アルベール・カミュの名言・格言




アルベール・カミュの名言・格言


アルベール・カミュ(1913年~1960年)

フランスの小説家、劇作家、思想家。43歳の若さでノーベル文学賞を受賞。代表作は『異邦人』『シーシュポスの神話』『カリギュラ』『ペスト』など。

アルベール・カミュの英語の名言へ

【 生涯 】 ⇒ 名言へスキップ

1913年11月7日、北アフリカにあるフランス領アルジェリアに生まれる。

父は農場労働者(19世紀初めに曽祖父がフランスから移住)であったが、アルベール・カミュが生まれた翌年のマルヌ会戦で戦死。以後、母と兄とアルベールはアルジェ市内のスペイン系の母の実家に身を寄せた。

1918年、5歳のカミュは小学校に入学。

母の一家は貧しく、当初進学は考えていなかったが、カミュの才能を見抜いた先生が家族を説得。10歳のカミュは奨学金を受けて高等中学校に進学した。カミュは先生から受けた恩を生涯忘れなかったという。

高等中学校ではサッカーに打ち込み、また優秀な成績を収めた。しかし、16歳のころに結核の徴候が現れやがて喀血。この結核は生涯を通じてカミュの健康をおびやかすことになった。

18歳のときにアルジェ大学文学部に入学。カミュは在学中にシモーヌ・イエと結婚するも生活はやがて破綻し、後に離婚。

1936年、22歳のときに大学を卒業。翌年にエッセイ集『裏と表』を出版。

1938年、新聞記者となり、冤罪事件や植民地経営の不正を暴く記事を書いた。

1939年、第二次世界大戦が勃発。入隊を志願するも健康上の理由で拒否される。カミュは紙上で平和主義を唱え続け、後に解雇される。

その後、印刷関係の仕事をしつつ、不条理をテーマにした三部作『異邦人』『シーシュポスの神話』『カリギュラ』を書き進める。

1940年、ナチスドイツがパリを占領。占領下の1940年12月、カミュはフランス南東部のリヨンでフランシーヌ・フォールと結婚。その後、妻の実家のある北アフリカのオランに一時身を寄せ、この地で三部作を完成させ、『ペスト』の執筆にも着手。

1947年、33歳のときに極限状態での市民の連帯を描いた小説『ペスト』を刊行、復興期のフランス社会で幅広い読者を得てその文名を高めた。

1956年、43歳のときにノーベル文学賞を受賞。

1960年1月4日、友人が運転する車が木に衝突し、アルベール・カミュは即死。46年の生涯を閉じた。

Wikipedia(日本語版) / Wikipedia(英語版)


 

アルベール・カミュの名言・格言集




アルベール・カミュの名言(1)


名言・格言

 

魅力とは明瞭な質問をしなくても

イエスと言ってもらう方法である。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

しなやかな心は恵まれている。

それは決して折れることがないのだ。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

幸せになるためには、

他人に関与しすぎてはいけない。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

勇気に欠ける者は、

常にそれを正当化するための

理屈を見出す。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

人間が唯一偉大であるのは、

自分を越えるものと闘うからである。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

愛されないということは不運であり、

愛さないということは不幸である。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

人間は理由もなしに

生きていくことはできないのだ。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

僕の後ろを歩かないでくれ。

僕は導かないかもしれない。

僕の前を歩かないでくれ。

僕はついていかないかもしれない。

ただ僕と一緒に歩いて、

友達でいてほしい。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

涙が出そうになるくらいに、

生きろ。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

幸せが何から成っているのか

探し続けている人は、

決して幸せになれない。

人生の意味を見出そうとしている人は、

決して生きているとはいえない。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

希望とは一般に信じられている事とは反対で、

あきらめにも等しいものである。

そして生きることは、

あきらめないことである。

 

- アルベール・カミュ -


名言・格言

 

強い心、知性、勇気があれば、

運命の力を阻み、

しばしばそれを逆転することが可能である。

 

- アルベール・カミュ -



次ページへ続きます。
 




This entry was posted in 文学界の偉人. Bookmark the permalink.