湯川秀樹の名言・格言




湯川秀樹の名言・格言


湯川秀樹(1907年~1981年)

日本の理論物理学者。1934年に「中間子論」を発表、この業績により日本人初となるノーベル賞を受賞。

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1907年(明治40年)1月23日、東京市麻布区市兵衛町(現在の港区六本木)に地質学者・小川琢治と小雪の三男として生まれる。

秀樹誕生の翌年、父の京都帝国大学教授就任に伴い、一家は京都府京都市に移住。

秀樹は京都市立京極小学校を卒業後、1919年に京都府立京都第一中学校に入学。

秀樹はほとんど口を利かず、面倒なことは「言わん」の一言で済ませていたため「イワンちゃん」とも呼ばれていた。

なお、同じくノーベル物理学賞を受賞した朝永振一郎(1906~1979)は京都一中の1年上、三高・京大では同期であった。

1929年、秀樹は22歳で京都帝国大学理学部物理学科を卒業。同大学の玉城嘉十郎研究室の副手となる。

1932年、秀樹は25歳のときに湯川スミと結婚。湯川家の婿養子となり、湯川姓となる。同年に京都帝国大学の講師になる。

1933年、大阪帝国大学講師を兼担することになる。

1934年、27歳のときに中間子理論構想を発表。翌年には「素粒子の相互作用について」を発表し、中間子の存在を予言する。

1939年には京都帝国大学の教授となる。

1947年、セシル・パウエル等がパイ中間子を発見。これにより湯川秀樹は1949年にノーベル物理学賞を受賞。

日本人初のノーベル賞受賞のニュースは敗戦によって自信を失っていた日本国民に大きな力を与えた。

1948年にはオッペンハイマーからプリンストン高等研究所の客員教授として招聘を受ける。そこで湯川秀樹はアインシュタインらと親交を持った。

1970年、湯川は63歳のときに京都大学を退官。

1981年9月8日、湯川秀樹は京都市左京区の自宅で死去。74年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

湯川秀樹の名言・格言集




湯川秀樹の名言(1)


名言・格言

 

アイデアの秘訣は

執念である。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

取り返しのつかない

大きな失敗をしたくないなら、

早い段階での失敗を恐れてはならない。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

今日はあれをやり、

明日はこれというように、

あまり気が散ると

結局どれもものにならないですね。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

現実のほかにどこに真実があるかと

問うことなかれ。

真実はやがて現実となるのである。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

ただ流行を追っているというのは、

つまらない生き方です。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

一日生きることは、

一歩進むことでありたい。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

君たち全員に

優の成績をあげるけれども、

勉強は自分でしなさいよ。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

現実は痛切である。

あらゆる甘さが排斥される。

現実は予想できぬ豹変をする。

あらゆる平衡は早晩打破せられる。

現実は複雑である。

あらゆる早合点は禁物である。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

自分の能力は、

自分で使ってみなければわからない。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

未知の世界を探求する人々は、

地図を持たない旅行者である。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

独創的なものは初めは少数派である。

多数というものは独創ではない。

 

- 湯川秀樹 -


名言・格言

 

未来を過去のごとくに考えよ。

 

- 湯川秀樹 -



次ページへ続きます。 関連ページ等は下部にございます。
 




This entry was posted in 学者・発明家の偉人. Bookmark the permalink.