アリストテレスの名言・格言




アリストテレスの名言・格言


アリストテレス(紀元前384年~紀元前322年)

古代ギリシアの哲学者。ソクラテスプラトンとともに西洋最大の哲学者の一人と見なされ、多岐にわたる自然研究の業績から「万学の祖」と称される。

アリストテレスの英語の名言へ


【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

紀元前384年、バルカン半島東部に位置するトラキア地方の小さなギリシア人植民町に生まれる。幼少にして両親を亡くし、義兄を後見人として少年期を過ごす。

紀元前367年、17歳のときにアテナイ(現在のギリシャ首都アテネ)に移り、プラトンが主催する学園のアカデメイアに入門。そこで勉学に励み、師のプラトンから「学校の精神」と評される。アリストテレスは、20年近い年月をアカデメイアの学徒として過ごした。

紀元前347年にプラトンが亡くなると、アリストテレスは学園を辞してアテナイを去る。同年、当時13歳であったマケドニア王子アレクサンドロス(後のアレクサンドロス大王)の家庭教師となり、弁論術、文学、科学、医学、哲学を教えた。紀元前336年にアレクサンドロスが王に即位。翌年、アリストテレスはアテナイに戻り、学園「リュケイオン」を開設する。

紀元前323年にアレクサンドロス大王が死去。その後、アテナイではマケドニア人に対する迫害が起こり、母方の故郷であるカルキスに身を寄せる。しかし、そこで病に倒れ、紀元前322年、アリストテレスは62歳の生涯を閉じた。

論理学において、師プラトンは、対話により真実を追究する弁証論を哲学の唯一の方法論としたが、アリストテレスは経験的事象を元に演繹的に真実を導き出す分析論を重視。この手法は三段論法などの形で体系化された。また、自然学に関する論述は、物理学、天文学、気象学、動物学、植物学など多岐にわたり、後のイスラーム哲学や中世スコラ学(キリスト教神学者などの学者たちによって確立された学問スタイル)にも多大な影響を与えた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

アリストテレスの名言・格言集




アリストテレスの名言(1)


名言・格言

 

我々の性格は、

我々の行動の結果なり。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

教育の根は苦いが、

その果実は甘い。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

私は、敵を倒した者より、

自分の欲望を克服した者の方を、

より勇者と見る。

自らに勝つことこそ、

最も難しい勝利だからだ。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

人間は、目標を追い求める動物である。

目標へ到達しようと

努力することによってのみ、

人生が意味あるものとなる。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

愛というものは、

愛されることによりも、

むしろ愛することに存する。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

受け入れずして

思想をたしなむことができれば、

それが教育された精神の証である。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

不幸は、

本当の友人でない者を

明らかにする。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

善良な私人が、

善良な公人であるとは、

限らない。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

垣根は相手がつくっているのではなく、

自分がつくっている。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

手は、道具の中の道具である。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

欲望は満たされないことが自然であり、

多くの者はそれを満たすためのみで生きる。

 

- アリストテレス -


名言・格言

 

自分が友達に望んでいる通りに、

友達には振る舞わねばならぬ。

 

- アリストテレス -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.