Taylor Swift (テイラー・スウィフト) / 洋楽 おすすめ曲・PV






Taylor Swift (テイラー・スウィフト)
生年月日 (性別): 1989/12/13 (女性)
出身地: アメリカ合衆国ペンシルベニア州レディング
ジャンル: カントリー・ポップ、ポップ、ポップ・ロック、カントリー
職業: シンガーソングライター、ミュージシャン、女優
活動期間: 2006年 ~ 現在

プロのオペラ歌手である祖母とカントリー歌手のリアン・ライムスの影響を受け、カントリー歌手になる事を決意。12歳の時からナッシュビルに通い、地元の作詞家とともに曲を書き、カントリーに特化した独立レーベルと契約を結ぶ。学生時代は同級生からいじめをうけ、カントリーが好きということも笑いのネタにされた。テイラーは「彼女達のいじめという逆境に負けず頑張れたし、試練にもなった。私が世界に負けないよう強くなれたのも彼女達のおかげだと思うわ。」とコメントしている。実体験を基にした曲も多い。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

偉人の名言・格言
星・宇宙の動画
人間関係の悩み・ストレス

Taylor Swift (テイラー・スウィフト)

RED / カントリー・ポップ(アメリカ)

歌詞 (一部和訳)
「彼を愛することって行き止まりの道を新車のマセラッティで走っているみたい 風よりも早くて、まるで罪をおかしてるみたいに情熱的で、突然終わりを迎えるの 彼を愛することって一度空から飛び降りた後に気が変わるようなもの 秋の風景みたいに失うまでは色鮮やかに輝いてたわ 彼を失ったことはブルー、今まで知らない色よ 彼を恋しく想うのはダーク・グレー、すべてが孤独 彼を忘れることは、会ったこともない人と知り合いになるようなことよ でも彼を愛したことは赤色だったわ 赤色だったの」

Love Story / カントリー・ポップ(アメリカ)

歌詞 (一部和訳)
「あなたに初めて出会ったとき 二人とも若かったわね 目を閉じると蘇ってくるの 夏の香りの中で わたしはバルコニーに立っている あの灯りを見て あのパーティーを あの舞踏会のドレスを あなたが人ごみをすり抜けて行くのを見ている そして挨拶するわ ほどんど知らなかったのに あなたはロミオで小石を投げて合図した わたしのパパはジュリエットにはなるなって言ったわ 私は階段で泣き続けた 行かないでってお願いして そしてこう言ったわ ロミオ、二人きりになれる場所に連れて行って 私は待っているから 逃げるしかないのよ あなたが王子様で私がお姫様になるの ラブストーリーなんだから ねえ、ただイエスと言って」

We Are Never Ever Getting Back Together

歌詞 (一部和訳)
「私たちが最初に別れた時のこと覚えてるわ 私、こう言ったわ”もう終わりよ、もう限界”って だって1ヶ月も会わなかったのに あなたが距離を置きたいって言ったのよ(何言ってるの?) そしたらまた戻ってきてこう言うの”ねえ君が恋しいんだ、僕は変わるって誓うから、信じて欲しいんだ” 思い出して、それも一日しか持たなかったでしょ だから”あなたが大っ嫌い”って言って別れたのに あなたは電話してきて”愛してる”って 昨日の夜は、途中で話すのをやめっちゃったけど でもね、今度こそ、今度こそ、あなたに言っておくわ 私たち絶対に何があってもヨリを戻すことはないわ 永遠に一緒になることはないの あなたは自分の友達や私の友達や私に相談してるけど 私たち絶対に何があってもヨリを戻すことなんてないわ 絶対に」

You Belong With Me / カントリー・ポップ(米)

歌詞 (一部和訳)
「あなたは彼女と電話中 彼女はイライラしてるのね あなたが言ったことで爆発寸前 だって彼女は私みたいにあなたのユーモアが分からないのよ 私は自分の部屋で かわりのない火曜の夜を過ごしてる 彼女が好きじゃないタイプの音楽聴いてるの 彼女はあなたのことを私のようには理解なんてできないわ だけど彼女はミニスカートで 私といえばTシャツ姿 彼女はチアリーダーのキャプテンで 私は外野席にいて あなたが私の目を覚ましてくれるのを夢みてる そしてあなたが求めているものがずっとここにあるって気がついて欲しい あなたを理解しているのは私だって分かって欲しい ずっとここにいるのに、どうして分からないの? あなたは私と一緒になるべきなのよ あなたの居場所は私なのよ」

Mean / カントリー・ポップ(アメリカ)

歌詞 (一部和訳)
「あなたはナイフや剣や凶器のような言葉を私に突きつける あなたは何度も私を打ちのめして、私を価値のない人間だって気持ちにさせるの あなたは黒板を爪でひっかくような声で 私が傷ついてる時にケンカを売ってくる あなたは弱い者いじめが得意な人 そうよ、あなたはたった一撃で私を倒せるわ でもあなたは知らないよ、あなたが分かってないってこと いつか私は大きな街に住むようになるわ そしてあなたはただの意地悪な人になるの いつか私はあなたの手が届かないくらいビッグになるわ そしてあなたはただの意地悪な人よ なんであなたはそんなに意地悪なのよ?」

Mine / カントリー・ポップ(アメリカ)

歌詞 (一部和訳)
「あなたは大学生でウェイターのバイトをしてた 田舎町を飛び出して過去を忘れようとしてたわ 私は恋を恐れて いつでも逃げられるようにしていたの 愛は永遠に続かないのにどうしてみんな恋に思い悩むの そんなの信じられない 私たちソファーに寝そべっていたわ その瞬間に分かったの そうなの、今なら分かるわ 水辺に二人で腰掛けていたこと覚えてる? あなたが初めて私の肩を抱いてくれたの いいかげんな親をもって慎重になった娘に あなたが闘う勇気を与えてくれた あなたは私の人生の中で最高の存在よ」



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 

spacer_3







This entry was posted in 洋楽 おすすめ曲 and tagged , , , . Bookmark the permalink.