チャールズ・ディケンズの名言・格言




チャールズ・ディケンズの名言・格言


チャールズ・ディケンズ(1812年~1870年)

イギリスの小説家。下層階級を主人公とし弱者の視点から社会を諷刺した作品を多く発表。代表作は『クリスマス・キャロル』『オリバー・ツイスト』『大いなる遺産』など。

チャールズ・ディケンズの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1812年2月7日、イギリスのハンプシャー南部にあるポーツマス郊外に生まれる。父は海軍の会計吏であった。

一家はチャールズが2歳のときにロンドンに、5歳のときにケント州チャタムに移る。

少年期のチャールズは病弱でフィールディング、デフォー、セルバンテスなどを濫読したという。

ディケンズ家は中流階級の家庭であったが、父は金銭感覚に乏しく、一家は貧しかった。

チャールズが10歳のときに一家はロンドンに移るが、濫費によって12歳のときに生家が破産。

父は借金不払いのために収監され、チャールズは親戚の靴墨工場へ働きに出る。工場での仕打ちはひどく、彼の精神に深い傷を残した。

1827年、15歳のチャールズ・ディケンズは法律事務所に事務員として勤めるも、ジャーナリストになることを決心。速記術の習得に励み、法廷の速記記者となる。

ディケンズは22歳のときに雑誌の報道記者となり、ジャーナリストとしての活動が本格化。

一方、仕事の片手間に書き始めた投稿エッセイが21歳のときに雑誌に掲載される。

24歳のときにディケンズは結婚。夫婦は10人の子をもうけたが、性格の不一致のため結婚生活はうまくいかなかったという。

1837年、ディケンズが25歳のときに自身が編集長を務める雑誌に長編小説『オリバー・ツイスト』を掲載。彼の出世作となった。

1843年には『クリスマス・キャロル』を発表。広範囲な読者を獲得し、ディケンズは世界的に有名な作家となった。

晩年は創作力の衰えと並行して、執筆を離れて公開朗読に熱中。過労で死期を早めた。

1870年6月9日、チャールズ・ディケンズはケント州の自宅で脳卒中により死去。58年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

チャールズ・ディケンズの名言・格言集




チャールズ・ディケンズの名言(1)


名言・格言

 

わたしは心の中でクリスマスをたたえ、

一年中その気持ちを失わないようにする。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

生きている人間に魂がないことは、

死人に魂がないことよりはるかに恐ろしい。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

別れの痛みは、

再会の喜びに比べれば何でもない。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

この世に生きる価値のない人などいない。

人は誰でも、誰かの重荷を

軽くしてあげることができるからだ。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

誰もがたくさんもっている

今の幸せに目を向けるのです。

誰もがもっている過去の不幸は忘れなさい。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

病気や悲しみも人にうつるが、

笑いと上機嫌ほどうつりやすいものは

この世にない。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

愛する心は、

真の知恵である。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

あなたを見ていると幸せだ。

あなたのことを考えていると

一日中幸せだ。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

悪い人々がいなければ、

よい弁護士もいないだろう。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

どんな規則正しい家庭でも

事故は起こるもの。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

偉大な人々でさえ貧しい親類がいることは、

もの悲しい現実だ。

 

- チャールズ・ディケンズ -


名言・格言

 

旅行者はその放浪によって、

家庭のありがたさを学ぶ。

 

- チャールズ・ディケンズ -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.