エルヴィス・プレスリーの名言・格言




エルヴィス・プレスリーの名言・格言


エルヴィス・プレスリー(1935年~1977年)

アメリカのミュージシャン、俳優。ロックの創始者の一人であり、その功績からキング・オブ・ロックンロールと称される。

エルヴィス・プレスリーの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1935年1月8日、アメリカ南部のミシシッピ州テュペロに生まれる。

非常に貧しい幼少時代であったが、エルヴィスは両親に大事に育てられた。

11歳の誕生日にギターをもらったエルヴィスは音楽に傾倒していく。

エルヴィスが13歳の時に一家は南部テネシー州メンフィスへ移る。メンフィスには貧しい黒人が多く、エルヴィスは黒人の音楽を聴いて育った。

高校卒業後、エルヴィスは精密金型会社で働いた後に転職し、トラック運転手として働いていた。

1953年、18歳のプレスリーはメンフィスのサン・スタジオで最初の両面デモ・アセテート盤を録音。それを聴いたサン・レコード創業者らはエルヴィスの才能を感じ、彼を売り出すことを決める。

サンとの契約下で5枚のシングルをリリースするも、プレスリーは1955年にプロデューサーのトム・パーカー(通称:パーカー大佐)と契約。サン・スタジオとの関係は終了した。

1955年にプレスリーはRCAレコードと契約。翌年1月にテレビに初出演し、黒人のR&Bを歌う。彼の白人らしからぬパフォーマンスに対してはPTAや宗教団体から激しい非難が浴びせられた。一方、それを見た若者たちはプレスリーのファンになっていった。

1956年、21歳のプレスリーはシングル『Heartbreak Hotel / I Was the One』をリリース。全米ナンバー1ヒットとなった。

1958年、23歳のプレスリーはアメリカ陸軍からの徴兵通知を受け、一兵士として西ドイツのアメリカ陸軍基地へ赴任。1960年に満期除隊した。

歌手として有名になると映画配給会社からプレスリーに出演依頼が届くようになる。プレスリーは大変喜び、演技を独学で勉強。入隊前に4作の映画が製作される。除隊後は1969年まで年3本のペースで映画の製作が行われ、プレスリーは活動の拠点をハリウッドに移した。

1967年、32歳のプレスリーはプリシラと結婚。翌年に娘リサが生まれる。別居生活などの理由から4年後に二人の結婚生活が破綻し、1973年に離婚。離婚後も二人は友人関係にあったという。

1969年、34歳のプレスリーは歌手活動を本格再開。ラスベガスを中心にショーを行うようになる。

1977年8月16日、エルヴィス・プレスリーはテネシー州メンフィスの自宅で死去。42年の生涯を閉じた。死因は処方薬の極端な誤用による不整脈と発表された。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

エルヴィス・プレスリーの名言・格言集




エルヴィス・プレスリーの名言(1)


名言・格言

 

自分には理解できないからって批判をするな。

君はそいつの立場を経験したこともないんだから。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

物事がうまくいかないときには、

それと距離を置くべきだ。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

セクシーにしようとは思っていない。

自分を表現する方法なんだ。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

みんなオレの歌のスタイルは

どこから来たのか聞いてくるけど、

だれからもコピーしなかったさ。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

愚痴をこぼすのは人間の性質だけど、

前進しながら

できる限りのことをやっているよ。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

うぬぼれすぎると、

身を滅ぼすことになる。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

オレは重要な人間になりたいなんて

考えたこともない。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

オレはすごく神経質なんだ。

子どもの頃からずっと神経質だった。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

真実とは太陽のようなものだ。

一時的に覆い隠すことはできても、

消し去ることはできない。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

どこへ行きたいのかわからなければ、

目的地に着いても気づかない。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

価値観は指紋に似ている。

誰一人として同じものはないが、

あらゆる行いにその痕跡を残す。

 

- エルヴィス・プレスリー -


名言・格言

 

思い出す価値のあることをしろ。

 

- エルヴィス・プレスリー -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 芸術・ファッション・芸能・音楽界の偉人. Bookmark the permalink.