないかと思います。

 

- 瀬戸内寂聴 -

(日本の女性小説家、天台宗の尼僧 / 1922~) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

何もかもが変わっていく瞬間があります。

今まで嘆いていたことが

突然どうでもいいことに思えてくるのです。

 

- アイリス・マードック -

(アイルランドの女性作家、哲学者、詩人 / 1919~1999) Wikipedia


名言・格言・ことわざ

 

心は、過去の悲しみから脱皮するもの。

 

- エラ・ウィーラー・ウィルコックス -

(米国の女性作家、詩人 / 1850~1919) Wikipedia



次ページへ続きます。
 

spacer_3