アイザック・ニュートンの名言・格言




アイザック・ニュートンの名言・格言


アイザック・ニュートン(1642年~1727年)

英国の哲学者、自然哲学者、物理学者、数学者、天文学者。ニュートン力学を確立して近代科学文明の成立に影響を与えた。

アイザック・ニュートンの英語の名言へ


【 概略 】 ⇒ 名言へスキップ

1642年、英国リンカーンシャー州に生まれる。父は、ニュートンの生まれる3ヶ月前に死去。3歳のときに母は近隣の牧師と再婚。ニュートンは祖母に養育されることになり、幼くして両親の愛を知らない子となった。

母は、ニュートンの才能に気づいていなかったが、親類がその才能に気がついてくれたこともあり、12歳のときに学校に入学。ニュートンは、体が小さく内向的だったため、からかいの的であったが、あるとき自分をいじめた少年と喧嘩をして勝ったことをきっかけに、自分に自信をもつようになり、学年で首席の成績をとるようになった。

14歳のときに、母の再婚相手が亡くなり、母は実家へ戻る。母は、農園を営むことを考え、ニュートンにその仕事を手伝ってもらうために学校を退学させた。しかし、ニュートンは農作業をせず、化学書を読んだり水車づくりに熱中したため、彼が百姓向きではないことが分かり、学校で勉強を続けさせることになる。

1661年、ケンブリッジ大学に入学。大学での講義は、スコラ学(キリスト教神学者・哲学者などによって確立された学問スタイル)、つまりアリストテレスの学説(天動説など)に基づいていたが、ニュートンは、デカルトやガリレオ・ガリレイ、コペルニクス、ケプラーといった自然哲学者の著書を好んで学んだ。大学でニュートンの師となった数学者のアイザック・バローは、彼の才能を高く評価し、支援した。

バローとの出会いによって、ニュートンの才能は開花し、1665年、22歳のときに万有引力を発見、さらに微分および微分積分学へと発展した。ニュートンの三大業績(万有引力の法則の導入、微積分法の発明、光のスペクトル分析)はすべて25歳頃までになされる。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

アイザック・ニュートンの名言・格言集




アイザック・ニュートンの名言(1)


名言・格言

 

どんな行動にも、

必ずそれと等しい

反対の反応があるものである。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

もし私が価値ある発見をしたのであれば、

それは才能ではなく

忍耐強く注意を払っていたことによるものだ。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

我、仮説を作らず。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

私が遠くを見ることができたのは、

巨人たちの肩に乗っていたからです。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

プラトンは私の友、

アリストテレスは私の友。

しかし、最大の友は真理である。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

天体の動きなら計算できるが、

群集の狂気は計算できない。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

我々はあまりにも多くの壁を造るが、

架け橋の数は十分ではない。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

如才のなさとは敵を作らずに

自分を主張することである。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

人間は事実に反することを

想像してもよいが

事実しか理解することはできない。

事実に反することを理解したとしたも、

その理解は間違っている。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

諸物の多様さと混乱のうちにではなく、

つねに単純さのうちに真理は見出される。

 

- アイザック・ニュートン -


名言・格言

 

私は海辺で遊んでいる少年のようである。

ときおり、

普通のものよりもなめらかな小石や

かわいい貝殻を見つけて

夢中になっている。

真理の大海は、

すべてが未発見のまま、

目の前に広がっているというのに。

 

- アイザック・ニュートン -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3





This entry was posted in 学者・発明家の偉人 and tagged . Bookmark the permalink.