「未来とは、今である」目の前のことに全力をつくす



名言の心

偉人たちの心に残る言葉。
人生の支えとなる名言をご紹介します。
おすすめ音楽もお楽しみください!

from 癒しのガイド(見習い) 癒しのガイド

最近人気のあるコンテンツです。
英語の名言・格言【短文】
JAZZ おすすめ名曲・名盤
名言の心 【TOP 50】

元気がでる曲
自然の動画
おもしろい動画

今日の名言・格言

 

未来とは、

今である。

 

- マーガレット・ミードの名言・格言 -

 

名言の心

 

将来の夢や目標が明確になっている方は、

いまやらなければいけないことも

おのずと見えるもの。
 

一方で、まだ将来の目標が定まらず、

いま何をしたらいいのか

悩んでいる方も多いとおもいます。
 

わたしのまわりでも、

「今後のために

 いま何をすべきなのかわからない」

という話を聞くことがあります。
 

そんなとき、映画『メンフィス・ベル』の

あるシーンをおもいだすことがあります。
 

『メンフィス・ベル』は、

第二次世界大戦中の

英国にある米軍基地を舞台とした映画。
 

とても危険な任務のなか、

爆撃機「メンフィス・ベル」は、

これまで唯一、24回の出撃を無傷でのりきっています。

25回目の任務を終えて故郷に帰るため、

最後の飛行に向かう10人の若き乗組員のストーリーです。
 

最後の目的地に向かう途中、

メンフィス・ベルと並んで飛行するのは

初出撃となる「マザー・アンド・カントリー」。

その新人無線士が

メンフィス・ベルの無線士ダニーに

無線通信をおこないます。
 

新人
 「 こちら、マザー・アンド・カントリー

   メンフィス・ベル応答願います 」

ダニー
 「 何事だ?

   無線は緊急用だぞ 」

新人
 「 すみません、ちょっと質問が

   飛行日誌についてですが、

   無線連絡はすべて書き留めた方がよいのでしょうか?

   それとも。。 」

ダニー
 「 ぜんぶ書け、

   何が重要かは、後からわかってくる
 
   もう切れ 」

新人
 「 どうも、お邪魔を 」
 

このシーンが今でも気になるのは、

ダニーの

『 ぜんぶ書け、何が重要かは、後からわかってくる 』

という言葉にあります。
 

それは、人生にも

当てはまるのではないかと感じます。
 

すべてを書き留めるように、

社会のなかで

大きく目をひらき、

耳をかたむける。

そして、経験し、感じ、考え、学び、

そこから小さなヒントを得る。
 

その繰り返しのなかで

いつか自分にとって、

本当に必要だとおもえるものが見えてくる。
 

だから、いま何をすべきかわからなくても、

あせってその答えをだす必要はないとおもうのです。

 
わからないのであれば、

自分が好きなことに本気で打ち込めばいいとおもうのです。

そこにも必ずヒントがある。

 

若い命をかけて、

メンフィス・ベルや

マザー・アンド・カントリーに乗りこむ乗組員たち。

 
今日死んでしまうかもしれない彼らも、

目の前のことに全力をつくし、

明日のために教えを請い、

明日のためにアドバイスをする。

 
その姿から、

どんな状況であっても

すべては今にかかっているということを学び、

今日の名言

『 未来とは、今である。』

が心にきざまれます。

 

 




 

おすすめ音楽

Danny Boy / ジャズ(アメリカ)


Harry Connick Jr. (ハリー・コニック・ジュニア)
歌詞 (一部和訳)
「 ねえダニー バグパイプの音がよんでるわ 谷から谷へ 山の斜面を駆けおりるように 夏は過ぎ去り バラも枯れ落ちる あなたは あなたは行ってしまう わたしは待たなければ 」
【おすすめ!】 ★★






This entry was posted in 名言の心 and tagged , , , . Bookmark the permalink.