JAZZ おすすめ名曲・名盤



YouTube 無料視聴

 

JAZZ おすすめ名曲・名盤 01~06

※パソコンでご覧になっている方はスクリーン上部のタイトル部分をクリックするとYouTubeサイトの大画面、高音質、高画質がお楽しみいただけます。



名曲01: 枯葉 / トランペット


名曲: 枯葉 (Autumn Leaves)
奏者: キャノンボール・アダレイ (Cannonball Adderley)
名盤: 『サムシン・エルス』 (Somethin’ Else)
演奏: マイルス・デイビス(tp), キャノンボール・アダレイ(as), ハンク・ジョーンズ(p), サム・ジョーンズ(b), アート・ブレイキー(ds)
録音: 1958年3月9日
【トランペット】

『サムシン・エルス』はジャズ史に残る名盤。マイルスの契約の問題によってキャノンボール名義ですが、実質的なリーダーはマイルス。その才能が最も光り輝くのがこの曲。音と音の間を生かした寡黙な演奏がひんやりと迫ってきます。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




名曲02: ワルツ・フォー・デビー / ピアノ


名曲: ワルツ・フォー・デビー (Waltz For Debby)
奏者: ビル・エヴァンス (Bill Evans)
名盤: 『ワルツ・フォー・デビー』 (Waltz For Debby)
演奏: ビル・エヴァンス(p), スコット・ラファロ(b), ポール・モチアン(ds)
録音: 1961年6月25日(ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードでのライブ録音)
【ピアノ】

ビル・エヴァンスはこのアルバムが嫌いだったという話もあるようです。それは、お客のほとんどが演奏を聴いていなかったから。グラスや食器の音、話し声が聞こえてくるこのライブ・アルバムでは、ビル・エヴァンスの最高の演奏を聴くことができます。お客の行儀が悪くなればなるほど、透明度の高い繊細な演奏がより熱気を帯びてきます。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




名曲03: ラウンド・ミッドナイト / トランペット


名曲: ラウンド・ミッドナイト (’Round Midnight)
奏者: マイルス・デイヴィス (Miles Davis)
名盤: 『ラウンド・アバウト・ミッドナイト』 (’Round About Midnight)
演奏: マイルス・デイヴィス(tp), ジョン・コルトレーン(ts), レッド・ガーランド(p), ポール・チェンバース(b), フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
録音: 1955年10月27日, 1956年6月5日, 9月10日(ニューヨーク)
【トランペット】

セロニアス・モンクが作曲した名曲のマイルス・クインテットによる歴史に残る名演。マイルスのミュートとコルトレーンのかすれた音の助奏が絶妙に絡み合ってミッドナイトの雰囲気を漂わします。ギル・エヴァンスのドラマチックなアレンジ、抑制のきいた名演です。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




名曲04: セント・トーマス / テナー・サックス


名曲: セント・トーマス (St. Thomas)
奏者: ソニー・ロリンズ (Sonny Rollins)
名盤: 『サキソフォン・コロッサス』 (Saxophone Colossus)
演奏: ソニー・ロリンズ(ts), トミー・フラナガン(p), ダグ・ワトキンス(b), マックス・ローチ(ds)
録音: 1956年6月22日(ニュージャージー, ハッケンサック)
【テナー・サックス】

ジャズ・テナーの巨人、ソニー・ロリンズの黄金期の頂点をなす演奏です。あかるく温かみのあるメロディーとリズムの名曲「セント・トーマス」を豪快なテナーで歌う。リズム・セクション、ローチらのプレイも輝いています。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




名曲05: マイ・フェイヴァリット・シングス / ss


名曲: マイ・フェイヴァリット・シングス (My Favorite Things)
奏者: ジョン・コルトレーン (John Coltrane)
名盤: 『マイ・フェイヴァリット・シングス』 (My Favorite Things)
演奏: ジョン・コルトレーン(ss, ts), マッコイ・タイナー(p), スティーヴ・デイヴィス(b), エルヴィン・ジョーンズ(ds)
録音: 1960年10月21, 24, 26日
【ソプラノ・サックス】

ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の劇中曲のカバー。1960年にマイルス・グループを離れたコルトレーンが初めてソプラノ・サックスを取り上げて演奏。ステージでも好んで演奏したナンバー。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




名曲06: クール・ストラッティン / ピアノ


名曲: クール・ストラッティン (Cool Struttin’)
奏者: ソニー・クラーク (Sonny Clark)
名盤: 『クール・ストラッティン』 (Cool Struttin’)
演奏: ソニー・クラーク(p), アート・ファーマー(tp), ジャッキー・マクリーン(as), ポール・チェンバース(b), フィリー・ジョー・ジョーンズ(ds)
録音: 1958年1月
【ピアノ】

日本では最も人気のある曲の一つですが本国アメリカではヒットしなかった曲。おもしろい現象ですが、日本のファンは間違っていない。クール・ストラッティングとは、かっこよく颯爽とあるく姿。演奏もクールで開放的です。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)

購入: Amazon




次ページへ続きます。
 

spacer_3