ヘンリー・フォードの名言・格言




ヘンリー・フォード


ヘンリー・フォード(1863年~1947年)

米国の実業家、フォード・モーター創業者。T型フォードは、1,500万台以上生産され、産業と交通に革命をもたらした。

ヘンリー・フォードの英語の名言へ


【 概要 】 ⇒ 名言へスキップ

1863年、ミシガン州ディアボーンで農場を経営する一家の長男として生まれる。10代になると父から懐中時計を与えられ、15歳の頃には近所の人たちの時計を何度も分解・組み立てし、時計修理がうまいという評判を得ていた。

1876年に母が亡くなる。父は農場を継いでもらいたかったが、16歳で高校を中退して家を離れ、デトロイトにて見習い機械工として就職。1882年に実家に戻り、農場の仕事をしていたが、そこで可搬型蒸気機関の操作に熟達。その経験から後に蒸気機関の修理工として雇われる。1888年、農場と製材所経営で生計を立てていたときに結婚し、子供を一人もうける。

1891年、エジソン照明会社の技術者となる。1893年にはチーフ・エンジニアに昇進し、内燃機関の個人的な実験に十分な時間と金銭を費やすことが出来るようになる。1896年に自作4輪自動車の製作に成功。同年、尊敬するトーマス・エジソンに初めて会い、エジソンは、自動車への夢を熱く語るフォードを励ましたという。

1898年、エジソン照明会社を辞め、翌年デトロイト自動車会社を創業。しかし、生産した自動車は低品質で高価格だったため、1901年に解散した。

1903年に新会社フォード・モーター・カンパニーを設立。1908年に発表したT型フォードは、低価格で運転も単純であり、修理も容易で安価であった。フォードは大々的広告展開を行い、北米のほとんどの都市に販売店を設けた。売り上げは急増。また、常に効率化とコスト削減に努め、1913年にはベルトコンベアによるライン生産方式を導入。生産能力が大幅に強化された。

この大量生産方式は他の工業生産にも応用され、20世紀の工業社会を可能にした。1918年までに、アメリカで保有される自動車の半分はT型フォードとなり、最終的な総販売台数は1,500百万台を超えた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

ヘンリー・フォードの名言・格言集




ヘンリー・フォードの名言(1)


名言・格言

 

努力が効果をあらわすまでには

時間がかかる。

多くの人はそれまでに

飽き、迷い、挫折する。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

事実がたとえわかっていなくとも、

とにかく前進することだ。

前進し、行動している間に、

事実はわかってくるものだ。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

たいていの成功者は

他人が時間を浪費している間に先へ進む。

これは私が長年、

この眼で見てきたことである。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

金で自由が買えると思うのは誤りだ。

この世で本当にたよりになるのは、

知識と経験と能力だけである。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

自分で薪を割れ、

二重に温まる。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

恐るべき競争相手とは、

あなたのことをまったく気になどかけず、

自分の仕事を常に

向上させ続けるような人間のことだ。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

失敗とは、より賢く

再挑戦するためのよい機会である。

まじめな失敗は、

なんら恥ではない。

失敗を恐れる心の中にこそ、

恥辱は住む。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

決断しないことは、

ときとして間違った行動よりたちが悪い。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

ほとんどの人が、

成功とは手に入れるものだと考えています。

でも本当のところ、

成功とは与えることなのです。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

たいていの人は、

問題を解決しようとするよりも、

問題を回避するために

より多くの時間とエネルギーを費やしている。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

あら探しをするより

改善策を見つけよ。

不平不満など誰でも言える。

 

- ヘンリー・フォード -


名言・格言

 

障害がおそろしいものに見えるのは、

目標から目を離すからだ。

 

- ヘンリー・フォード -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in ビジネス界の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.